g-lad xx

FEATURES

特集:U=U、世界エイズデー関連のキャンペーン

12月1日に開催される新しいイベント【UU】をメインとして様々な企画が実施される大阪が、今年は断然、アツい!です。東京でもTOKYO AIDS WEEKS 2018や森美術館で開催中の90年代京都をフィーチャーした展覧会など、見どころがいろいろあります。世界エイズデーの時期に開催される様々なイベントの情報を特集いたします。 assets/images/FEATURES/SUPPORT/WAD2018/wad18_top.jpg

12月1日は世界エイズデーですが、ちょうど今年は12月1日が土曜日ということで、大阪(梅田、堂山)では西日本最大のゲイナイトを手がける「DX'ZUMANITY」が、新しいイベント【UU】を開催するほか、コミュニティセンターdistaなどでも様々な企画が実施されます。今年は断然、大阪がアツい!です。そして東京でも、TOKYO AIDS WEEKS 2018や、森美術館で開催中の90年代京都をフィーチャーした展覧会(それに関連したAiSOTOPE LOUNGEでのドラァグクィーン・パーティ)など、見どころがいろいろあります。世界エイズデーの時期に開催されるさまざまなイベントの情報を特集としてお届けいたします。

 


昨年のHIV感染の動向


 こちらでもお伝えしたとおり、2017年の1年間に新たにHIVへの感染がわかった人の合計は1389人で、検査でわかった方が976人、エイズを発症してわかった方が413人でした。前年に比べると59人減っていて、合計が1400人を下回ったのは2006年以来、11年ぶり(新規感染者数が1000人を下回ったのも11年ぶり)とのことです。
 感染経路別の内訳を見ると、新規HIV感染のうち同性間性的接触によるものが709件(全体の約73%)、新規エイズ患者については同性間性的接触によるものが226件(全体の約55%)でした。
 全体の新規感染者数や、その中でエイズを発症してわかった方の割合、同性間性的接触による割合などは、ここ10年ほど、ずっと変わっていません。
 しかし、ここ数年で大きく変わったことがあります。次の項でお伝えします。


U=U


 U=Uとは、Undetectable(検出限界以下)= Untransmittable(感染の可能性が低い)という意味です。HIV陽性であっても治療してウィルスが検出値以下になっていれば(たとえ生でSEXしても)相手に感染させる確率はゼロであるということが学術的に明らかになったため、いま世界的にこのことを広めようとキャンペーンが繰り広げられています。

 学術的に、というところを少し詳しくお伝えします。
 2016年、南アフリカ・ダーバンで開催された国際エイズ会議で発表された欧州での研究の結果です。片方がHIV陽性、片方が陰性である888組のカップル(男×男および男×女)を対象にした調査で、治療を続けている陽性者のウィルス量が検出限界未満である場合、コンドームを使わない約58000回のセックスで、HIV感染はゼロだったそうです。

 HIV陽性の告知を受けて恋愛やハッテンをあきらめてしまったり、HIV陽性者とはセックスできないと拒絶反応を示すような不幸な出来事が、以前はあったと思いますが、これからは、そんなことないよ、心配ご無用、大丈夫、と自信を持って言えます。

 今年の世界エイズデーキャンペーンでは、このU=U(ユーユー)を前面に打ち出すイベントが増えています。


 


Red Ribbon event【UU】


 関西最大級のクラブパーティ「DX'ZUMANITY / NUDE」が新たに【R-18】GAY MIX CLUB EVENTをリリース! 12月1日土曜日、世界のCLUB TOP 100にも西日本で唯一選ばれる「CLUB PICCADILLY」を会場に、【楽しく】【感じて】【つながる】Red Ribbon eventとして開催します。
 SPECIAL GUESTとして(あのアナ雪の)May J.さんが降臨!するほか、今話題のDRAG QUEENアイドルユニットGAYSHA GALsも登場!し、東京からも大人気なGOGO BOYSが集結! また、大勢のクイーンやダンサーたちによるSHOW CASEの数々もお届け! DX'ZUMANITYグループらしいゴージャスなパーティになりそう。
 先着200名様に1ドリンク券進呈、先着200名様にSKYY BLUE1本プレゼント、GCQアンケート特典として先着800名様に1ドリンク券プレゼント、ヤる!プロジェクトよりポストカード&ローション&コンドームが詰まった「SEXお楽しみグッズ」を先着1000名様にプレゼント!など、特典も満載です!
 そしてこの【UU】、Dance partyの空間で、14:00-16:00という少し早い時間に迅速検査会を実施し、クラブパーティ開催中の17:00-20:00に別会場で(個別に)結果をお知らせするという日本で初めての試み「イベント de ピタッとちぇっくん」https://d-checkn.com/が実施されます。ぜひこの機会に検査を受けてみましょう。18:00-には、ジャンジさん司会でMay J.さんも出演するトークショーも開催されます。
 濃すぎ、盛りだくさんすぎなイベントになりそうな予感ですが、「CLUB PICCADILLY」でのパーティは22:00までとなり、22:00からはアフターとしてEXPLOSIONで【UU】OFFICIAL AFTER PARTYが開催されます。バブリーナ先生の司会で9monマッチングシステムを利用したリアル【ゲイコン(合コン)】が開催されたり、大勢のDRAG QUEENやGOGOBOYのショーも楽しめます。
 とまれ、12月1日は大阪に集合!

