FEATURES

その他の記事

2013・冬の名作ゲイ映画

この12月、ゲイ映画(しかも名作)が本当にたくさん上映されます。ぜひこの機会にご覧ください!

2013・冬の名作ゲイ映画

 みなさん、『恋するリベラーチェ』はもうご覧になりましたか? 東京でも12月7日からシネマート新宿で再び上映されるほか、全国各地で続々と封切られます(詳しくはこちら
 それから、REVIEWでお伝えした『モンティ・パイソン ある嘘つきの物語 〜グレアム・チャップマン自伝〜』、『ウォールフラワー』も絶賛公開中です。
 こうした一般上映作品も充実しているほか、映画祭の「冬の名作劇場」も開催されるなど、今年の冬はゲイ映画(しかも名作ばかり!)をたくさん観ることができます。(そして、来年1月にはアルモドバル監督の新作にして最高傑作ゲイコメディ『アイム・ソー・エキサイテッド!』が控えています!)
 この季節、ついつい外に出るのがおっくうになりがちですが、映画館であったかく楽しく過ごすのっていいですよね~。体だけでなく心もあたたまるような名作ゲイ映画は、お友達とワイワイ観るもよし、彼氏とムーディに観るもよし、ご家族やストレート(ノンケ、異性愛)のお友達といっしょでもOKです。
 というわけで、2013冬の名作ゲイ映画をご紹介します。ぜひ、お気軽にご鑑賞ください!

東京国際レズビアン&ゲイ映画祭「冬の名作劇場」

 東京国際レズビアン&ゲイ映画祭が今年のGWに初めて、夏の本祭とは別に「春の名作劇場」という1日上映イベントを開催し、好評を博しました。そこで12月1日、「冬の名作劇場」と題して、過去の映画祭上映作品から人気のあったものや話題作をリバイバル上映いたします。世界エイズデーである12月1日(日)、この日にちなんだ特別なプログラムをお届けします。ぜひご覧ください!

東京国際レズビアン&ゲイ映画祭「冬の名作劇場」
日時:2013年12月1日(日)10:45~16:32
会場:東京ウィメンズプラザ ホール(東京都渋谷区神宮前5-53-67)
料金:1プログラム1,000円(学生800円※)、3プログラム2,500円 /
※身体障害者手帳・愛の手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳・被爆者健康手帳をお持ちの方とその付添の方(1名まで)および学生・60歳以上の方は、開催期間中の受付にてIDのご提示いただくと800円でご鑑賞いただけます。
チケットの入手方法:
午前10時から全作品の整理番号付きチケットを会場受付にて販売します。開場時間は全プログラムとも上映開始時刻の15 分前となります。開場時間になりましたら、整理番号順にご入場ください。
※チケットの払い戻し、交換は承っておりません。予めご了承ください。
※前売り券の発売は行っておりません。予めご了承ください。

 以下、簡単に上映作品をご紹介!

『ローラがやって来た』10:45-11:56
写真家のローラは、彼女ケイシーとなかなかいい感じ。ある朝、写真を職場に大至急届けて欲しいとケイシーから突然の電話が。慌てて外に飛び出したローラは、ケイシーに写真を届けようと街を走り始めた…。
ローラが走り回るサンフランシスコの街並みも必見のラブコメディ。ヒット映画「ラン・ローラ・ラン」のオマージュ作品!

『あの頃、僕らは ――いま語られるエイズの記憶』12:30-14:00
30年前のサンフランシスコで、ゲイ男性の間に奇妙な病気が拡がり始めた。原因も、感染ルートも、治療法も不明。この病気にかかった者は確実に死に向かっていく…。当時をよく知る住民の貴重な証言と記録映像を交えながら、エイズの到来がコミュニティに与えた衝撃を深く掘り下げる、迫真のドキュメンタリー。ベルリン国際映画祭やサンダンス映画祭でも高く評価された本作は、観る者の心を強く揺さぶる。
※上映終了後、世界エイズデーにちなんだトークイベントを開催!

『LAに恋して』14:50-16:32
映画スターを目指してLAにやって来た、若くハンサムなアダム。親友キャンディの世話になりながらオーディションを受け続けるも、なかなか彼にチャンスは巡って来ない。退屈なバイト生活に嫌気がさしたアダムは、お金の誘惑に負けてゲイポルノの世界へ足を踏み入れてしまう。そんな時、彼は有名スターと出会い、瞬く間に恋に落ちるが…。
『ハッテン☆サマー』のキャスパー・アンドレアス監督が描く、映画業界の夢と現実!

第3回愛媛LGBT映画祭2013

 愛媛では一昨年からLGBT映画祭がスタートし、今年で3回目を迎えます。青森や香川の映画祭は1日限りの上映会なのですが、こちらは市内の映画館を1週間にわたって借り切って開催されます。都合のいい日を選んで観に行けるのがうれしいですね。
 主催するのは、講演会や学習会、行政への訴え(県や市の人権施策など)、IDAHOなどの活動を行ってきたレインボープライド愛媛。以前から映画『ハーヴェイミルク』の上映会などを行ってきたことや、香川レインボー映画祭の成功が、この映画祭につながったようです。愛媛県、松山市、愛媛県教育委員会、松山市教育委員会、松山市男女共同参画推進センター、松山市人権教育推進協議会など行政の後援を受け、地元のテレビ局や新聞社なども後援についており、また、今年は、野志克仁松山市長から直々にメッセージが届いているのもスゴいところ。
 上映作品も、今年のアジアンクィア映画祭で喝采を浴びた『二度の結婚と一度の葬式』や、先ごろ公開されたばかりの『美輪明宏ドキュメンタリー 〜黒蜥蜴を探して〜』のような話題作もあって、充実のラインナップ。中四国の方、ぜひお出かけください!

