FEATURES

その他の記事

2012年のWorld Aids Day関連イベント

12月1日(土)は世界エイズデー。世界的にさまざまなキャンペーンやイベントが開催されますが、日本でも、今年もHIV予防啓発のキャンペーンや陽性者支援のイベントなどが行われます。LGBTに関連のあるものを中心にお伝えしたいと思います。

2012年のWorld Aids Day関連イベント
(世界エイズデーの時期、レッドリボンをイメージして都庁が赤くライトアップされるそうです。知ってました?)



 2011年の新規HIV感染者数とエイズ患者数が発表されましたが、新規HIV感染は前年より少し減っているのに対し、エイズ患者数は過去最多となり、厚生労働省エイズ動向委員会は「特に、男性同性間の性的接触による感染者や外国国籍の感染者については、エイズ予防指針を踏まえ、普及啓発・早期発見・早期治療に向けた対策、HIV陽性者への相談等の支援などの対策を進める必要がある」とコメントしました。
 そんななか、12月1日(土)の世界エイズデーを目前に控え、全国各地でHIV予防啓発のキャンペーンや陽性者支援のイベントなどが行われます。LGBTに関連のあるものを中心にお伝えしたいと思います。

■東京都エイズ予防月間

 東京都では、世界保健機関(WHO)が「世界エイズデー」と定めた12月1日を中心とする1か月間(11月16日~12月15日)を「東京都エイズ予防月間」として、広く都民を対象としたエイズに関する啓発キャンペーンを実施しています。

 昨年1年間に東京都で新たに報告されたHIV感染者とエイズ患者数の合計は409件でした。このうち、同性間性的接触による感染と報告された件数は299件で、約7割を占めています。
 また、昨年、都内でHIV検査を受けた方の件数は、前年に比べ843件増加しました。が、最も多かった4年前に比べるとまだまだ少ないそうです。
 HIV検査は、居住地や勤務地に関わらず、都内の保健所や検査所で受けることができます。もちろん、匿名・無料です。必要に応じて心配事などの相談もできます。
 東京都エイズ予防月間の期間中は、通常実施しているHIV検査(常設検査)に加えて、臨時の検査も実施されます。ぜひ、この機会に検査を受けてみませんか?

 それから、この予防月間の期間中、講演会やライブイベント「Words of Love~Let’s talk about HIV/AIDS~」、都庁舎ライトアップ、池袋エイズフェスティバル’12(「Save the Pride」がパレードを行います!11月23日15時中池袋公園出発。フェスティバルには「そうでない人ユキジ」さんが出演するそうです)、臨時検査・相談なども開催されます。詳細はこちらをご覧ください。

 

■akta/Living Together

 11月23日(祝)、『RENT』LGBT Pride Weekの一環として「Living Together x RENT」が開催されます。『RENT』キャストがHIV陽性者やその家族・周囲の人たちが書いた手記をリーディングする、さながらLiving Together計画の「RENT出張版」といった趣になりそうです。

『RENT』LGBT Pride Week 
日程:11月20日(火)〜25日(日)
会場:日比谷シアタークリエ
協賛:アルファ ロメオ

 また、12月2日(日)、二丁目のAiSOTOPE LOUNGEで「akta TAG TOUR vol.2 Badi x Living Together」というイベントが開催されます。二丁目のaktaが、街の人気者やイベント、サークルとタッグを組んで、HIVをめぐるリアリティをいっしょに伝えあったり、感じたり、考えたりしてゆくツアーの第2回目。今回はゲイ雑誌「バディ」とタッグを組んでお届けします。HIV+の人たちやその周囲の人たちが書いた手記の朗読&コメント、そして音楽とショータイム! 日曜の夜を楽しんじゃいましょう〜♪

「akta TAG TOUR vol.2 Badi x Living Together」
日時:12月2日(日)17:00-22:00
会場:AiSOTOPELOUNGE
料金:1stドリンク¥1,000
※出入り自由
ショータイム:18:30/20:30
朗読:YOU(テラ出版バディ編集部)、うっちぃ(モデル/NBGP 9th BOY)、竜超(薔薇族編集長/通俗作家)、松本加代(世田谷保健所/医師)
LIVE:KANA、虹組ファイツ
DQ:アロム奈美江
DJ:Kazz、Kiyoshi
司会:マダム ボンジュール・ジャンジ&アロム奈美江

