FEATURES

その他の記事

2016年・秋のレインボーイベント(1)名古屋・三重

今年も9月〜11月の週末、各地でパレードやレインボーフェスタ、映画祭などのイベントが開催されます。レジャーにぴったりな季節、旅行も兼ねてお出かけしてみてはいかが? というわけで、今年の秋のレインボーイベントの情報をお届けします。第1弾は名古屋と三重のレインボーイベントです。

2016年・秋のレインボーイベント(1)名古屋・三重

ここ数年、10月から11月にかけて、名古屋、大阪、福岡などでパレードが、香川で映画祭が開催、というのが定番になってきました(昨年は横浜でレインボーフェスタも開催されました)。が、2016年は日程的にも内容的にも、これまでとは一味違った展開になりそうです。こちらの特集でまとめて情報をお届けいたします。第1弾は、名古屋の「虹色どまんなかパレード&NAGOYAレインボーウィーク」と「大須にじいろ映画祭」、三重県で初開催の「みえレインボーフェスタ」をご紹介します(日付順)

 


8月27日(土)・28日(日) 名古屋
大須にじいろ映画祭2016


 大須にじいろ映画祭は今年で2回目を迎えるLGBT(セクシャルマイノリティ)をテーマとした映画の特集上映です。8月27日・28日に「大須演芸場」と「シアターカフェ」で開催されます。
 多様な性のあり方を多様な映像表現で人々に伝えることをテーマにしており、今回は4作品を上映するほか、オープニングライブやトークショーなども行われます。


『超人X.』

『青、そして少しだけピンク』
 27日の大須演芸場では3作品が上映されます。
 オープニング上映となる『ジェンダー・マリアージュ 全米を揺るがした同性愛』(東京国際レズビアン&ゲイ映画祭では「アゲンスト8」のタイトルで上映)は、カリフォルニア州で行われた同性婚をめぐる歴史的裁判の舞台裏を描いたドキュメンタリー。2組の同性カップルの5年以上にわたる活動を追い、アメリカ全州で同性婚が認められるまでの歴史を描き出します。作品上映前にセクシャルマイノリティのアイドルグループ「NSM=」がオープニングライブを行い、観客と一緒に映画を鑑賞します。
 ベトナム映画『超人X.』は、偶然スーパーパワーを手に入れたゲイの青年の活躍を描くアクションコメディ。
 ベネズエラ=スペイン合作の『青、そして少しだけピンク』は、同性のパートナーと暮らすカメラマンのもとを別れた妻との間に生まれた息子が訪ねてくるドラマです。ゲイの父親と同性愛に偏見を持つ息子が互いに違いを乗り越えていく姿を描きます。
 名古屋出身のトランスジェンダータレント「さつきぽん」さんのトークイベント、応募作品によるショートフィルムコンペティションも開催されます。

 28日のシアターカフェでは、1作品が上映されます。
 日本映画「ami?amie? つきあってねーよ!」は、幼なじみの男女の友情を描くドラマです。恋人ではないが奇妙な友情で結ばれた男女が、ある女性の登場で揺れる姿を描きます。併せて前日決定のショートフィルムコンペティションのグランプリ作品が再上映されます。
 同会場では、夕方から交流パーティも催されます。

 同映画祭実行委員のシアターカフェ・江尻真奈美さんは「愛知県未公開の作品とLGBTの方々からリクエストの多かった作品を上映する。大須演芸場という会場をいかしたオープニングライブ、さつきぽんさんを迎えてのトーク、ショートフィルムコンペティションなど、さまざまな企画で一味違う映画祭にしたい。映画を通じて全ての人が自分らしく生きられる社会になるよう、少しでも『気づく』ことの一助となればと始めた映画祭。LGBTをめぐる情勢は日々変化している。継続こそ力なりと、今後も続けていきたい」と語ります(Yahoo!ニュースより)

