g-lad xx

NEWS

エルトン・ジョンが代理母出産でパパに

 米芸能誌『USウィークリー』電子版は27日、エルトン・ジョンとパートナーのデヴィッド・ファーニッシュが、代理母出産した男の子の両親になったと報じました。

 男の子はカリフォルニアで25日(クリスマス)に誕生。体重3500gの元気な赤ちゃんで、ザカリー・ジャクソン・リーヴォン・ファーニッシュ・ジョンと名付けられたそうです。二人は「この特別な瞬間、僕らは幸せと喜びでいっぱいだ。ザカリーは健康な赤ちゃんで、僕らは誇り高く幸せな親となった」と喜びを語りました。名前の中のリーヴォンは、エルトンの1971年のアルバム『Madman Across The Water』の収録曲から取られたそうです。

 エルトン&デヴィッドのセレブなゲイ・カップルは、12年の交際期間を経て、2005年12月、英国でシビルユニオン(「結婚」とは言わないだけで男女の夫婦と同等の権利が与えられる法)が施行された直後に結婚式を挙げていました。
 エルトンは「ツアーの時間が少なくなるまで待つ。子守りや家政婦の手で子どもを育てたくはない。僕らは自発的な両親になりたいよ」と語り、結婚後しばらくは子どもをもうけていませんでした。
 昨年、二人はウクライナからHIV陽性の男の子を養子に迎えようとしました。しかし、ウクライナ当局は、エルトンが「養子を迎えるには年を取りすぎている」こと、ウクライナでは同性婚が認められていないということを理由に、彼らの申請を退けました。(にも関わらず、今も二人は遠方からこの子とその兄弟を財政的に支援しているそうです)

 二人がどのような形で出生届けを出したのかはわかりませんが、英国では2010年春に法律が変わり、子どもの出生証明書に同性の両親の名が記載できるようになったそうです。

 二人に息子が誕生したことを祝し、友人のエリザベス・ハーレー(モデル・女優)は、「素敵な息子さんができたデヴィッドとエルトンを盛大に祝福します。(赤ちゃんを)抱きしめるのが待ちきれないわ」とコメントしたそうです。

 ちなみにエルトン・ジョンは、デヴィッド&ヴィクトリア・ベッカム夫妻の息子ブルックリンとロメオ、そしてエリザベス・ハーレーの息子ダミアンなどを含む10人の子どもたちの名付け親になっているそうです。

 この喜ばしいニュースは、たとえば今年10月にニール・パトリック・ハリスが双子の父親になったという出来事に比べると、テレビや新聞も含め、かなり大々的に報道されています(エルトン・ジョンのネームバリューのおかげでしょう)。同性愛者の米軍勤務が認められたということだけでなく、ゲイカップルは結婚して子どもも持つことができるんだ(しかも世界的なセレブが、当たり前のように)というニュースが世間に伝わるのは、とても意義があることだと思います。さすがはエルトン・ジョン。素敵ですね。(編)



エルトン・ジョンさん 代理母出産男児の父親に(テレ朝News)
http://news.tv-asahi.co.jp/ann/news/web/html/201229003.html

同性婚エルトン・ジョンさん、代理母出産で親に(読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20101229-OYT1T00460.htm?from=top

英歌手エルトン・ジョンが父親に、代理母が男児出産(ロイター)
http://jp.reuters.com/article/entertainmentNews/idJPJAPAN-18816620101228

E・ジョンさんと男性パートナーに息子誕生=米で代理母が出産(時事通信)
http://www.jiji.com/jc/a?g=afp_cul&k=20101228026225a

エルトン・ジョン、代理母を使ってパパに(BARKS)
http://www.barks.jp/news/?id=1000066738

エルトン・ジョン、ゲイカップル子供授かる!!(リアルライブ)
http://npn.co.jp/article/detail/85458099/

INDEX

SCHEDULE