FEATURES

その他の記事

第19回東京国際レズビアン&ゲイ映画祭

今年も映画祭の季節がやってきました! 7月第2週から海の日まで、蒸し暑い初夏の週末をゲイだらけの映画イベントで涼しく、楽しく過ごしてみませんか? 今年の映画祭の見どころ、お楽しみどころを詳しくお伝えいたします。

第19回東京国際レズビアン&ゲイ映画祭

今年の映画祭の見どころ・お楽しみどころ

 今年も東京国際レズビアン&ゲイ映画祭の季節がやってまいりました! 7月9日(金)から新宿バルト9でスタートし、翌週には会場を青山のスパイラルホールに移して19日の海の日まで、2週(計8日間)にわたって開催されます。
 バルト9は二丁目に近いため、二丁目のイカニモ系な方たちが多数詰めかけ、とてもゲイゲイしい雰囲気で盛り上がりそうです。
 スパイラルの方は、いろんなブースが出て、冷たいドリンクのサービスもあり、ゲイだらけのアットホームなお祭り感を味わうことができます。
 
 今年の映画祭で最大の見どころであり、何と言ってもスゴイのは、トム・フォードが初監督し、ヴェネツィア国際映画祭や英国アカデミー賞で主演男優賞に輝いた(ヴェネツィアではトム・フォードがクィアライオン賞の受賞)ほか、アカデミー賞にもノミネートされた話題作『シングルマン』が上映されることです。今年の10月に一般公開が決定しているのですが、配給会社の協力によってプレミア上映が決定したそうです。
 また、2009年のカンヌ国際映画祭で脚本賞を受賞した話題作『スプリング・フィーバー』も上映されます。中国当局から映画製作禁止処分を受けていたロウ・イエ監督が検閲をくぐり抜けて撮影を敢行した作品です。
 それから、例年ゲイ&レズビアン映画がほとんどなのですが、今年はトランスジェンダー作品も1枠設けられています。新しいところです。
 今年は日本の作品も充実しています(応募作品数は過去最高だそうです)。いつになくクオリティの高い作品がたくさんそろっているそうで、ドラァグクイーンのレイチェルさんの作品などもあるそうなので、お楽しみに!
 
 映画祭では、映画上映だけでなく、監督さんや出演者の方が来場したり、関連のトークイベントが行われるのも楽しみの1つになっています。昨年は少なめだったのですが、今年は『スプリング・フィーバー』の主演(ゲイカップル)のお2人が来場したり、たくさんの方たちが来日されるそうで、様々なイベントを楽しめそうです。

(後藤純一)


第19回東京国際レズビアン&ゲイ映画祭

7月9日(金)~11日(日)@新宿バルト9
7月15日(木)~19日(祝) @青山スパイラルホール
※チケットのお求め方法等の詳細は、公式サイトをご覧ください

 

 

 

オススメ上映作品

シングルマン
新宿バルト9 7月9日(金)21:00 オープニング作品 

世界的ファッション・デザイナーとして活躍するトム・フォードが長編映画初監督に挑んだ話題作。1964年に発表されたクリストファー・イシャーウッドの同名小説を原作に、長年のパートナーを亡くした50代のゲイのイギリス人大学教授の愛と葛藤を描き出す。『ブリジット・ジョーンズの日記』のコリン・ファースが主人公を繊細に演じ、世界各地の映画祭で主演男優賞を獲得。共演にジュリアン・ムーア、マシュー・グードほか。

シングル・マン A Single Man 
2009年/アメリカ/監督:トム・フォード/出演:コリン・ファース、ジュリアン・ムーア、ニコラス・フォルト、マシュー・グードほか(ギャガ配給で今秋全国ロードショー予定)
受賞歴:
ヴェネチア国際映画祭 男優賞(コリンファース)受賞、クィア・ライオン賞(トム・フォード)受賞、金獅子賞(トム・フォード)ノミネート
サンディエゴ映画批評家協会賞 主演男優賞、作曲賞 受賞
サンフランシスコ映画批評家協会賞 主演男優賞 受賞
サンタバーバラ国際映画祭 アウトスタンディングパフォーマンス賞(コリン・ファース)受賞
サテライト賞 美術賞 受賞、主演男優賞<ドラマ部門>ノミネート
ゴールデン・グローブ賞 主演男優賞<ドラマ部門>、助演女優賞<ドラマ部門>、作曲賞 ノミネート
オースティン映画批評家協会賞最優秀男優賞 受賞 
英国アカデミー賞 主演男優賞 受賞 衣装デザイン賞ノミネート
ブロードキャスト映画批評家協会賞 主演男優賞、助演女優賞、美術賞、脚色賞 ノミネート
シカゴ映画批評家協会賞 助演女優賞ノミネート
GLAADメディア賞 アウトスタンディングフィルム賞 ノミネート
インディペンデント・スピリット賞 主演男優賞、第一回脚本賞、第一回作品賞 ノミネート
ロンドン映画批評家協会賞 英国主演男優賞 ノミネート
オンライン映画批評家協会賞 助演女優賞 ノミネート
アメリカ映画俳優組合賞 主演男優賞ノミネート
ワシントンDC映画批評家協会賞 主演男優賞、助演女優賞 ノミネート


