g-lad xx

NEWS

FTMの4人組ミュージシャン「GtM」がデビュー

 nikkansports.comの記事によると、女性から男性へトランスしたFTMの4人組ユニットGtM(Girls to Men)のお披露目イベントが23日、都内で行われました。
 メンバーは、女性アイドルグループ「制服向上委員会」の元メンバーだったというサクヤさん(21)、「10歳下の妹からお兄ちゃんだと思われていた」ユウシンさん(24)、「中学の制服の採寸時に違和感を感じた」というトワさん(25)、戸籍上も男性に変わったレオさん(21)の4人だそうです。

 GtMの4人は12月1日に『声を聴いて~エコーズ~』という曲でCDデビューを果たすそうです。
 リーダーのサクヤさんは「一歩踏み出すと、みんな後についてきやすい。今はニューハーフの方がメディアにも出るようになってカミングアウトもしやすくなったけど、悩んでいる人たちの力になるような活動をしていきたい」と今後の抱負を語りました。
 ブログ版『Queer Music Experience』によると、メンバーのトワさんは、Twitterでこのように書いていたそうです。
「当事者からの厳しい声は多いだろうと予測はしていました。グループ名や売り出し方もかなり事務所と話し合いました。イベントのトークショーで当事者から頂いた言葉はこちらの励みになる様な言葉でした。まずは有名になり、生の言葉や思いを伝えられる様になりたいです。」
「自分たちも事務所と話したオフレコな部分をかなり重ねてきていたので心の準備はできてました。しかし、トークショーでは言いましたが鬱をもっていたり、いま苦しいと思っていたり『芸能界だぜ!いぇい!』と簡単なもんじゃなかったんですよとそのうち伝わればと(笑)」
「例え一人でも、知るだけで楽になる人はいると思う。今はFTMを全押しですがアーティストとして昇華すれば知らなかった人が知る機会になると思うのです。」

  世界的に見ても、FTMのミュージシャンはMTF(男性から女性にトランスした方)に比べてずいぶん少ないようですが、日本ではシンガーソングライターのKAB.さんが知られています。一時期はCMにも出演するなど、メジャーな活躍をしていた方で、トランスジェンダーであることをカミングアウトするや(『Arena 37℃』のインタビューで性同一性障害のことに触れられています)、同じ悩みを抱える方たちから熱い支持を得るようになりました。

 セクシュアルマイノリティの方たちがこうして堂々とメディアに出たり、活躍したりというのは、本当に多くの人々を勇気づけるような、素晴らしいこと。『Queer Music Experience』の藤嶋さんと同様、『g-lad xx(グラァド)』もGtMを応援していきたいと思います。(後藤純一)


女性から男性へチェンジ!GtMお披露目 (nikkansports.com)
http://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp0-20100923-682164.html

INDEX

SCHEDULE