大須にじいろ映画祭2016
日時:8月27日(土)10:45〜、28日(日)14:00〜
会場:大須演芸場(27日)、シアターカフェ(28日)
チケット:
大須演芸場 1作品1,000円、通し券(3作品)2,500円(当日は300円増)、さつきぽんさんトーク及びショートフィルムコンペティションは入場無料(整理券を配布) 
シアターカフェ 1作品1,000円(1ドリンク付き)

 

9月11日(日) 三重県伊勢市

みえレインボーフェスタ2016

 今年7月、日本で初めて、県議会で「性的少数者に対する差別の解消と共生社会を実現するための法整備を求める意見書」が全会一致で可決され、国に対して法整備を求めることとなった三重県。また、三重県の伊賀市では今年4月、同性パートナーシップ証明制度がスタートしています。
 そんな三重県の、日本で最も由緒ある神社である伊勢神宮を擁する伊勢市で、「みえレインボーフェスタ2016」が初開催されます。「三重県の人権を考えるまちづくり」として、LGBTのことについて悩む子どもたちの不登校や自傷・自殺防止、社会人の離職防止へ働きかけることを目的とし、開催地域でもある伊勢神宮の風潮を活かし、”和”を取り入れたイベントを目指します。一般の方々や行政関係者様、教育関係者様、企業管理者様、そして夏休みということもあり学生の方々にも参加していただき、啓発を進めるとともに、後半はRowan、X-ways、NSM=、虹組ファイツらのライブパフォーマンスも行われ、にぎやかな会になる予定です。三重県、伊勢市、伊賀市、志摩市、そしてそれぞれの教育委員会が後援についていて、三重県知事、伊勢市長、伊賀市長のご来場も決定しています(スゴい!)
 また、伊勢市駅前ではフェスタ前夜に虹色の竹あかりで駅を降りられた方をおもてなし、フェスタ当日は伊勢市駅前外宮参道で伊勢らしい和風のレインボーフラッグでおもてなし、とのことです。お伊勢参りも兼ねて、美しくも感動的な旅ができそうじゃないですか?
 
みえレインボーフェスタ2016
日時:9月11日(日)13:00-17:00   
会場:伊勢シティプラザ他
来賓:三重県知事、伊勢市長、伊賀市長
出演:Lyra-h.Grail(司会)、Rowan、X-ways、NSM=、虹組ファイツ
トークパネリスト:太田友矢、山口颯一、市川武史
後援:三重県、伊勢市、伊賀市、志摩市、三重県教育委員会、伊賀市教育委員会、伊勢市教育委員会、志摩市教育委員会、バリアフリーツアーセンター

 

9月17日(土)〜25日(日) 名古屋

虹色どまんなかパレード2016 & NAGOYAレインボーウィーク


第1回虹色どまんなかパレード
 これまではハロウィンの時期に開催されていた名古屋の虹色どまんなかパレード。今年はシルバーウィークにNAGOYAレインボーウィークのオープニングとして、虹色どまんなかパレードが行われることになりました。
 虹色どまんなかパレード2016はナディアパーク<2階アトリウム>をメイン会場に、ステージイベントやLGBT団体によるブースなども企画されています。12時にイベントスタート、14時にパレード出発、17時終了予定です。パレードは名古屋随一の商業地区・栄の中心である久屋大通や大津通を行進する予定です。今年は名古屋初のブラスバンド・マーチングフロート「レインボーブラス(仮)」も登場!
 パレード後には、様々なセクシャルマイノリティの方が楽しめるアフターパーティ、9monsters Nightなども開催されます。