 それから、直接HIVをテーマにしているわけではないのですが、現在aktaでは「IT'S OK!! EXHIBITION!!」が開催中です。11月25日(日)までですので、ぜひこの週末、お出かけください。

■仙台でのイベント

 仙台では、12月1日(土)に「Living Together in SENDAI -for MEN-」が開催されます。昨年、大人気を博した打勇太鼓が再びゲストとして登場し、勇壮な和太鼓演奏を披露します。また、コミュニティセンター「ZEL」では「Living Together in SENDAI 写真展」も開催中。打勇太鼓のメンバーのSEXYな写真や「新虹」のエイサー演舞の写真などが展示されています。

Living Together in SENDAI -for MEN-
日時:12月1日(土)19:30-21:00
会場:仙台市市民活動サポートセンター 市民活動シアター
入場無料
GAY MEN ONLY

 また、11月23日(祝)から写真展「Positive Lives」がスタートします。「Positive Lives」は、HIVに感染して生きている人たち、AIDSに影響を受けた人たちの日常をとらえた国際写真展です。入場無料。どなたでも入場できます。

写真展「Positive Lives
日程:11月23日(祝)~12月9日(日)
会場:仙台市市民活動サポートセンター5階展示スペース(仙台市青葉区一番町4-1-3、仙台市営地下鉄「広瀬通駅」西5出口すぐ)
主催:公益財団法人エイズ予防財団 community center ZEL
(厚生労働省委託事業「同性愛者等のHIVに関する相談・支援事業」)

■愛媛でのイベント

 愛媛では、12月1日(土)、HaaTえひめの主催で「第1回 えひめレッドリボンシアター/トークセッション」が開催されます。昨年、東京プライドのイベントで上映されて感動を呼んだ台湾映画「The Hope of Love 愛のみまもり袋 愛的福阿」が上映されるほか、HIV陽性者と地元のエイズNPO関係者によるトークセッションが行われます。
 公式サイトには「HIV/エイズへの“理解と正しい知識の普及と支援体制”を考えていくことを目的とし、HIVをタブー視せずに向き合って生きることを通じて、様々な人びとが生き生きと暮らせる“共生”の街づくりへの環境を醸成します」と謳われています。
 中四国方面の方々、ぜひお出かけください!

HaaTえひめ世界エイズデー企画
第1回 えひめレッドリボンシアター/トークセッション

日時:12月1日(土)14:00-16:00(開場13:30)
会場:松山市総合コミュニティセンターコスモシアター(愛媛県松山市湊町7-5)
※入場無料
上映作品:「The Hope of Love 愛のみまもり袋 愛的福阿」
司会:大山治彦(四国学院大学社会福祉学部教授、HaaTえひめ理事)
トーク:木城香代(四国エイズプロジェクト)、新山賢(HaaTえひめ)、しげ(日本HIV陽性者ネットワーク ジャンププラス)、高久陽介(日本HHIV陽性者ネットワーク ジャンププラス)

■沖縄でのイベント

 12月1日(土)、那覇のコミュニティセンター「mabui」では、「Living Together Cafe -ryukyu- vol.6 ~県内のパフォーマーと手記の朗読~」というイベントが開催されます。沖縄のゲイシーンで活躍するいろんなパフォーマーの方たちが(沖縄は本当に芸達者な方が多いです)ショーやライブ、エイサーなどを披露する、楽しいイベントになりそうです。

Living Together Cafe -ryukyu- vol.6 ~県内のパフォーマーと手記の朗読~
日時:12月1日(土)17:00-
会場:コミュニティセンター「mabui」
入場無料
QUEEN:GLAN、VANNILA
Singer:Tsuyoshi
Dancer:POP☆GUN
EISA:新虹
口笛演奏:ぶっくう
Reading:たう、スケ
協力:nankr、Living Together計画、NPO法人ぷれいす東京、NPO法人akta