FEATURES

その他の記事

「Shangri-La 24 "SPLASH" @ageHa」レポート

GWの5月2日に開催されたShangri-La 24 "SPLASH" @ageHaをレポート! 今回は若ゲイでアッパーに盛り上がったBOXや、プールサイドでの「GRINDRナイト」などがお楽しみどころでした。遊びに来ていたイケメンたちやGO-GO BOYSのスナップもお届け!

「Shangri-La 24

 

 Shangri-La@ageHa(通称アゲハ)はアジア最大規模のゲイナイト。ゴージャスな会場をゲイだらけで埋め尽くす快感、そして毎回「手を替え品を替え」で繰り広げられる様々なアトラクションの楽しさが魅力です。
 期待に胸をはずませ、深夜の「ageHa@studio coast」に到着すると、「遊ぶぞ!」って勢いのゲイピープルがすでに大集合!状態。BOX(旧TENT)が「TOKYO GAY NGIHT×NEXT SPECIAL」だったせいでしょう、若いゲイたちでごった返していました。

 BOXは早い時間からアゲアゲで(オネハかけまくり。特にガガの曲がスゴかったです)、アッパーでハッピーな雰囲気に包まれていました。DRAG QUEENもGO-GO BOYもすごいサービス精神でフロアを盛り上げ、とにかくみんな本当に楽しそうでした。若いパワーに圧倒されました。

 

 プールサイドに移動すると、本邦初「GRINDRナイト」が今まさに始まろうとしているところでした。「Splash」というテーマにふさわしく競パンBOYSが「SEXYすぎるオブジェ」となっている中、「愛のキューピッド」役のミッツ・マングローブさん、ブルボンヌさん、径一さんが登場し、拍手の中、アトラクションがスタート。メールのやりとりをすると枠が青くなるしくみを利用し、タテヨコななめのいずれか3つが青で揃ったらビンゴ!となり、抽選でSoftbankグッズやオリジナルiPhoneケースがもらえるというものでした。司会のお二人のトークの面白さも素晴らしかったですが、Softbankの社員の方が「GRINDR」(ゲイの出会いアプリ)を公認したうえで、会場に来てくれていたことに感動しました。

 

 さて、アリーナ(メインフロア)ではみなさんご存じ、KO KIMURA(ハウス界のトップDJ。90年代には伝説のパーティ「BLEND」でも回していました)がゲストDJとしてプレイしていました。1000人単位のゲイたち(ラゾクも多数)が巨大なフロアにひしめく中、アゲハが誇るGO-GO BOYSがお立ち台に登場。いつ見てもゾクゾクしちゃうようなカッコよさです(が、ここでコウさん、シャーリー・バッシーの「BIG SPENDER」をかけたところがオシャレでした)。GO-GOショーにはゲイだけでなく女の子なども熱狂し、恒例のタオルショーが始まるやいなや、黄色い声が飛び交い、ものすごい人気を博していました。あいかわらず惚れ惚れするような、たまらなくSEXYなショータイムでした。

 

 ショーの合間には外にいるお客さんたちにスナップ写真をお願いしていたのですが(協力してくれたみなさん、ありがとうございます!)、ひさしぶりに会う友達も多く、あちこちでそんなふうに挨拶が交わされていました。アゲハってやっぱり巨大なクラブ遊園地であると同時に、一大サロン(ゲイの社交場)なんだな、と再確認。

 小腹がすいたのでご飯を食べようとフードコートに並んでいると、20代のイケメン(パーティピープル)に突然「後藤さんですよね?」と声をかけられ、「日本で同性婚は実現できるのか」というテーマで世間話が始まりました。遊んでるだけじゃなくそういう話もできちゃうアゲハの奥深さ、すごいです。

 

 4時過ぎにはISLAND(バーカウンター)で最後のGO-GOショーがスタート。明るめの照明で、ちょっと目のやり場に困るくらいのSEXYさなのですが、カウンターの店員さんたちもシャツを脱いでいっしょに盛り上がっていたりして、それもまた素敵でした。

 

 再びプールサイドへ。東の空がオレンジ色になりはじめています。何度もアゲハに来ていますが、この朝方の時間が本当に気持ちよくて、最高にハッピーで、大好きです。

 最後に、予約を入れていた足つぼマッサージへ。アゲハのマッサージは今回が初体験。踊り疲れた体をリフレッシュしようってワケです。正直、エロい雰囲気が優先でマッサージは大したことないのでは?と勘ぐっていたのですが、見事に予想を裏切り、とても丁寧で気持ちよかったです。男の子もちょっとイモ系なマッチョで(とてもカワイイ)、素朴さ満点、全くスレてない感じ。大いに癒されながら「次回もまた予約しなきゃ…」と心に決めてました。素敵なアゲハのシメでした。(利用される方、予約はお早めに)

 明るくなってからもBOXの盛上がりは収まらず、5時過ぎまでアゲアゲでしたが、後ろ髪引かれる思いを引きずりながら、会場を後にしました。すでに朝日は昇っていましたが、心地よい充実感とともに帰路につきました。
 やっぱりアゲハ最高! 次回の7月も楽しみです。(後藤純一)

 こちらのギャラリーもご覧ください!