g-lad xx

EXTRA

ゲイ用語の基礎知識

レインボー・フラッグ

 セクシュアルマイノリティのシンボルとしてのレインボー・カラーは、通常の7色ではなく(実は虹が何色かは民族によって異なるそうですが)、赤、オレンジ、黄、緑、青、紫の6色です。

 1978年、ハーヴェイ・ミルクがサンフランシスコ市政執行委員に当選し、サンフランシスコのゲイ・アクティヴィストたちは、この年のパレードをより盛大な、コミュニティのパワーを示せるようなものにしたいと考え、ギルバート・ベイカーというアーティストにセクシュアルマイノリティのシンボルのデザインを依頼しました。ピンク、赤、オレンジ、黄、緑、青、藍、紫(7色の虹色にピンクを足したバージョン)の8色による大きなレインボーの柄を考案しました。それぞれの色には「セクシュアリティ、命、癒し、太陽、自然、芸術、調和、精神」という意味が込められていたそうです。
 ところが、この8色のレインボー柄の旗を作ろうという段になったとき、サンフランシスコの旗屋ではベイカーのデザインしたような美しいピンク色は作れない(染められない)ということがわかりました。そこでベイカーは、潔くピンクを外すことにしました。そして、もう1つ問題が起こりました。巨大なレインボーのフラッグを持って行進するとき、奇数の7色だとどうも具合が悪い、3色ずつにして道の両端を歩けたら…ということでした。そこで今度は、青に近い藍色が外され、今のような6色のレインボーとなったのです。
 映画『ミルク』でも描かれていますが、1978年の「ゲイ・フリーダムデイ・パレード」で、初めてレインボー・フラッグがお披露目され、以降、世界中でこの旗がパレードを彩ることになったのでした。

索引

その他の用語

その他の記事

SCHEDULE