g-lad xx

FEATURES

レポート:NLGR+2018

6年ぶりにNLGR+のレポートをお届けします。ひさしぶりの名古屋は、すっかり進化を遂げ、パワーアップしていて、びっくりしました。ホントに楽しかった!また来年も行きたい!と思える3daysでした。 assets/images/FEATURES/SCENE2018/Nagoya/NLGR18_top.jpg

今年は虹色どまんなかパレードがお休みすると発表されていたこともあり、6年ぶりにNLGR+に行ってきました。ひさしぶりのNLGR+は、前夜からクラブパーティが開催されたり、出演者のみなさんもものすごい気合いでイベントを盛り上げてくれたり、HIV検査を受けた方の人数も過去最高を記録するなど、あらためて名古屋のコミュニティのパワーを感じさせ、感銘を受けました。ホントに楽しかった!また来年も行きたい!と思える3daysでした。そんな名古屋のレポートをお届けします。
(取材・文:後藤純一、写真:LOY(*印)、後藤純一)

 


NLGR+2018 @池田公園


 ひさしぶりの池田公園は、思ったよりたくさんの人でにぎわっていました。東京から行ってた方もたくさん見かけましたし、きっと全国から集まってるんだろうなと思いました。若い方も多くて、世代交代してるんだなぁと実感。新しい方がどんどん参加するようになっているのは、本当にいいことですよね(あいかわらずGMPD系の方々が多くて、たいへん目の保養になりました)

 公園に出てるブースも、TRPのように大手企業が出展してるわけではないですが、初期の頃からずっと支えてきた『バディ』(パンツを売ってたり、懐かしの宝くじがあったり)、台湾のHIV予防啓発グループ(Tシャツがかわいかったです)などのほか、1日目が「ぼくらのゲイライフプロジェクト」(コミュニティセンター「rise」でやってるゲイライフについていろいろ話し合う集まり)で2日目が安間さんの「PROUD LIFE」みたいなシェアだったり、あと、東海地区で保険屋さんをやってるゲイの方が共同で出展してるブースなどもあり(今は生命保険の受取人にパートナーを指定できるということを知らない人も多い、とおっしゃっていました)、素晴らしいと思いました。





 飲食店の屋台もいろいろ出ていて、テーブルと椅子も設けられ、ちょっと小腹が空いたと思ったらご飯を食べたり、お酒を飲んだりもできました。

 公園のすぐ近くのコミュニティセンター「rise」では、日差しを避けて涼んだり、トイレを借りたり、イラストの展示を見たり、いろんな方(女性の方も来られていました)がくつろいで過ごしていました。

 ステージの催しも、ずっと変わらず、緑区カナコさんらの司会で(安心します)、2日間にわたって多彩なパフォーマンスが繰り広げられました。本当にたくさんの出演者の方たちがいらして、みなさん一生懸命パフォーマンスしてくださっていたのですが、ちょっと量が多くなりすぎてしまうので、抜粋してお伝えさせていただきます。
 
 まず1日目です。
 名古屋といえばこの方、DXハンターのみなさん。個人的に本当に大好きで、そのパフォーマンスには今回も目が釘付けでした。45分にわたってハロプロのダンスを踊り続けるみなさんでしたが、特にハロプロ誕生20周年を記念して『モーニングコーヒー』から始まるモー娘。メドレーをやっていらしたのは、素晴らしかったです。自分自身の20年の思い出とシンクロして、胸熱でした。
 

 女子大クイーンと名付けられた時間でしたが、いろんなドラァグクイーンの方が1人ずつショーを見せてくれるのかな、と思いきや、クイーンもダンサーさんも入り乱れて、今年大ヒットしたあのミュージカル映画の名シーンをメドレーで披露、気づけば、いろんな方が(その辺にいる子どもたちとかも)フラッシュモブ的に入ってきて一緒に踊って、ちょっとびっくりするくらい、カッコよくてエキサイティングなショーでした。控えめに言って感動しました。その後、レスベランザさんら、名古屋が誇るクイーンのみなさんが、最新のHIV関連の情報なども盛り込んだトークイベントを行っていました。


 
 名古屋のセクマイ女性のユニットとして活躍してきたNSM=のみなさん。昨年の関西レインボーパレードのときはちょっとさびしくなった印象でしたが、今回はメンバーも大幅に増えて、フレッシュな雰囲気で楽しませてくれました。
 
 この日の最後は、神戸のPerfume完コピユニット「TARfume」のみなさんでした。知ってる曲も多くて、一緒に踊れたりもして、楽しかったです。みなさんモテ筋で、ちゃんとアイドルしてるなぁと思いました。


 2日目は、吹奏楽のWINGの演奏で幕を開けました(ナイト明けなのに昼の12時にすでに会場にたくさんの方が来られてて、スゴいと思いました)

 続いてH-Pag!のみなさん。安定のクオリティなのですが、今回、研修生の方が参加してて、ちょいちょいセンターもやってたりして目立ってましたが、ついつい見とれてしまうようなダンスでした。今後も楽しみです。