Red Ribbon event【UU】
12/1[sat] 17:00-22:00
@CLUB PICCADILLY 
Door:¥2000
SPECIAL GUEST:May J.
DJ:TACKHEY(Tokyo), TAKE, pica(LADY KILLER), SAHYAA(LADY KILLER)
DRAG QUEEN LIVE (tokyo):GAYSHA GALs (ASOBI SYSTEM)
GOGOBOY:SUSUSMU(tokyo), SASUKE(Tokyo), YUHEI(Tokyo), Victor(Tokyo), RICO(Tokyo), SUBARU(Tokyo), Hii, 佑-tasuku-
DANCER:KILLER GIRL(LADY KILLER)
SHOW CASE:attractive clan, £ovё ЯealizE., CECIL・K・Carlotta, ViVi, アンジェリーナ・じゅり子, 陸, H!DE, 彰紀, Cocoro, gucchon, yasu, Kenta, Yuto, TAKKUN, JUNPEi
FLOOR BOY:HIJIRI, 燕-tsubame-

【UU】OFFICIAL AFTER PARTY
12/1[sat] 22:00-5:00
@EXPLOSION
¥3,000/1D
MEN ONLY
DJ:TACKHEY, TAKE, Takabow, 720
MC:バブリーナ
GOGO:SUSUMU, SASUKE, YUHEI, Victor, RICO, SUBARU, hii, Cocoro, 佑-tasuku-, 燕-Tsubame-
DQ:バンザイきょう子, きよゑ, Love RealizE, CECIL・K・Carlotta, ViVi, アンジェリーナ・じゅり子


 


淫画~田亀源五郎個展@dista


 昨年、東京都中野区で開催され、同時開催のTOKYO AIDS WEEKSも特別な盛り上がりを見せた日本エイズ学会総会ですが、今年は大阪国際会議場(グランキューブ大阪)が会場となります(12月2日には一般公開プログラムも)。毎年行われているOSAKA AIDS WEEKSも、今回は日本エイズ学会総会と連動している部分もあり、12月までいろんなイベントが開催されます。


 ゲイコミュニティ的に要注目!なのは、distaで開催される「淫画~田亀源五郎個展」です。
 日本のゲイ・エロティック・アート史を牽引し、近年は、漫画「弟の夫」がドラマ化されるなど幅広い層から支持されている田亀源五郎氏を迎え、特にハードなエロや、体毛まで細やかに描かれる「熊系」男性ヌードの作品群に囲まれる衝撃的な鑑賞体験を創出します。さらに、オープニングには、ドラァグクイーンのシモーヌ深雪さんとの対談を実現! 魅惑のゲイ・エロティック・アートの世界を皆様にお届けします。

「淫画~田亀源五郎個展」
日程:11月17日(土)〜12月16日(日)17:00-22:00 期間中 木・金・土・日曜日開館
会場:コミュニティセンターdista 〒530-0027大阪市北区堂山町11-2 堂山山よしビル4F
【トークイベント】
11月17日(土)19:00-21:00「ゲイ・エロティック・アートの魅力」
出演:田亀源五郎氏、聞き手:シモーヌ深雪氏(シャンソン歌手、ドラァグクイーン)

 また、同じdistaで(手前味噌ですが)11月25日(日)に「ネットを活用したHIV/AIDS予防啓発の可能性」という研修会も開催されます。後藤と、Haatえひめ/BRIDGEプロジェクトの新山賢さんが出演します。お時間ある方はぜひ。




TOKYO AIDS WEEKS 2018


 東京では、今年もTOKYO AIDS WEEKS 2018が開催され、こちらでも「U=U」がフィーチャーされています。イベントとしては、毎年恒例となった感のあるGay Men’s Chorusのほか、豪華ゲストによる「Cross Border Café × akta tag tour」がEAGLE TOKYO BLUEで開催されることが決定しています。以下、日程順にイベントをご紹介いたします。