大変!息子がゲイなんて!
新宿バルト9 7月9日(金)18:30 オープニング アジア・プレミア
スパイラル 7月16日(金)21:15

パワフル母さんシャーリーの目標は、年頃の息子に「完璧なお嫁さん」を探すこと。ある日、息子を訪ねてみると、そこには同棲中の恋人アンジェロの姿が。そう、息子はゲイなのだ! しかし彼女のちょっとした勘違いがその後の家族に大騒動を巻き起こして…。アメリカのユダヤ系一家をめぐる、笑って泣ける話題のコメディ作品。
☆監督、プロデューサーほか3名が登場するQ&Aセッションあり

大変!息子がゲイなんて! Oy Vey! My Son Is Gay! 
2009年/アメリカ/監督:エフゲニー・アフィネフスキー
受賞歴:
2009年ニューヨーク・インディペンデント映画祭観客賞
2010年トリノGLBT映画祭観客賞受賞



スプリングフィーバー
スパイラル 7月19日(祝)14:00

女性教師のリンは、夫のワンに愛人がいるのではないかと疑い、ルオという名の若者を探偵として雇い、夫の行動を探らせる。その結果、夫が密会している相手が女性ではなく、ゲイの青年ジャンだったことがわかり、リンはショックを受ける。リンとワンの結婚生活が破綻に向かう一方、ジャンは苦境に陥ったワンから距離を置き、この一件で知り合ったルオに接近するが…
☆主演俳優のチン・ハオとチェン・シーチェンが来日!Q&Aセッションを開催します

スプリング・フィーバー Spring Fever 
2009年/中国=フランス/監督名:ロウ・イエ(アップリンク配給で2010年10月中旬より公開予定)
受賞歴:2009年カンヌ国際映画祭 脚本賞受賞


ハリウッド・ジュテーム
スパイラル 7月15日(木)20:00  7月17日(土)20:45 ジャパン・プレミア

恋人と別れ、失意の日々を過ごすジェロームに、真冬のパリは暗く寒かった。元カレへの想いを断ち切るために、突然、憧れのハリウッドに旅立とうと決心したジェローム。初めてのカリフォルニアは、思い描いていた場所とは違ってはいたが、そこで出会った人々とのふれあいから、いつしか彼も映画スターへの夢を持ち始める…。
☆監督、プロデューサーが来場するQ&Aセッションあり

ハリウッド・ジュテーム Hollywood, je t'aime 
2009年/アメリカ/監督:ジェイソン・ブッシュマン


波に流れて
スパイラル 7月19日(月)19:30 クロージング作品 ジャパン・プレミア

ひなびた漁村で、身重の妻と共にわが子の誕生を待つ漁師のミゲル。だがミゲルには、誰にも言えない秘密があった。都会育ちの愛人、画家のサンティアゴの存在だ。密会を繰り返す度に、彼への愛情が深まるミゲル。そんなある日、事件が起った。サンティアゴが波に流されてしまったのだ。ミゲルの新たな苦悩が、その日から始まった…

波に流れて Undertow 
2009年/ペルー、コロンビア、フランス、ドイツ/監督:ハビエル・フエンテス・レオン
受賞歴:
2010年サンダンス映画祭観客賞(ワールドシネマ部門)
2010年マイアミ国際映画祭観客賞


ボーイズ短編集
スパイラル 7月16日(金)12:45 7月18日(日)12:45

今年のボーイズ短編は、どれも必見! 息子が実家に連れてきた「婚約者」は、何と男性! ママ自慢の手料理を食べながら、自己紹介を始めた一家だったが…『北京ターキー』 水泳選手のロンに早く結婚して子孫を残すよう期待する家族。女性との結婚を決意し、男性の恋人ライアンと別れたロンだったが…『ゴールデン・ピン』 兵役中の恋人で大好きなミンスとのデートにウキウキのセオク。ところが、ミンスのママの家に泊まるハメになっちゃったのは一体どうして!?『ただの友達?』 ほか、全5作品。

神のお告げ Revelations アジア・プレミア
2009年/アメリカ/監督:トム・ガスタフソン
テディ Teddy アジア・プレミア
2009年/ニュージーランド/監督:クリストファー・バンクス
北京ターキー Peking Turkey アジア・プレミア
2006年/カナダ/監督:マイケル・ミュー
ゴールデン・ピン The Golden Pin 
2009年/カナダ/監督:クオン・ゴー
ただの友達? Just Friends? ジャパン・プレミア
2009年/韓国/監督:キムジョ・グァンス


日本作品集:マリコとレイチェル
スパイラル 7月18日(日)14:45

その美貌と、ダンスで、日本のトップ・ドラァグクイーンの1人となっているレイチェル・ダムールによる映像作品『La forêt de Rachel D'Amour』。「レイチェル・ダムールの森」をテーマに、樹海で森の妖精と化すレイチェル・ダムールのパフォーマンスは圧巻。もう一作品は、ゆうばり国際ファンタスティック映画祭など国内映画祭で活躍する小林でび監督による、ジェンダー・ミックス作品『おばけのマリコローズ』。レズビアンもゲイもバイセクシュアルも、みんな大集合の賑々しさが楽しい♪