 SongiLさん、初めて拝見しましたが、見た目的にもgoodで、歌も上手くて、楽曲もゲイ好みなちょっとセンチなポップチューンって感じで、NLGR+的にはぴったりハマる方だなぁと思いました。続くボンバー☆チャマタソ。さんもガンガン盛り上げていましたが、二人でユニットもやってて、それが結構なほのぼのソングで、ボンバー☆チャマタソ。さんの意外な一面を見れた気がしました。



 そして、長年、全国のイベントを盛り上げてきた虹組ファイツのみなさん。関東、東海、大阪、九州という全国からのメンバーが、エリアごとにユニットをつくり、楽曲に合わせて衣装も変えて(例えば和装とか)、コンセプチュアルなライブを披露したり、約1時間、飽きさせずに楽しませてくれました(その熱意に拍手)。そして、新しいメンバーとして、黒人の方や超ロン毛の方などもいらして、多様性が素晴らしいと思いました。虹組ファイツは着実に進化していますね!(本当にバラエティに富んだ衣装で盛り上げてくれたので、ほかのチームよりも画像がたくさんあります。ご了承ください)






 急遽ですが、かの有名なコレステロールタクヤさんが駆けつけてくださったということで、ステージに登場されました。
 
 そして、トリをつとめたのが、大阪で活躍する「バンドHIV」で、今回初めてライブを拝見したのですが、とってもよかったです。差別にNO!を歌うラップが入った歌、バイバイ梅毒〜♪と歌う歌など、大真面目だけど微笑ましくもあり。後ろで女装した方がベースを弾いているのも素晴らしく。間に性感染症に関するクイズが盛り込まれ、ゲストがステージに登場したり。とてもNLGR+にふさわしい演目でした。ぜひ今後も頑張っていただきたいです。

 
 すべての演目が終わり、17時すぎ、バルーンリリースとなりました。レインボーのカラフルな風船を手に持ったみなさんが(風船は1つ200円で、NLGR+の活動への寄付となります)、カウントダウンの掛け声とともに、一斉に風船を空にリリース! 思わずわーっと歓声が上がり、シャッター音が響き、みんなしばらく空を見上げ、風船が空高く昇っていく様を見届け、そして、拍手が湧き起こりました。感動的な「グランドフィなあも」でした。

 たまたま近くにいた、今回ひさしぶりにNLGR+に来たという愛知県在住の方に、バルーンリリースの感想を聞いてみたのですが、「希望を感じました。みんなの願いが届くといいな」と語ってくださって、ちょっとジーンときました。あの場にいた1000名のみなさんが、きっとそれぞれに、そういう思いを抱いていたに違いありません。
 

 


クラブイベントが本当にアツかった!


 実は今年、NLGR+に行こうと思ったのは、クラブイベント目当てでもありました(『ゴルベス×つんパラ。』が開催され、知ってる人もたくさん出るし、楽しそうだったので)
 以前は土曜日の夜に王道系(ドラァグクイーン&GOGO BOYが多数出演)の「PIERROT」と、何かしらGMPD系のイベントが開催されるのが定番で、NLGR+は土日2日間のお祭りウィークエンドでした。今年はそこにプラスして、金曜の夜に公認前夜祭として『ゴルベス×つんパラ。』というJ-POPイベントが開催され、東京からもファンの方たちが駆けつけ、盛り上がりを見せました。事実上、金土日の3daysになったのです。
 ひさしぶりも参加した名古屋のクラブシーンは、J-POPも強くなってるし、脱ぎ系要素も加わったりして、さらに多様化し、進化してきていると感じました。NLGR+に向けて、全国からキャストを呼んだり、たいへんな気合いを感じさせましたし、そういう楽しいクラブパーティがあるから、全国からたくさんも集まる、そういう相乗効果、好循環になってると思います。
 そんなクラブイベントを、全部じゃなくてすみませんなのですが、簡単にレポートしてみます(写真は撮っていません…ご了承ください)


J-POPコラボスッペシャル 「ゴルベス×つんパラ。」 ~NLGR+前夜祭でいきまっしょい!~

「名古屋栄女子大発・全世代対応型オールジャンルベストヒットJ-POPパーティ「㊎ BEST Hits!!(通称:ゴルベス)」と、新宿二丁目発・つんく♂プロデュース&ハロプロSONGSオンリーイベント「つんパラ。」が一夜限りのスッペシャルコラボレ~ション!」ということで、2会場行ったり来たりなハコで、いろんなJ-POPがかかるフロアとハロプロのフロア、両方楽しめて、という感じだったのですが、とにかくショータイムが充実し過ぎてて、度肝を抜かれました。
 まず、二丁目魁カミングアウトのライブを(ニチョハロから変わった後)初めて体験したのですが、楽曲も本格的で、彼らとファンの方たちとの一体化した熱量がハンパなくて、凄まじかったです。そして、ISTA(広島)、H-pag!(大阪)、スーパーマンキーズ(名古屋)、DXハンター(名古屋)、つんパラ。ダンス部(東京)という全国ダンスユニットの夢の競演。天下一なんちゃら的な、全国から猛者が集結した感。圧倒的でした。クイーンのみなさんのショーも(話題の雄大と書いてゆうたさんも観れて)とてもよかったです。
 ええもん見してもろた、長生きしてよかった、頑張って前乗りしてよかった、奇跡の一夜、などなど、みなさんそれぞれに「よかった」を持って帰ったハズ。もし来年もあるなら、ぜひみなさん、行ってみてください!
 