 
Gay Men’s Chorus for TOKYO AIDS WEEKS 2018

 2015年から連続で開催しているゲイ・トランス男性による合唱ミニ・コンサートです。このイベントのために集まったメンバーが、心を込めて歌います。豊かなハーモニーをご堪能ください。
曲目:『Climb Ev’ry Mountain』『さやかに星はきらめき(O Holy Night)』『すてきなホリデイ』『ロマンスの神様』『中森明菜メドレー』『上を向いて歩こう』

Gay Men’s Chorus for TOKYO AIDS WEEKS 2018
日時:2018年12月8日(土)15:00-
会場:国立国際医療研究センター 中央棟B1アトリウム
入場:無料
指揮:なおき ピアノ:ようた
主催:TOKYO AIDS WEEKS 2018、事務局:NPO法人ぷれいす東京


Visual AIDS Day With(out) Art『知られざる結末、アクティヴィストの蜂起』上映

 12月1日にVisual AIDSが[アートの(ない)日]のためにニューヨークで世界初上映する映像作品を、字幕付きで日本初上映。アメリカの6つの刺激的な団体による短編ビデオを通し、AIDSアクティビズムにおけるアートと今日のアドヴォカシーの影響を紹介します。彼らの幅広い戦略(直接的なアクションから全国的なムーヴメント構築のための草の根運動まで)を通し、それぞれがどのようにクリエイティブな方法で今も続くAIDS危機に対して活動してきたのかを浮き彫りにします。参加団体はACT UP NY、Positive Women’s Network、Sero Project、The SPOT (Safe Place Over Time)、Tacoma Action Collective、VOCAL (Voices Of Community Activists & Leaders)。上映時間は40〜50分を予定しています。

Visual AIDS Day With(out) Art『知られざる結末、アクティヴィストの蜂起』上映
日時:2018年12月9日(日)19:00-20:00
会場:Community center akta(東京都新宿区新宿2-15-13 第二中江ビル 301)
入場:資料代500円
主催:ノーマルスクリーン


Cross Border Café × akta tag tour

 あらゆるボーダーを超えていこうとする人たちに贈る「Cross Border Café」と「akta tag tour」のコラボレーションイベントです。HIVを持っていても、そうじゃなくても、私たちはもうすでに一緒に生きてる。We’re already Living Together.

Cross Border Café × akta tag tour
日時:2018年12月16日(日)14:00-17:00
会場:EAGLE TOKYO BLUE(新宿区新宿2-11-2 カーサヴェルデ B1)
入場:1000円 別途ドリンク代
トークゲスト:田亀源五郎(漫画家/ゲイ・エロティック・アーティスト)
MC&パフォーマンス:ブルボンヌ(女装パフォーマー/ライター)
パフォーマンス:肉襦袢ゲブ美(ドラァグクィーン)、JUZU(歌手)、長谷川博史(JaNP+)、マダム ボンジュール・ジャンジ(ドラァグクィーン/akta)
DJ:JUNYA
主催:NPO法人日本HIV陽性者ネットワーク・ジャンププラス、NPO法人akta
協力:Living Together計画


 


90年代京都のドラァグクイーン・カルチャーやエイズのリアリティに触れる


 日本初のドラァグクイーン・ムービー『ダイヤモンド・アワー』の伝説のショーが二丁目で再演される!でもお伝えしましたが、現在、森美術館で「クロニクル京都1990s ―ダイアモンズ・アー・フォーエバー、アートスケープ、そして私は誰かと踊る」という展覧会が開催されています。こちらは、ドラァグクィーンカルチャーのことだけでなく、1995年にエイズで亡くなったダムタイプの古橋悌二氏や、古橋悌二氏の感染のことを受けて京都で1993年に立ち上げられたエイズ・ポスター・プロジェクトのことにも触れて、現代美術、ドラァグクィーン・パーティ、エイズやLGBTの啓発活動まで、さまざまな表現と活動が重なり合うように活発化した時代の京都をフィーチャーするものです。
 展覧会とともに、12月11日の「DIAMONDS ARE FOREVER TOKYO」にもぜひ足をお運びください。
 
MAMリサーチ006:クロニクル京都1990s ー ダイアモンズ・アー・フォーエバー、アートスケープ、そして私は誰かと踊る
日時:2018年10月6日(土)~2019年1月20日(日)10:00~22:00(最終入館21:30)、火曜は10:00~17:00(最終入館16:30)
会場:森美術館(東京都港区六本木6-10-1、六本木ヒルズ森タワー53階)
主催:森美術館

