FEATURES

その他の記事

レポート:akta TAG TOUR vol.02「Badi x Living Together」

12月2日(日)、二丁目のAiSOTPE LOUNGEで「akta TAG TOUR vol.02 Badi x Living Together」というイベントが開催されました。レポートをお届けします。

レポート:akta TAG TOUR vol.02「Badi x Living Together」

二丁目でコミュニティセンターを運営したり、ゲイバーにコンドームを配ったり、HIVについていろいろ活動しているakta。今年から、街の人気者やイベント、サークルとタッグを組んで、HIVをめぐるリアリティをいっしょに伝えあったり、感じたり、考えたりしてゆく「akta TAG TOUR」というプロジェクトをスタートしました。第1回目のコラボ相手は巷噂の「みぞ飲み」でしたが、2回目のコラボ相手は、あのゲイ雑誌『バディ』。『バディ』らしく元気で楽しい、素敵な一夜になりました。レポートをお届けします。※今回は、都合により、後半のショータイムからおじゃまさせていただきました。(後藤純一)


 日曜の夜、雨が降っていたにもかかわらず、AiSOTOPELOUNGEには男の子たちがいっぱい!でした(中には遠方から来ていた方も)。壁には『バディ』のポスター(イケメン多数)が貼られていて、DJ KAZZさんのゴキゲンな選曲で盛り上がっていました。
 『バディ』編集部の方やaktaの方、ひさしぶりに会う友達などとお話しているうちに、ショータイムがスタート。トップバッターは、ピンクのリボンがたくさんついたとても素敵な衣装のアロム奈美江さん。しかし、キュートな見た目と裏腹に、ショーの内容はかなり直接的な下ネタ(笑)。ゲラゲラ笑わせていただきました。
 その後、編集部の方とライターの竜超さんのリーディング。編集部の方はとても緊張した様子でしたが、親との関係を綴った陽性者の方の手記を読んだあと、「『ハートをつなごう学校』にアップされていた動画で、LGBTの家族と友人をつなぐ会の方が『母親は子どもを心配したがるものなのよ」』と語っていたのがとても胸に響いた」と、ちょっと目を潤ませながら語ってくれました。彼自身も親にカミングアウトしていて、パートナーを家に連れて行ったりしているそうです(ちなみにアロムさんも今年、お父さんに女装カミングアウトしたそうです)
 そして、「虹組ファイツ」のライブが始まりました。NLGRなどでも大活躍のアイドルユニットですが、フレッシュな新メンバーも加えて「ミックスルーム・ロマンス」「なんちゃって大奥」といった代表曲を元気に歌い、フロアを盛り上げました(最前列にはファンの方たちが陣取り、熱心に応援していました)
(ちなみに、ショータイムが終わってしばらくした後、DJのKAZZさんがすかさずモー娘。の「ONE・TWO・THREE」をかけて、虹組ファイツのみなさんが水を得た魚のようにカンペキなダンスを見せていました。さすがです!)

 すごく新鮮だったのは、とにかく「楽しかった!」ということ。HIVのイベントってどうしてもシリアスな雰囲気になりがちだと思うのですが、ふつうにイベントを楽しみながら、自然にそういうメッセージにふれられる(ちゃんと大事なことが伝わる)、そういう感じがいいなぁと思いました。『バディ』編集長のHIROさんも「しんみりさせたくなかったんですよ~」と語り、aktaのジャンジさんは「楽しさの中にメッセージをという趣旨。新しい人がイベントに参加してまた広がりが生まれるのもいいなあと思います」と語ってくれました。

 それから、会場の一角では、来場された方のチェキ!の写真とともにHIVについての一言コメントが掲示されていました。ちょっと出会い掲示板風で、「こんなイケメンがこんな素敵なこと言ってる。やだ、惚れそう…」みたいなことがありそう(いやマジで)。次回のakta TAG TOUR (3月3日(日)、AiSOTOPE LOUNGEで大学生を中心とした若者たちと開催予定)ではたぶん、1回目と2回目の写真が掲示されるので、ぜひチェックしてみてください。もしよければあなたもチェキ!してくださいね。


 イベントが終わり、余韻にひたりながらの帰り道、なにげなくTwitterを見ていたら、DJのKAZZさんがこんなことをTweetしてて、いい話だなあと思いました。
「ボクがDJ続けている理由のひとつが、HIVに感染してしまったいちばん古いゲイの友達が寂しくなったときに楽しんでもらえる場所をいつでも作っておきたいから。その子はもうとっくに元気になっちゃって自分のイベントに遊びにも来なくなったけど(笑)。今夜も誰かのお役にたててるといいな~」

 
【aktaのイベント情報】
 1月6日(日)、二丁目の「九州男」で「Living Togetherのど自慢」が開催されます。HIV陽性者やその周りの人たちの手記の朗読&コメントとのど自慢(カラオケ)が合体した参加型サロンです。出演者募集中! カラダできいてココロでうたおう!
第26回 Living Togetherのど自慢
日時:1月6日(日)17:00〜20:00
会場:新宿2丁目 スナック 九州男
入場料:500円(1ドリンク)
司会:マダム ボンジュール・ジャンジ
DJ:YUME