PIERROT NLGR SP

 やっぱり名古屋のナイトといえばピエロですよね。安定の、これがゲイナイトだ!っていう盛り上がりでした。
 今回は1時のショータイムと3時のショータイム、頑張って2回、観ましたが、レスペランザさんをはじめとする名古屋のそうそうたるクイーンのみなさんも、バブリーナさんやベビー・ヴァギーさんのようなゲストのみなさんも、それぞれにとても素敵なショーを披露してくれました。ホイットニーの「I Have Nothing」のリップシンクみたいな王道のショーもちゃんとあるし、会場のみなさんもちゃんとわかって楽しんでる、そういうところも素晴らしいと思いました。あと、今回は、沖縄からリンダさんとか丸市ミー子さんとかGOGOさん、あと、ダンスユニット(なんかスゴかったです)なども登場して、盛り上げてくれました。
 ああ、やっぱりピエロはいいなぁと。堪能させていただきました。 
 

ブルジョアきしめんたいこ8 ~NLGR+ SPECIAL~

 全国的に有名なGMPD系イベントということで、全国からGMPD系の方たちがたくさん集まっていたようです。
 会場がゴルベスと同じトランジットスタジオでしたので、B1がDJの音で盛り上がっている一方、2Fではライブをやってたり、フロアの一角にパン屋があったり、テキーラのブースがあったり、同じビルの5Fでは脱ぎ系イベントもやってたり(入場規制になるくらいの大盛況だったそうです)、あちこちでいろいろやってる感がありました。
 意外とドラァグクイーンのショーがとても充実していて、見応えがありました。特に、肉襦袢ゲブ美さんのショーには本気で笑わせていただきました。さすがです。大トリでアンジェリカさんが登場したのもゴージャスでした。素晴らしかったです。
 

 



名古屋3daysを振り返って


 「祭りを見れば、そこがどんなコミュニティかがわかる」というのが私の持論ですが、かれこれ17年も、この盛大にしてアットホームなお祭りをボランティアで続けている名古屋のゲイコミュニティには、本当に頭が下がります。次世代にバトンを渡して新しい人たちがどんどん活躍するようになりつつ、さらに進化を遂げている、そんな印象でした。 
 ボランティアでやり続けることには限界がありますが、この先どうなるか…いつ終わるかもわからない…という「一寸先は闇」みたいな雰囲気では全くなく、NLGR+の本来の趣旨であるHIV検査会は、年々参加者が増えて、今年は過去最高の600名以上が受検したそうです。カナコさんがMCで「ゲイバーやイベント関係者など、みなさんのご協力のおかげです」とおっしゃっていましたが、本当にそうだと思います。前夜の「ゴルベス」でもちゃんとアナウンスされてました。 
 個人的には、今回、褌系のセクシーイベントがあったことも、プラスにはたらいたのでは?と思ったりしました。
 
 池田公園のステージも、みなさん大変な気合いの入れようで臨み、最高のパフォーマンスを披露していましたし、周辺のゲイバーでの昼カフェも、ご飯を食べたりゆっくりしたい方たちなどで結構にぎわっていたようですし、クラブイベントも全国のパフォーマーが集結する夢の競演状態のスゴさで盛り上がりを見せていましたし、こんなに楽しいんだから来年も行かなきゃ!と誰もが思うようなイベントウィークエンドになっていました。
 みなさん、本当におつかれさまでした。ありがとうございました。

 今は(予算が削られているため)全国的にHIV予防啓発の活動は縮小ぎみですが、名古屋はこうして、唯一、お祭りを続けています(2011年に大きな「Change!」がありました)。主催団体であるANGEL LIFE NAGOYAだけでなく、他団体の方々、趣旨に賛同して協力してくださる出演者の方々、ゲイバーのみなさんやクラブイベントのみなさん、いろんな方が力を合わせて、NLGR+をきっかけにみんなで盛り上がろう、名古屋のゲイシーンを活性化しよう、そして、みんなのセクシュアルヘルスのプラスになることをしようという気持ちで、ちょっとずつパワーを持ち寄って、ゲイコミュニティが総力をあげて、このお祭りを成功させていました。
 素晴らしい、の一言です。
 これからも末永く、続いていってほしいと思います。
 

☆NLGR+2018のフォトアルバムはこちら

INDEX

SCHEDULE