「DIAMONDS ARE FOREVER TOKYO」
日時:2018年12月11日(火)19:30-0:30(受付開始 19:00、パーティ・スタート 19:30、パーティ・クローズ 0:30)
会場:AiSOTOPE LOUNGE
料金:当日3,500円/1D、フライヤー割3,000円/1D
主催:DIAMONDS ARE FOREVER
協力:森美術館



 

全国のHIV検査会

 世界エイズデー前後の時期は、全国的に特別なHIV検査会が実施されます。地域別にご紹介いたします。

◎仙台

 やろっこがオススメするHIV検査会をご紹介。
 12月1日の世界エイズデーにあわせて、予約不要のエイズ・梅毒即日検査会を開催します。HIV・梅毒に感染しているかどうか、その日のうちに結果がわかります。検査は匿名・無料です。東北のみなさん、この機会にぜひご利用ください。

エイズ・梅毒即日検査会
検査受付日時:2018年12月1日(土)13時~17時
※受付開始直後は、混雑が予想されます。
会場:青葉区役所2階(仙台市青葉区上杉1-5-1)

◎東京
 今年も東京都では11月16日〜12月15日を東京都エイズ予防月間と定め、臨時の検査会などを実施します。
 詳しくは東京都HIV検査情報Webをご覧ください。

◎名古屋
 ANGEL LIFE NAGOYAがオススメする検査会をご紹介。
 12月8日にHIV、梅毒、B型肝炎、C型肝炎の4種の性感染症の検査ができる無料検査会が開催されます。当日または翌日に結果を聞けます。東海地方にお住まいのみなさん、ぜひご利用ください。

2018年 無料性感染症検査会
検査受付日時:2018年12月8日(土)12時~16時 ※12時~13時は予約のみ
会場:中保健センター(中区役所3階 栄駅12番出口 徒歩1分)


◎大阪
 大阪では、コミュニティセンターdistaでHIVと梅毒の検査が受けられる「distaでピタっとちぇっくん」という検査会が約2ヶ月に1回、開催されてきましたが、12月1日は特別に検査会が行われます。結果は1週間後(即日ではありません)で、会場がTKP大阪梅田駅前ビジネスセンターというdistaではない場所になりますので、スタッフに結果が伝わることもありません。関西のみなさん、田亀さんの個展とあわせて、distaに検査を受けに行ってみてはいかがでしょうか。

distaでピタっとちぇっくん
検査受付日時:2018年12月1日(土)14時~
会場:コミュニティセンターdista

◎松山
 BRIDGEプロジェクト&HaaTえひめがオススメする検査会をご紹介。
 12月2日、松山市保健所で、ゲイ・バイセクシュアル男性限定の検査会が開催されます。HIV、梅毒、B型肝炎、C型肝炎の4種の性感染症の検査で、結果は1週間後に聞けます。健やかな毎日のために、ぜひ検査を。

松山市保健所ゲイ・バイ男性限定検査会(無料)
検査受付日時:2018年12月2日(日)16:00〜17:30
会場:松山市保健所(松山市萱町6-30-5)
※事前予約が必要です


◎福岡
 Love act Fukuokaは平成30年度世界エイズデー@福岡として、U=Uをフィーチャーした特設サイトを開設しました。福岡市では、12月1日の世界エイズデー特例検査(先着50名)をはじめ、即日検査を何回かにわたって実施します(結果は約1時間後に聞けるそうです)。福岡市以外の県内の各地でも、12月には即日検査会が行われます。この機会にぜひ、ご利用ください。

世界エイズデー特例検査(先着50名)
検査受付日時:12月1日(土)14:00〜15:00
会場:中央区保健福祉センター(保健所)


◎沖縄
 nankr-OKINAWA-では、「受けやすい検査環境」で「ふらっと受けられる検査機会」をコミュニティの中に作ることを目的として、コミュニティセンターmabuiでHIV・梅毒の検査を受けられる機会を作りました。「mabuiでHIV&梅毒検査」は12月15日に開催されます。結果もmabuiで聞くことができます(即日検査で、採血してから約1時間後〜となると思われます。この時は専門職のスタッフが対応し、nankrやmabuiのスタッフは会場にいませんので、結果が知られることはありません)。沖縄のみなさん、ぜひこの機会に検査を受けましょう。

mabuiでHIV&梅毒検査
検査受付日時:2018年12月15日(土)9:30~11:30、13:00〜15:00
場所:コミュニティセンターmabui
※事前の予約が必要です

INDEX

SCHEDULE