FEATURES

その他の記事

レポート:Shangri-La 30 "TRIBAL JOURNEY"

9月17日(土)に開催されたShangri-La 30 "TRIBAL JOURNEY"の模様をレポートいたします。3連休の初日とあって、また9月とは思えない暑い日だったこともあり、新木場のstudio coastは大勢の人たちでにぎわい、お楽しみが満載なアゲハのお祭り騒ぎをこころゆくまで楽しんでいました。

レポート:Shangri-La 30

9月17日(土)に開催されたShangri-La 30 "TRIBAL JOURNEY"の模様をレポートいたします。3連休の初日とあって、また、9月とは思えない暑さ(屋外パーティ日和)だったこともあり、新木場のstudio coastは大勢の人たちでにぎわい、お楽しみが満載なアゲハのお祭り騒ぎをこころゆくまで楽しんでいました。この日のパーティの模様をレポートいたします。(後藤純一)

 記念すべき30回目を迎えるShangri-La@ageHa、この季節恒例となった「TRIBAL JOURNEY」では、ひさしぶりにレイチェル&TSUYOSHIさんというドアガール&ボーイが復活し、お客様をハイテンションにお出迎えしていました。

 今回も、12時過ぎから5時過ぎまで30分おきにどこかでショータイムが繰り広げられるという「お楽しみてんこもり」感。アリーナ、BOX(テント)、WATER(プールサイド)、ISLAND(バーカウンター)を行ったり来たりしながらショーを楽しみ、ライブ状態で盛り上がったりしました。タンク&短パンというガタイ自慢なイケメンも多く、いろんなお友達にも会えたり、最高にゴキゲンな音楽で踊りまくったり、気分は最高!

 海外の有名DJを迎えてTRIBALサウンドで盛り上がったアリーナでは、大量の裸族が出現! フロアの一角では、まるで台湾の「Follow me」のように抱き合って踊るマッチョ〜ガチムチが大勢いました。そして1回目のショータイムでは、白い幕にGO-GO BOYSの名前やShangri-Laのロゴを映し出すという新演出が施され、ERICくんやJUNICHIくん(伝説の『バディ』モデル)といったShangri-La初登場GO-GOもSEXYに盛り上げていました。アリーナ2回目のショータイムでは、中央のステージでレイチェルさんが素晴らしくカッコよいダンスでクラウドを魅了しつつ(アリーナにドラァグクイーンが登場するのはひさしぶり? とても盛り上がっていました)、周りを取り囲むステージでは古代ローマ風のヘッドギアをつけたGO-GO BOYSがエロティックに挑発し、今回の「TRIBAL JOURNEY」の白眉と言えるシーンを現出していました。

 Shangri-LaのGO-GOショーはアリーナだけではありません。2時半からはISLANDのバーカウンターを使って恒例のショーが繰り広げられました。ERICK、JUNICHI、KAZUMA、KENTA、MASA-T、TAKe、篤志、航 –KOH-という8人の「Hottest 」GO-GO BOYSがカウンターの上を移動しながらセクシーにオーディエンスを挑発し、楽しませていました。カウンターの下でキャーキャー喜ぶ人たちがピカピカ光るアクセサリーを手につけてたり(星野晃代ちゃんが売っていました)、『バディ』うちわを持ってたりするのもまた楽し、でした。最後にはGO-GO BOYSが一列に並んでごあいさつ。大きな拍手と声援が贈られました。

 ピンクの風船でデコレーションされたWATER(プールサイド)では新感覚のHIPHOP・R&Bパーティ「BG☆BG」が絶賛開催中でした。B系スト系のオシャレなメンズが、ガガとかビヨンセとかリアーナとかで盛り上がり、マルガリータ&ダンサーズによる『Run The World (Girls)』ショーで最高潮に盛り上がり、Ise&Masaki&YoshihiroのキュートなGO-GO BOYSのショーで盛り上がり…そうしたショーの合間にも本物感漂うダンサーズ(リアル女子だったり半女装男子だったり)のパフォーマンスが繰り広げられ、プラス、Ladyさんという方がDJにかぶせて「あげぽよ~」とかGO-GOにかぶせて「巷で噂のセクシーボーイ♪」とかMCをかまし(なんて斬新!)、超「あげぽよ」で楽しいパーティした。

 そしてそして、BOX(テント)ではガチムチ好き御用達なパーティ「GORILLA」が登場! KONG兄やんことTADASHIさんはじめ、TOSHIさん、DONBURIさん、HIROさん、GENSHINさんという野性味あふれる5人のガチムチ系GO-GO BOYSが、TRIBALテイストだったりゴリラテイストだったりするコスチュームでSEXYに(それでいて元気に)お客さんを楽しませました。GO-GOだけでなく絶大な人気を誇るクイーン・バブリーナ&KAEDE嬢も、シャボン玉を飛ばしたり、キラキラ華やかにステージを彩っていました。途中、ソウルフルな歌姫AWAさんのライブが行われたり(『Through the Fire』に感涙)、レイチェルさんがステージを盛り上げたり、ただのガチムチパーティでは終わらない、多彩な展開となりました。

 今回は恒例のマッサージ・コーナーやダークルームの横に『バディ』がブースを出していたり、ハンモックが吊るされた芝生エリアでゆったりチルアウトできたりもして、いつにも増して本当にいろんな過ごし方ができる、楽しみ方自由自在なパーティでした。気がつけば「もう朝なの!?」(朝焼けがキレイ…)という感じで、ハッピーな一夜を満喫できたのでした。
 次回は12月23日(祝)のShangri-La 31 “WHITE BALL”です。みなさん、ageHa@studio coastでお会いしましょう!

☆フォトアルバムはこちら