La forêt de Rachel D'Amour 
2010年/日本/監督:レイチェル・ダムール 
おばけのマリコローズ MARIKO ROSE THE SPOOK
2009年/日本/監督:小林でび 
受賞歴:ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2010 ファンタランド大賞イベント賞


レインボー・リール・コンペティション
スパイラル 7月19日(月)17:15

今年も、観客賞(グランプリ)であるレインボー・リール賞候補作品は、バラエティに富んだラインナップ! スタイリッシュな映像と音楽に酔いしれる『この花は紅茶で出来ている』 恋に臆病な乙女たちに捧げる応援歌『恋せよ乙女』 世界の映画祭をめぐった名作『仲直り』のゴールデンボーイズが大人になって帰ってきた『友達』 FtXの彼との日々を記録した恋愛ドキュメンタリー『Cloudy than fair』 天使と悪魔の禁断の恋を描いたボーイズ・ラブ『Diavolo』 乙女少年とノンケ少年の微妙な関係と台詞の掛け合いが微笑ましい『くらげくん』 今年もどの作品がグランプリを獲得するのか全くわからない混戦模様。決めるのは、観客の皆さんの一票です!


双子のデュオ〜アンタッチャブル・ガールズ
スパイラル 7月16日(金)19:00 7月17日(土)18:15 アジア・プレミア

ヒーハォー! 双子のレズビアン・コメディエンヌがニュージーランドからやってくる! テレビでも大人気の彼女たちは、誰からも愛される国民的人気者。歌って踊って皆が楽しくなるライブ映像に、ニュージーランドの歴史や開放的なお国柄を紹介する映像など、見所いっぱい! 各国の映画祭でも話題のドキュメンタリー作品はまさに必見!
☆監督が来場するQ&Aセッションあり(7月17日のみ)

双子のデュオ〜アンタッチャブル・ガールズ The Topp Twins: Untouchable Girls 
2009年/ニュージーランド/監督:Leanne Pooley 
受賞歴:
メルボルン国際映画祭 最優秀ドキュメンタリー賞受賞
ヨーテボリ国際映画祭2010 ドキュメンタリー賞受賞
トロント国際映画祭2009 ドキュメンタリー部門観客賞受賞


4つの嘘と愛
新宿バルト9 7月10日(土)20:30 アジア・プレミア
スパイラル 7月18日(日)19:15

ニューヨークに引越したばかりのモリーとグレッグは、近所のバーで出会ったブリジットとトリップの二人と意気投合! マジメすぎる恋人のグレッグに満たされないモリーは、いつしかプレイガールのブリジットに惹かれていくのだが…。友情、セックス、嘘と愛が交差する20代半ばの4人を描いた、大都会のラブストーリー。

4つの嘘と愛 The Four-Faced Liar 
2010年/アメリカ/監督:ジェイコブ・チェース
受賞歴:2010 Slamdance Film Festival オフィシャルセレクション


ミャオミャオ
新宿バルト9 7月11日(日)20:30 ジャパン・プレミア
スパイラル 7月19日(祝)11:30

台湾の女子高生シャオアイのクラスに、日本からの留学生ミャオミャオが転校してきた。大好きなお菓子作りを通じて仲良くなったミャオミャオに、いつしか恋心を抱いてしまったシャオアイ。しかし、ミャオミャオはミステリアスなチェン・フェイに恋してしまい…。友情と恋愛の狭間に揺れる二人の結末は? 台湾のさわやか青春ラブストーリー!

ミャオミャオ Miao Miao 
2008年/香港=台湾/監督:チェン シャオツェ
受賞歴:第59回ベルリン国際映画祭 Generation部門


 

悔やむ人たち/私はアネカ
スパイラル 7月16日(金)16:45 7月18日(日)17:00

MTFトランスセクシャルの2人が向かい合い、お互いの半生を語り始める。1960年代に青春を謳歌した彼らの口から出てくる言葉は、意外にも後悔の念ばかり。恋愛、カミングアウト、性転換手術…。後悔はしないと決意したはずの行動なのに、なぜ今は悔やんでいるのか。各国の映画祭で高い評価を受けた話題作が早くも登場!『悔やむ人たち』
アネカはアイスホッケーに夢中な12歳の女の子。でもアネカは、女の子のままでいたいのか、男の子になりたいのか、まだよくわからない。そんなアネカの気持ちがはっきりするまで、アネカの成長を一時的に止めるためのホルモン剤投与をしないかと、お医者さんは言った…。『私はアネカ』
☆『悔やむ人たち』のマルクス・リンでーン監督が来場するQ&Aセッションあり

悔やむ人たち Regretters 
2010年/スウェーデン/監督:マルクス・リンデーン 
私はアネカ I'm Just Anneke アジア・プレミア
2010年/アメリカ=カナダ/監督:ジョナサン・スカーニク