g-lad xx

FEATURES

はるな愛さんも登場!「レインボーフェスタ!2018」レポート(1)

10月6日(土)7日(日)、レインボーフェスタ! が今年初めて2daysで開催されました。はるな愛さんやET-KING、オバチャーンのみなさんも登場し、いつもよりパワーアップした、アツいフェスタとなりました。1日目の模様をお伝えします。 assets/images/gallery/2018/Kansai/rf18_s13.jpg

2018年10月6日(土)7日(日)、扇町公園でレインボーフェスタ!2018が開催されました。関西レインボーパレードは13回目、扇町公園でレインボーフェスタ!として開催するようになってからは6回目で、今年が初の2days開催となりました。初日こそ少し雨がパラつきましたが、台風の影響もほとんどなく、逆に30度超えの暑さとなり、1万人を超える方々が、はるな愛さんやET-KING、オバチャーンといったメジャーなアーティストや、おなじみのみなさんのステージを楽しんだり、パレードを歩いたり、ブースを見て回ったり。手作り感やアットホームさはそのままに、いつもよりパワーアップしたアツいフェスタとなりました。2日間あって内容も盛りだくさんですので、2回に分けてレポートをお届けします。

 


1日目のステージ


 10月6日(土)、扇町公園でレインボーフェスタ! 2018がスタートしました。心配されていた大型の台風の影響もほとんどなく、時折雨がパラつく瞬間がありましたが、ステージの演目も滞りなく行われました。
 オープニングアクトは、初出場のTOYFULのみなさん。歌上手いし、ダンス上手いし、かわいいし、こんな人らおったんや〜という声が聞こえてきました。すでに東京のイベントなどにも出演したりしているようですし、今後、ひっぱりだこになる予感がします。

 続いて、彼女ほど「待望の」という言葉がふさわしいゲストはいないでしょう、あのはるな愛さんが、満を持してレインボーイベントに初登場!してくれました。ピンクのかわいいドレスを着て、「I・U・YO・NE~」「ダンシング・ヒーロー」「さそり座の女」「人生一路」「えぇねんで」と、たっぷり歌ってくれました(あの、伝説のあややショーも披露してくれました。サービス精神が素晴らしい)。MCも「大阪で暮らしていた時は、女性の格好をしたら人目につかない道を歩くようにしていました。まさかスポットライトを浴びる人生になるとは思っていませんでした。今回、こういうイベントに初めて出るにあたって、まず大阪に出れてうれしいです。苦しみも喜びも、大阪の街には染み付いています」といった気持ちのこもった語りで、ジーンとさせられました。最後に、ベビー・ヴァギーさんら大阪のドラァグクイーンのみなさんもステージに上がり、みんなで簡単なフリを踊りながら「BONダンス」で締めました。本当に素晴らしいステージでした!

 長年、全国のレインボーイベントに(今年で言うと和歌山レインボーフェスタとかにも)出演し、会場を盛り上げ、功労賞ものの活躍をしてくれている虹組ファイツのみなさん。今回も、東海や関西のみなさんを中心に、定番の「なんちゃって大奥」のほか、数曲を披露してくれました。かわいい方も多かったですし、今回も楽しく観れました。

 ひさしぶりに登場したエイサーの「新虹(あらぬーじ)」のみなさん。三線を奏でながらの地方(じかた)の歌に合わせ、沖縄の装束を身にまとったがっちり系男性たちが、勇壮な太鼓を響かせながら、ダイナミックに演舞する、その光景は、きっと会場のゲイのみなさんの心と体にズンズン響いたはず。

 こちらも長年、全国のレインボーイベントに出演してきたNSM+さん。いろいろあって半年間活動を休止していたそうですが、新しいメンバーも加入して、NSM+として再出発。セクシュアルマイノリティ女性たちのこういうグループは本当に貴重ですし、何よりも、ひたむきさ、一生懸命さが伝わってきて、応援したくなります。

 グアムから2名のドラァグクイーンが来てくれました(グアム政府観光局のPRとして)。けっこうな巨体のクイーンさんだったので、ウェザーガールズとかやらないかな…と思ったら、本当にやってくれました! 大きな体でステージを縦横無尽に動き回り、ヒールのままステージからジャンプ! ド派手なパフォーマンスで会場を魅了しました。

 ステージ前に赤いカーペットが敷かれ、今年も平等結婚式が行われました。女性とトランス女性のカップルで、二人とも美しい着物を着ていらして、素敵でした。大勢の方たちが神妙な面持ちで見守るなか、神式で粛々と進められ、感動を呼びました。最後、退場するかと思いきや、子どもたちによるフラッシュモブが始まり、もう一度新婦さんがステージに上がってダンスに加わり、という素敵なサプライズもありました。末長くお幸せに!

 1日目のトリをつとめてくれたのは、大阪が誇るユニット、ET-KINGのみなさんでした。2007年に『愛しい人へ』が大ヒットしましたが、そんな代表曲である『愛しい人へ』を今年のレインボーフェスタ!のテーマソングとして認定してくれたという優しさ。MCでは「レインボーフェスタに出ることができて嬉しいです」と言ってくれて、また「似たような(イカつい感じの)見た目の方が結構おって、親近感が持てますね」とも言って、会場を沸かせながら、『愛しい人へ』や『ギフト』などの主要な曲を歌ってくれました。純愛とか家族とか幸せとかを真っ直ぐに歌う姿に感動したからでしょうか、自分でもびっくりするくらい、泣けました…。


 初の2days開催の1日目は(すみません、紹介できてない出演者の方もいらっしゃいますが…)このように、ステージの素晴らしさが際立ち、感動のうちに幕を閉じました。

☆ステージのフォトアルバムはこちら


 

出展ブースの紹介


 扇町公園には企業や団体、サークル、飲食店などたくさんのカラフルなブースが出展されていました。みなさん、ステージの催しの合間に、ブースを見て回ったり飲み食いしたりしてお祭り的な雰囲気を楽しんでいらっしゃいました(たぶん、近所に住んでるのでしょう、ゲイカップルが犬の散歩がてら見て回ってたりして、ほほえましかったです)。とても全部は回りきれず、紹介できるのもごく一部になってしまうのですが、そんな出展ブースをピックアップしてご紹介いたします。







INDEX

SCHEDULE