g-lad xx

EXTRA

ゲイ用語の基礎知識

トランスジェンダー

 生物学的な身体の性(sex)と、自身を男性とみなすか女性とみなすか(あるいはどちらでもないか)という「性自認(ジェンダー・アイデンティティ)」が異なる人をトランスジェンダーと言います。
 特に男性から女性になりたい人をMTF(Male To Female)トランスジェンダー、女性から男性になりたい人をFTM(Female to Male)トランスジェンダーと言います。

 もともと生物学的な身体の性(sex)を現状と反対にしたいと望む人のことをトランスセクシュアルと言い、ホルモン療法や性別適合手術(性別再指定手術)などの医療措置が必要であるため、医学上は性同一性障害(GID=Gender Identity Disorder)と呼ばれていました。が、精神疾患として扱われることを快く思わないアメリカの当事者によって、80年代末からトランスジェンダーと自称されるようになったといいます。
 外科手術で身体を変えることまでは望まず、ホルモン投与のみ行っていたり、異性の服装を身に着けることで性別違和を解消している人(異性装者=クロスドレッサー、トランスヴェスタイト)、男性/女性というありようにとらわれない性別表現を志向する人なども多く、そうした多様な人たちを総称してトランスジェンダーと言います。
 
 トランスジェンダーかどうかということと、セクシュアリティ(性的指向)は別のことであり、トランスジェンダーの中にもストレートの人もゲイやレズビアンの人もバイセクシュアルの人もいます。
 たとえば、生物学的な身体の性(sex)が女性であった人が、男性として生きたい、なおかつ男性を愛したいという場合、FTMゲイと呼ばれます。

 LGBTという言い方ではゲイとトランスジェンダーは明確に区別されていますが、実際にはゲイの中にも美しい女性になりたいという気持ちで女装する人もいますし、歴史的に見ても、ゲイとトランスジェンダーの明確な線引きは難しく、同じグラデーションの上にいると言えるでしょう。

索引

その他の用語

その他の記事

SCHEDULE