FEATURES

その他の記事

「男魂 -MEN SOUL-」@仙台 レポート

仙台で唯一のゲイナイト「男魂 -MEN SOUL-」。HIV予防啓発を趣旨としたコミュニティイベントで、宮城県内だけでなく東北一円からいろんなタイプのゲイピープルが集まり、熱く、楽しく、SEXYに盛り上がりました!

「男魂 -MEN SOUL-」@仙台 レポート

 「男魂 -MEN SOUL-」はもともと二丁目や沖縄で行われていたHIV予防啓発イベント(主催:GUTS)ですが、4年前から仙台の「やろっこ」と共同で開催しています。
 5月4日は東北地区ゲイバー対抗バレーボール大会が行われたということもあり、東北の各地から体育会なイケメンや地元の若ゲイたちがクラブ「SQUALL」に集まり、DRAG QUEENやGO-GO BOYのショー、アンダーウェアショー、トークショーなどを楽しみ、朝まで熱く盛り上がりました。

 DJは仙台が誇るDD、そして東京からあさこ。ハードハウスからアゲアゲのオネエハウスまで、ガガやPerfumeの新曲などを織り交ぜながら、フロアを盛り上げました。

 第1部ショータイムでは、APD(阿佐ヶ谷パフュームドール)のPerfumeショー、仙台のドラァグユニットAnego Girlsの「ガタメキラ」ショー、GO-GOユニットみちのく駐屯地の「BEARFORCE1」ショー、トーク「秘密の下ねたケンミンSHOW」、褌工房雪熊さんからの寄付金贈呈式が行われました。その後、GO-GO BOYSたちによるSHIO協賛のアンダーウェア・ファッション・ショーが披露されました。

 第2部ショータイムでは、GONTAによるHIV陽性者の手記のリーディング、Anego Girlsのビヨンセ・ショー、セイコ・リーの浅田真央ショー、みちのく駐屯地の「BEARFORCE1」ショー、ジュヌヴィエーヴのレディガガ・ショー、そしてGONTAのライブ(アニソン替え歌)が繰り広げられました。そして再びダンスタイムは、GO-GO BOYSによるSEXYなショーでフロアを悩殺しました。

 第3部の「勝負下着コンテスト」では、仙台だけでなく岩手、秋田、福島、新潟など、東北各地から参加者がステージに上がり、自慢の勝負下着(流行のブランドだったり、六尺だったり)を競いました。優勝したのは新潟から来た20代のスジ筋系の方でした。優勝者だけでなく、雪熊賞、若褌賞(やろっこ代表のふとしさんの運営するサイト)、そして参加者賞もプレゼントされました。

 最後には出演者全員がステージに上がり、アゲアゲなオネハで盛り上がり、会場が1つになりました。最後にMCを務めたセイコ・リーとジュヌヴィエーヴから「HIVやうつに悩む人もいると思いますが、僕らには仲間がいます。仙台にコミュニティセンターもできました。決して一人じゃないってことを忘れないでください。ありがとうございました」と挨拶し、ハッピーでSEXYであったかいコミュニティイベントは、幕を閉じました。

 来年は「男魂 -MEN SOUL-」@仙台も5周年を迎えます。きっとさらに盛大なイベントになることと思います。
(後藤純一)

 こちらのギャラリーもご覧ください!