第3回愛媛LGBT映画祭2013 
日程:12月7日(土)~13日(金)※10日(火)は休館
会場:シネマルナティック
上映作品:『let's love 香港』『サーシャ』『二度の結婚と一度の葬式』『わたしたちの物語~北京クィア映画祭と十年間の「ゲリラ戦」』『素顔のイスラエル〜「約束の地」のゲイたち』『ノイズが言うには」「美輪明宏ドキュメンタリー 〜黒蜥蜴を探して〜』



『UNITED IN ANGER -ACT UPの歴史-』

 海外のドキュメンタリー映画の日本語版作成や上映会を企画している「連連影展FAV(フェミニスト・アクティブドキュメンタリー・ビデオフェスタ)」が、12月1日の世界エイズデーを中心に、ドキュメンタリー映画『UNITED IN ANGER -ACT UPの歴史-』の全国多発上映会を呼びかけました。
 ACT UPは1987年、著名な劇作家であり、エイズアクティビストでもあるラリー・クレーマーがマンハッタンのレズビアン&ゲイ・コミュニティセンターで、HIV/エイズの流行に対する当時の米国政府の無策を激しく非難する演説を行ったことがきっかけになって発足しました。HIV陽性者、およびHIV/エイズの流行に大きな影響を受けている人たちの権利を擁護し、治療研究にもHIV陽性者自身の参加を求めるなど、果敢な非暴力抵抗運動を続けてきたことで知られています。
 その運動は米国社会に変革を促すとともに、世界のエイズ対策にも大きな影響を与えてきました。昨年7月に米国の首都ワシントンで開かれた第19回国際エイズ会議の開会式では、開会式で挨拶に立った世界銀行のジム・ヨン・キム総裁が、わざわざウガンダのTASSOや南アフリカのTACなどとともに、ACT UPの名前をあげて、世界のエイズ対策を切り開いてきたのはアクティビストだったと演説しているほどです。
 映画『UNITED IN ANGER -ACT UPの歴史-』は、1987年のラリー・クレーマー演説から1990年代前半にかけてのアクティビストたちの姿を記録映像と証言によって、ACT UPの歴史を伝える作品です。 

 11月30日(土)の「akta」での上映会に続き、全国各地で『UNITED IN ANGER -ACT UPの歴史-』が上映されます。

■大阪 12月1日(日)
HIV関係映画プチ上映会@関西レインボーパレード×RAINBOW FESTA!レセプションパーティー
日時:12月1日(日)12:00~15:00
会場:トライアングル(大阪市中央区西心斎橋2-18-5)
参加費:レセプションパーティー参加費として事前お申込2,000円(1d付)/当日2,500円(1d付)
事前お申込期限:11月30日(土)17時まで
主催:関西レインボーパレード実行委員会・RAINBOW FESTA!実行委員会
お問い合わせ:rainbowfesta2013@gmail.com

■福岡 12月1日(日)
【パコカル番外編】haco × 連連影展FAV『UNITED IN ANGER -ACT UP の歴史-』上映会
日時:12月1日(日)20:00 ~22:00
会場:コミュニティセンター「haco」
参加費:無料
主催:コミュニティセンター「haco」
お問い合わせ:contact@loveactf.jp

■高松 12月1日(日)
WORLD AIDS DAY 2013 全国多発上映会   
日時:12月1日(日)14:00~16:00
会場:高松市男女共同参画センター3階 第3会議室(高松市錦町一丁目20-11 087-821-2611)
参加費:1000円
主催:香川レインボー映画祭実行委員会(PROUD)
お問い合わせ:proudinkagawa@hotmail.com

■金沢 12月4日(水)
『UNITED IN ANGER -ACT UPの歴史-』上映会
日時:12月4日(水)13:00~
会場:金沢大学角間キャンパス
参加費:無料
主催:金沢大学 学校教育学類 杉田研究室
お問い合わせ:sugitam@staff.kanazawa-u.ac.jp
 
■東京 12月5日(木)
レインボー・アクションシアター★第2幕
映画『UNITED IN ANGER ―ACT UP の歴史―』上映&トーク
「アメリカのエイズ・アクティビズムの歴史から、今なにを読み取るか?」

日時:12月5日(木)19:00~21:30
会場:なかのZERO視聴覚ホール(東京都中野区中野2-9-7 03-5340-5000)
参加費:1000円
主催:レインボー・アクション
トークゲスト:高内悠貴
聞き手:工藤晴子
お問い合わせ:rainbowaction.net@gmail.com

■盛岡 12月7日(土)
『UNITED IN ANGER -ACT UPの歴史-』上映会
日時:12月7日(土)14:00-16:30
会場:もりおか女性センター生活アトリエ(盛岡市中ノ橋通り1-1-10)
参加費:500円
主催:岩手レインボーネットワーク
お問い合わせ:iwaterainbownetwork@gmail.com

■高岡 12月7日(土)
WORLD AIDS DAY 2013全国多発上映会 in 富山
日時:12月7日(土)13:30~16:30
会場:高岡市男女平等推進センター(富山県高岡市末広町1-7 ウイング・ウイング高岡6F)
資料代:500円(映画&スナック・ドリンク付) 高校生以下無料
主催:NPO法人Nプロジェクトひと・みち・まち(Nプロ)
共催:Let's Know AIDS in Toyama(L-KAT:えるかっと)
申込先:メール:npro@live.jp/FAX:0766-22-4544(お席確保のため、上記まで氏名・連絡先を添えてお申し込みください)