FEATURES

その他の記事

レポート:第3回冬の東京レインボー祭り

2016年2月7日(日)、第3回冬のレインボー祭りが「Arty Farty」で開催されました。外は寒くても二丁目はあったかいな♪と思えるような、笑顔あふれるハッピーなイベントになりました。

レポート:第3回冬の東京レインボー祭り

2016年2月7日(日)の夕方、第3回を数える冬のレインボー祭り(屋内版)が二丁目の「Arty Farty」で開催されました。外は寒くても二丁目はあったかいな♪と思えるような、笑顔あふれるハッピーなイベントとして盛り上がりを見せました。レポートをお届けします。(後藤純一)


 二丁目の約150店舗が加盟する新宿二丁目振興会は、2000年から毎年、夏にレインボー祭り(ストリートフェスティバル)を開催してきました。一昨年からは冬にもレインボー祭りを開催するようになりました。毎年1月から2月にかけての寒い時期は、お客さんも少なくなりがちですが、二丁目の活性化を図る意味で、年末から振興会加盟店でスタンプラリーを開催し、その抽選会をレインボー祭り会場で行い、あわせて、二丁目のお店の関係者によるショータイムなども行うというお祭りです。2014年の第1回冬のレインボー祭りは、夏と同様に二丁目の路上で行われましたが(レポートはこちら)、やはり寒いなか屋外でお祭りをやるのは厳しかったのでしょう、2015年は「AiSOTOPE LOUNGE」と「Arty Farty」で、史上初の屋内開催となりました(レポートはこちら)。今年も同様に「Arty Farty」での屋内開催となりました。

 前夜は雪が降っていた2月7日(日)。けっこうな寒さにもかかわらず、会場の「Arty Farty」には大勢の方でにぎわっていました。いろんなお店のお客さん(イケメン多数)が集まって来ていたほか、わざわざ遠方から来られた方もいらっしゃいました。フロアのあちこちで、友達と談笑したり、ハグしたり、乾杯したり、楽しそうな光景が繰り広げられていました。
 会場の一角に設けられた抽選コーナーでは、カランカランという当たりの音がしょっちゅう鳴って、おめでとう!の声が響きわたり、とても活気がありました(これ、かなりの確率で当たります。1000円券を何枚もゲットした方とかふつうにいました。Artyでも使えるので、その場でまたドリンクを頼んだりして)

 ショータイムはガッチビ系アイドルユニット「ほびっつ☆」のみなさんからスタート。難易度の高いPerfumeほか、数曲を披露。完璧に息の合ったダンスで魅了しました。続いて、毎回ゴージャスな衣装で楽しませてくれる「Shoop」のみなさん。今回はキレイ系だけじゃなくコミックショーもやってくれて、本気で面白かったです。「これぞ二丁目!」って感じでした。MCは「10count」のshunさんと「AiSOTOPE LOUNGE」の小原さん。軽快なトークで盛り上げてくれました。

 ダンスタイムのDJはGIAさんと「阿吽」のみなさん。定番のオネハをはじめ、アガる曲をたくさんかけて、お客さんをキモチよく踊らせていました。ときどきステージに「Base」のToshiさんらお店のマスターが上がったり(いっしょにお客さんも上がったり)、同じ振り付けで踊ったりするシーンも。
 最後は、振興会会長のToshiさんの方から、今年の夏のレインボー祭りの日程が発表され(8/14だそうです。ぜひスケジュール帳にメモを!)、カウントダウンとともにみんなで一斉にクラッカーを鳴らして、フィナーレ。外は寒いけど二丁目は本当にあったかいな〜♪と思えるような、笑顔あふれるハッピーなパーティでした!

 二丁目はただの飲み屋街ではなく、たくさんのセクシュアルマイノリティの方たち(やノンケさん)にとってのホームであり、あたたかいコミュニティなんだということを再確認させてくれるような一夜でした。お客さんの笑顔がそれを証明していたように思います。


☆第3回冬のレインボー祭りのフォトアルバムはこちら