FEATURES

その他の記事

GWの二丁目イベント・レポート(2)「マットビナイト」他

このGWは、パレードやShangri-Laのほかにも、二丁目で毎晩のように実にバラエティに富んだイベントが開催され、盛り上がっていました。そのラインナップの多様性、充実ぶり、盛り上がり、アイデア力には、あらためて二丁目ってスゴイ!と、世界一面白いゲイタウンかもしれないと感じさせられるものがありました。

GWの二丁目イベント・レポート(2)「マットビナイト」他


■BACK TO THE マットビ☆ナイト

 第1弾「包茎ナイト/ブスっ娘ナイト」に続いてお送りするのは、4月30日(祝)にAISOTOPE LOUNGEで開催された「BACK TO THE マットビ☆ナイト」です。

 90年代に「GOLD」のゲイナイトや「The Private Party@Liquid Room」、「ヴェルファーレ」で行われたドラァグクイーンパーティなどにおいて、数々の豪華すぎるショーを披露し、伝説ともなってきたバー「マットビアンコ」のジンコさん。現在はヘアメークアーティストとして活躍中ですが、ひさびさに二丁目で一夜限りの復活(降臨)というナイトが開催されました。芸能関係の方々をはじめ、バーのお客さんやいっしょにバスケットをやっていた友達など、40代の方たちを中心にジンコさんファンが集まりました。
 ショータイムの衣装を手がけたのがなんとあのKEITA MARUYAMAさんということもあり、期待が高まっていたのですが、韓流ドラマ「チャングムの誓い」をイメージした絢爛豪華な衣装で、両脇を固める男女(装)のダンサーたちもそういうイメージにピッタリな感じ。マドンナ「Vogue」からの少女時代「Genie~Mr.taxi」ショーを繰り広げ、フロアは大盛り上がりに。
 第1部のショータイムが終わると、ピチカートファイブの軽快な名曲「万事快調」が聞こえてきて、素敵だわ~と思っていたら、周りがザワザワ…振り返ってみると、なんと、DJブースで本物の○宮真貴さんが歌っているではありませんか! これには本気で度肝を抜かれました。その後も本物の○西康陽さんが来場されました(ArcHで開催中の「プレイボーイ・プレイガール」とのコラボということでした。AISOTOPEになってから、こうしたArcHとのコラボとか、ArcHと行ったり来たりするような楽しみ方ができるようになり、ますます二丁目が面白くなったと実感しました)
 そして第二部のショータイムが終わると、ステージ上で紹介されたのが、本物の○崎あゆみさん! 他にも○LAYの○AKUROさんなどもいらしていた模様。一晩でこんなにセレブが集まるパーティってスゴイですよね…まさに夢のような一夜となったのでした。(オーガナイザーのタイスケさんに拍手!です)
 ジンコさん、MCで「また近いうちにね!」と言っていたので、第2弾があるかもしれません。楽しみです。


■その他のイベント

 5月2日に開催された「デブも専ナイト」は、大雨にもかかわらず、身動きとれないほどの大盛況っぷりでした。AKBもビックリな総選挙で選ばれたGOGOの方たちのプロ根性も素晴らしかったですが(チップも大量でした)、むらっちさん(きゃりーぱみゅぱみゅショーでは自胸につけまをつけ、あゆ「how beautiful you are」では風でヅラを飛ばされ)をはじめ、ダイアナさん、リルさん、フーチ葉さんのドラァグクイーンショーでも盛り上がっていました。客層も太めの方から細身の方まで幅広く、ゆるくてあったかい感じがありました。

 5月5日の「ガチムチ☆ディスコ」は、ビデオモデル系の人たちを中心にGOGO BOYSが大増員され、それだけでもスゴイと思いますが、ぜんぜん気取ってなくてサービス精神旺盛で素晴らしかったです(一世を風靡した「イカニモ王子」の方がキスしてくれて、感激!)。二丁目のバー「GAS」ののぶえママのショーではアンコールに次ぐアンコールで3回も「ヘビーローテーション」を踊ったり(まさにヘビーローテーション)とか、フィナーレで他のパーティのGOGOさんがモコモコ系衣装で飛び入り参加したり、お客さんも上裸で踊ったりと、本当に楽しさ満点なパーティになっていました。さすが、海外に呼ばれるだけのことはあります。次回は7月のShangri-Laだそうです。

 他にも、5日の「Nocturnal」@Arty Fartyは外国人の方たちを中心に熱い(熱すぎる)盛り上がりを見せていましたし、28日の「Touch1周年パーティ」@XANADUではシャンパンがバンバン開いて盛り上がってましたし、3日の「SPARKLE/CATCHY」@AISOTOPEも若い人たちを中心に盛り上がってました。