 さらに、9月17日(土)〜25日(日)は、名古屋では初の試みとして「NAGOYAレインボーウィーク」が開催されます。名古屋の一般企業のみなさんにフレンドリー宣言をしていただくなど、社会とコミュニティの架け橋になるような、LGBTが暮らしやすい社会に近づけるような、そんな意義を持っています。
 期間中に行われるイベントをいくつかご紹介しましょう。
 まず、18日(日)に名古屋市のお寺・久遠寺で映画『ジェンダー・マリアージュ』上映会が行われます。副住職からのお話もあるそうで、これまでの映画祭や映画上映会とはまた一味違う雰囲気になりそうです。
 それから、19日(月祝)にはNPO法人 LGBTの家族と友人をつなぐ会の主催で「聞こう、話そう、LGBT!」という講演会が行われます。名古屋出身で、NPO法人 ReBitに所属し、昨年、明治大学で「MEIJI ALLY WEEK」を主催するなどの活躍を見せているオープンリーゲイの松岡宗嗣さんが講師を務めます。
 名古屋のゲイバーエリアにあるコミュニティセンター「rise」では、ゲイアーティストの方たちの作品を展示する「名古屋雄エンナーレ」が開催されます。どなたでも無料でご入場いただけます。ゲイ術の秋を楽しんでみませんか?
 その他、「OUT IN JAPAN」写真展、レインボースポーツ大会も開催されるようです。(8/19現在)
 東海地方の方、シルバーウィークを「NAGOYAレインボーウィーク」で過ごしてみませんか?



虹色どまんなかパレード2016
日時:9月17日(土)12:00〜
会場:ナディアパーク<2階アトリウム>
出演:新井祥、SECRET GUYZ、虹組ファイツ、NSM=、Golden Flags、DXハンター、X-ways他
無料

NAGOYAレインボーウィーク
日時:9月17日(土)〜25日(日)
会場:名古屋市内
イベント一覧はこちら

 

9月17日(土)〜22日(木祝) なら国際映画祭2016

 平城遷都1300周年の2010年に始まり、2年に1回ペースで開催されてきた「なら国際映画祭」。2014年に『アゲンスト8』の上映と、ヒューマン・ライツ・ウォッチのボリス・デイトリッヒ氏やグッド・エイジング・エールズ代表の松中権氏らによるトークセッションが行われる「話そう、LGBT」というイベントが開催されたのに続き、今回もグッド・エイジング・エールズと共催で「話そう!LGBT」のほか、「OUT IN JAPAN in NARA」が開催されます。いずれも無料!

 まずは、レスリー・キー氏が1年間かけて撮り下ろし、先日のレインボーリール東京で約1000名の写真が一挙に展示されたのも記憶に新しい「OUT IN JAPAN」。これまで東京だけでなく長崎県平戸市や仙台などでも展覧されてきましたが、今回、なら国際映画祭に合わせて奈良で初めて開催されます。会場は奈良市の町中にある6ヶ所の個性豊かなカフェやギャラリー、ホテルや公共スペースです。

 映画上映としては、昨年の東京国際レズビアン&ゲイ映画祭で上映され、ジョージ・タケイが出演していたことでも話題となったゲイ映画『イート・ウィズ・ミー』と、刑務所を舞台にしたレズビアン色が濃厚なドラマ『オレンジ・イズ・ニュー・ブラック』をフィーチャー。『イート・ウィズ・ミー』の方は、上映後にレスリー・キー氏やアジアのクィア映画祭の関係者らが出演するトークセッションも設けられていて、貴重なお話が聞けそうです。

 また、「話そう!LGBT」の枠とは別に、インターナショナルコンペティションの出品作品として、今年のレインボーリール東京で名作との呼び声高かった『チェッカーで(毎回)勝つ方法』が上映されます。こちらは9/18と9/20の2回上映があり、前売1000円となっています(それでも安い!)。本当にオススメです。関西の方、ぜひ足を運んでみてください。詳細はこちら

なら国際映画祭2016「話そう!LGBT」
「OUT IN JAPAN in NARA」
日時:9月17日(土)〜10月2日(日)
会場:ホ・スセリ、きずなかふぇ、ギャラリーまつもり、きらっ都・奈良、藝育カフェ Sankaku、ホテルサンルート奈良
『イート・ウィズ・ミー』上映会+トークディスカッション
日時:9月19日(月祝)13:00-
会場:ならまちセンター・市民ホール
無料
『オレンジ・イズ・ニュー・ブラック』上映会
日時:9月19日(月祝)10:30-
会場:ホテルサンルート奈良
無料