g-lad xx

FEATURES

レポート:「つんパラ。セカンド。 ~私が言う前に抱きしめなきゃね~」

8月11日(日)、二丁目のAiSOTOPE LOUNGEで開催された「つんパラ。セカンド。」のレポートをお送りします。レインボー祭り後ということもあり、真夏でもあり、前回よりさらに熱い盛り上がりを見せました。

レポート:「つんパラ。セカンド。 ~私が言う前に抱きしめなきゃね~」

 「つんパラ。」は、モーニング娘。、Berryz工房、℃-ute、スマイレージといったハロー!プロジェクト(通称ハロプロ)を中心に、つんく♂が手がけてきた楽曲ONLYで盛り上がるイベントです。今年1月に初開催され、満を持して8月11日(日)、レインボー祭りの後に「つんパラ。セカンド。」が開催されました。
  
 みなさんご存じかと思いますが、ハロプロはゲイシーンで根強い人気を誇ってきました。いちおう(よく知らない方のために)ざっと「ゲイシーンでのハロプロ人気」について振り返ってみましょう。
 まず、1998年にモーニング娘。が運命的なデビューを果たし、翌年には太陽とシスコムーンがゲイシーンで大ブレイク(ユニット名や楽曲名がビデオのタイトルにパクられるほど)、第一次ハロプロブームを迎えます。特にモー娘。の「LOVEマシーン」「恋愛レボリューション21」「ザ☆ピ〜ス!」辺りはみんなが踊れる定番曲となり、プッチモニやミニモニ。、そしてシャッフルユニット(あか組4とか三人祭)なども人気を博します。
 その後、世間で次第にハロプロが忘れられていった時期にも、二丁目のファンのみなさんは、ゲイバーのカラオケで熱心に歌い(「SEXY BOY 〜そよ風に寄り添って〜」がかかるとみんなで「フワフワ♪」って踊る光景が繰り広げられ)、たぶん「じゃぱんぐ♪」などのJ-POPイベントではBerryz工房の「スッペシャル ジェネレ~ション」や ℃-uteの「まっさらブルージーンズ」、スマイレージ「夢見る 15歳」などのフリマネで盛り上がり、その「ハロプロ愛」を貫いてきました。
 そして昨年辺りからゲイシーンでモー娘。のパフォーマンスが復活しはじめ(NLGR+でもDXハンターが「恋愛ハンター」他を披露)、「One・Two・Three」「ワクテカ Take a chance」「Help me!!」などのフリマネがいろんなイベントで見られるようになりました。
 といった流れで、たぶん今、「二丁目で(再び)ハロプロが熱い」んだと思います。
 

[+dr.title+]

[+dr.title+]

[+dr.title+]

[+dr.title+]

[+dr.title+]

[+dr.title+]

[+dr.title+]

[+dr.title+]
 今回の「つんパラ。セカンド」は、レインボー祭り後ということもあり、前回よりもさらに超満員で熱気にあふれていました(二丁目のイカニモ系な方たちも多数ご来場されていました)
 ゲストのKazzさん(レインボー祭りからのつんパラ。)、MOSHINさん、そしてOSHさん(オーガナイザー)、Chuuさん、corofuwaさん、洋なしさん(より処)らがモー娘。をはじめハロプロの曲をガンガンかけ、会場が一体となって楽しみ、熱い盛り上がりを見せていました(振付を知ってる方たちの多いこと、多いこと)

 ショータイムは、ファッキーセブンの4人の方たちによるキレキレなダンス・ショーで幕を開けました(曲は、メロン記念日「アンフォゲッタブル」、℃-ute「都会っ子 純情」、Berryz工房「ジリリ キテル」)。あちこちで「カッコいい」という声が聞かれるくらい、本気でカッコよかったです。
 それから、AiSOTOPEのともちかさん(つんく♂P役)、ALAMAS CAFEのナツさん(浜崎あゆみ役)が登場し、「LOVE ~since 1999~」をデュエット(カラオケ)。なごやかな雰囲気に。
 そして、DITA STARMINEさんは、弾き語りという難易度の高い技を披露。「モーニングコーヒー」(バックコーラスをその場で募集し、若い男の子2人が登場)、「I WISH」を歌ってくれました。
 ショータイム後のMCはChuuさんと叉焼ちゃー子さん(はたけ役)。息の合った(?)ベシャリで会場をあたためてくれました。

 ショータイムその2もファッキーセブンのダンスで幕を開けました(曲は、ミニモニ。「CRAZY ABOUT YOU」、モーニング娘。「ブレインストーミング」、後藤真希「ガラスのパンプス」)
 続いて大人気クイーン、フーチ葉よもぎさんが登場。「SEXY BOY 〜そよ風に寄り添って〜」の替え歌を「歌って踊って繰り広げ」、会場の笑いを誘っていました。
 そして、ハロプロ公認アイドル、二丁ハロの渾身のライブ(というかショー)。ダンスはもちろんのこと、小道具をうまく使ったり、CMをアレンジした小芝居を入れて爆笑を誘ったり、楽しませ方わかってるなあ、プロだなあと感心することしきり。そして初期メンバー・のりぴ〜さんの卒業が発表され、涙ながらのMCとか…。笑いあり涙ありの最高のエンタメで魅了してくれました。
 
 「じゃぱんぐ♪」もそうでしたが、「つんパラ。」も、ショータイムじゃない時間帯も、完コピできる人たちがステージ前で待ち構えていて、「この曲できる!」となると、イントロクイズ並みのスピードでバーっと上がってフリマネ祭りに(ゲストのMOSHINさんも「チュッ!夏パ~ティ」を披露。いろんな意味でクオリティ高過ぎでした)。その姿を見てるだけで楽しかったです。「お客さんが主役」って感じがいいなあと思いました。
 ハロプロへの愛があふれ、心から「楽しもう!」という空気に満ちた、本当にハッピーな一夜でした。
 次回も楽しみです☆

 
☆「つんパラ。セカンド。」のフォトアルバムはこちら

INDEX

SCHEDULE