FEATURES

その他の記事

レポート:ArcH Re:Opening Party

2015年2月21日(土)、二丁目に「ArcH」が再オープンしました。新しい歴史の幕開けとなった「ArcH Re:Opening Party」の模様をレポートいたします。

レポート:ArcH Re:Opening Party

 2015年2月21日(土)、二丁目に「ArcH」が再オープンしました! 新しい歴史の幕開けとなった「ArcH Re:Opening Party」の模様をレポートいたします。(後藤純一)
 

 2月21日(土)21時、「ArcH」が再オープン! 新宿通り寄りの新しい場所(「doop tokyo」跡地)には早い時間から行列ができていたそうです(記念すべき第1号のお客さんは、どなただったのでしょうか?)
 23時半過ぎ、新生「ArcH」に到着。10名ほど、お客さんが並んでいました。入り口には豪華な祝花が飾られ、協賛してくださった方たちのお名前がたくさん貼り出されています。
 ドアが開くと受付カウンター。その横に店長のTAKUYAさん(すでに涙目)がいて、ご挨拶していました。受付の目の前(1F部分)にコインロッカーが設置され、天井からミラーボールが吊り下げられ、そして1FからB1Fへ通じる螺旋階段の横の吹き抜けのスペースには長いポールが! 螺旋階段を降りていくと、次第に世界が変わって見え、音楽もズンズン近くなり、ワクワク感が否応なしに高まる感じがします。B1Fのフロアは大勢のお客さんでごった返し、音と光が飛び交い、華やかさと熱気があふれています。右側が細長いバーカウンター(いちばん奥がDJブースになっています)、右後方のポールの周辺が座ってくつろげるスペース、通路を真っ直ぐ進むと奥にステージがあり、いちだんと盛り上がっています。それから、以前厨房だった場所が出入りできるようになっていて、こちらにもバーカウンターがあり(レジがピザ窯に入っているのがカワイイ♡)、座って休めるようになっています。さらに奥、以前VIPルームだった所がサブフロア的なスペースになっています。
 全体として、以前の「ArcH」とは形が違うけど広さは同じくらいなのかな?と。とてもオシャレな雰囲気で、座ってくつろげる場所がたくさんあり、ショーやライブなどいろんな使い方ができそうなハコになっていました。
 
 24時頃、ステージ上に次々と豪華キャストが登場(Hossyさん、バビ江ノビッチさん、マルガリータさんの両脇をRIOTOさんら6人のGOGO BOYの方たちが挟むかたちで)。フロアのお客さんを楽しませます。そして1時、ゲストの清貴さんのライブがスタート。ダンサーも引き連れてタンクトップ姿でセクシーに踊って歌う姿に、歓声が(「抱いて~」とか)。続いて、シークレットゲストとして「ArcH」とも縁が深い「あの方」が降臨。美しい歌声を披露してくれました。MCでは「(天国の)あの人もきっと見てくれていると思います」と語り、思わず涙する人も多数…。新生「ArcH」のオープニングにふさわしい、感動的なライブになりました。そしてMCのバブリーナさんの紹介で、本日のスペシャルゲスト☆Taku Takahashiさんのプレイがスタート。否応なしに熱くなるオーディエンス。ブースの前はイェイイェイな盛り上がりに。そしてステージには再び豪華キャストが登場し、パーティは最高潮に。
 その後も、KO KIMURAさんやMASAOさん、M☆NARUSEさんらがプレイし、フロアを盛り上げました。DQ&GOGOのみなさんは計3回のステージで、それぞれコンセプトが異なる衣装で魅せていました。4時過ぎには、ホステス役をつとめていたアマゾネス・ダイアンさんやサーシャ・B・サバンナさん、渦潮つば子さんらもステージに登場し、また、飛び入りでフーチ葉よもぎさん、GOGOのAkiさん、Donburiさんらも登場し、お客さんも大喜び! こうしてArcH Re:Opening Partyは朝まで盛り上がりを見せたのでした。
 「ArcH」をよく知る常連さんだった方も、若い世代の方も、女性の方なども入り乱れてパーティを楽しみ、「ArcH」再開をセレブレートするような、本当にハッピーな一夜でした。
 
 2014年はArcHがなかったぶん、二丁目の週末も少しさびしくなった印象がありましたが、新生「ArcH」誕生により、2015年はまた以前のように、2つのカラーのイベントが開催されたり(一方がMEN ONLY、もう一方がWOMEN ONLYとか)、両会場の同時開催という大きなイベントも催されたりして、にぎわいを取り戻しそうな予感がします(さっそく3月には「TK Groove」やShangri-Laプレパーティなどの開催が決定しています)
 また、以前の「ArcH」は、若い方たちのイベントデビュー(お客としても、出演者としても、オーガナイザーとしても)の場として欠かせないハコでしたが、新生「ArcH」もそういう場所になってくれたら(若い人たちが育ってくれたら)、と期待する声も聞かれました。

 それから、前日にオープニングパーティが行われた「AiiRO Cafe」も、なんと入り口の前に鳥居(!)ができて、以前のadvocates cafeとはまたひと味違う雰囲気になっていました。
「ArcH」が新しい歴史を踏み出したことに心から「おめでとう」を申し上げたいと思います。そして「AiiRO Cafe」も含め、二丁目に新名所が誕生!ということで、今年の二丁目ゲイシーンがどんなふうに盛り上がっていくか、とても楽しみです!

☆ArcH Re:Opening Partyのフォトアルバムはこちら