FEATURES

その他の記事

シンガポール映画祭でセクシュアルマイノリティの映画を観よう

5月12日(土)から20日(日)までシネマート六本木で開催されるシンガポール映画祭で、ゲイやトランスジェンダーが登場する映画がいくつも上映されます。まるでアジアンクィア映画祭のような感じで楽しめるかもしれません。

シンガポール映画祭でセクシュアルマイノリティの映画を観よう

 シネマート六本木といえば、昨年、アジアンクィア映画祭の会場となっていた映画館ですが、5月12日(土)から20日(日)まで、ここでSintok(Singapore Film Festival Tokyo)2012=シンガポール映画祭が開催されます。
 2009年、シンガポール映画祭が初開催されたときは、オープンリー・ゲイの若手監督であるブー・ジュンフェンの特集が組まれ(『タンジョン・ルー』『家族の肖像』『カトーン・フーガ』といった東京国際レズビアン&ゲイ映画祭などでも上映されたゲイ映画が多数)、監督も来日を果たしたことで話題になりました。以降、毎回、何かしらセクシュアルマイノリティに関する作品が上映されてきている、一般の映画祭としておそらく最もレインボーな映画祭になっています。
 今回もいくつか、そういう作品が上映されますので、ご紹介いたします。まるで昨年のアジアンクィア映画祭のような感じで楽しめそうです。

シンガポール映画祭
日程:5月12日(土)〜20日(日)
会場:シネマート六本木


海南、潮州と白いブラ 
16日(水)19:30/20日(日)12:30

 昨年のアジアンクィア映画祭のオープニングを飾ったハートウォーミングなコメディ作品。
 世間の恋愛物語はどうしていつも美形の男と女なの? もし主人公が若くも美しくもなく、男でも女でもなかったら、どんな物語になるの? シンガポールの新鋭監督ハン・ユークアンがユーモアたっぷりにお届けするトランスジェンダー・ミーツ・トランスジェンダーのラブコメディ! 白いブラジャーをきっかけに出会った40代トランスジェンダー2人が自分のことやパートナーのこと、そして家族のことで悩みつつも、力強く、自然体で生きる姿を爽やかに描きます。
『海南、潮州と白いブラ』When Hainan meets Teochew
監督:ハン・ユークアン/2010/81分

アーミー・デイズ
13日(日)19:40/19日(土)13:00
 シンガポールの男子に共通の試練、すなわち兵役を題材にし、若者を中心に大きな支持を得た大ヒット・コメディ。さまざまな社会階層、さまざまな民族的バックグラウンドを持つ18歳の少年たちの兵役の日々を綴ります。アッパーミドルの中国系、ラップ好きのマレー系、ボリウッドのスターを気取るインド系、なかにはゲイの少年もいて、多民族国家らしいバラエティに富んだ部隊の陣容と、飛び交うシングリッシュとスラングの軽快な響きは、たとえダイレクトに言葉がわからなくても楽しめるはず。シンガポールを代表する演出家オン・ケンセンが、1987年にヒットした舞台版に引き続き監督を担当した作品。本国では、映画公開15周年を記念したDVDも発売される人気ぶりです。
『アーミー・デイズ』Army Daze
監督:オン・ケンセン/1996/84分

オートプシー・解剖
14日(月)19:30/20日(日)14:20
 枠にとらわれない個性的な映像作家たちの近作短編から選りすぐられた「Sintok2012近作短編傑作選」で上映される8作品の中の1本です。
 演劇畑出身のルオ・ズーハン監督は、ゲイである自分に真摯に向き合う作品を数多く発表してきました。この作品は、母親との会話をドキュメントしたもので、極私的な内容でありながら親子間の葛藤と愛情という普遍的なテーマに昇華されています。
『オートプシー・解剖』Autopsy
監督:ルオ・ズーハン/2008/7分16秒

15: The Movie
12日(土)13:30/17日(木)14:45
 シンガポールで最も期待されている若手映像作家で、『タイム』誌の「アジアのヒーロー20人」にも選ばれているロイストン・タン監督は、ゲイを真っ向から描いた『アニバーサリー』という短篇を撮っていたり、かなりゲイ寄りな人です。今回の映画祭ではロイストン・タンの特集が組まれており(オープニングにも来場するそうです)、『15: The Movie 』で思春期の頃の同性愛感情が描かれているそうです。
 シンガポール郊外に暮らす中国系の不良少年たちの現実を見つめたタン監督の処女長編。彼等が直面する壮絶な現実に強く惹きつけられた監督は、作為的な脚本やプロの俳優の起用をやめ、彼等自身を俳優として起用。その生々しさゆえに検閲で27か所ものカットを余儀なくされましたが、それでも、自虐的で繊細な彼らのヒリヒリした痛みが伝わってくる作品となり、熱狂的な人気を獲得しました。 
『15: The Movie』
監督: ロイストン・タン/2003/90分

Sandcastle
14日(月)17:00/20日(日)18:30
 ブー・ジュンフェン監督の長編デビュー作であり、日本初上映、そして今回の映画祭のトリを飾る作品です(2010年カンヌ国際映画祭批評家週間でも上映されています)
 90年代のシンガポール。18歳のシャンエンは、兵役を控えている。彼は母子家庭育ちで、母が軍人とつきあっていることを認められない。兵役までの日々を祖父母の元で過ごすことになるが、認知症の祖母はシャンエンと今は亡き父を混同していた。やがて、シャンエンは祖父から、父親が反植民地主義の活動家だったことを聞き、シンガポールの消された過去の歴史を知り、初恋も経験し、自己と向き合うことになる——
 繊細さと同居する強い意志という短編にも見られたブー監督の個性がよく反映された一作。国の理想を守ることにしらけている現代の若者世代とは対照的に、かつて理想に燃え、自己犠牲も厭わず、行動を起こした青年たちがいたことを、美しいシンガポールの風景のなかに映し出します。
『Sandcastle』
監督:ブー・ジュンフェン/2010/92分