g-lad xx

NEWS

HIV陽性の米ポルノ男優が会見し、撮影でのコンドーム着用の義務化を訴えました

 アメリカで10月にペイシェント・ゼータというポルノ男優(男女モノにもゲイモノにも出演していました)がHIV検査を受けて陽性だったことがわかり、ポルノ映画業界全体が一時休業状態となったそうです。この男優が12月8日、初めて公に記者会見を行い、HIV検査後のおざなりな対応などを涙ながらに語り、米ポルノ映画業界を非難し、撮影現場でのコンドーム使用の義務化を求めました。

 会見に現れた本名デリク・バーツさん(24)は、ポルノ俳優を守るためには1か月に1度の定期検診では不十分だと訴えました。また、ポルノ業界で働く俳優たちのクリニックであるアダルト産業医療保健基金(Adult Industry Medical Healthcare Foundation、AIM)で検査を受けた後、1か月半もの間、何のケアもなく放置されたこと、しかたなくロサンゼルスのエイズ医療財団(AIDS Healthcare Foundation、AHF)に駆け込んだということも明らかにしました。

 バーツさんは何度も涙をこらえながら「業界の裏にいる有力者たちは、自分たちの映画の出演者を保護するシステムを考える必要がある。10億ドル規模の産業なのに(HIV検査で)陽性だった人間に手を差し伸べることもできない。やるべきことがたくさんある」と語りました。

 バーツさんはポルノ男優の仕事を始めた最初の1ヶ月でクラミジアやヘルペスを患い、ポルノ産業への疑問を抱いたといいます。しかし、そのまま仕事を続け、10月8日、ロサンゼルス郊外のサン・フェルナンド・バレーにあるAIMのクリニックの定期検査で、HIVに感染していると告げられました。ポルノ男優を始めてわずか7か月目のことでした。

「AIMは月ごとの定期検診で性感染症やHIVは防げると言いたがっているが、それは完全に間違いだ。検査は、いま病気を持っているかどうかを調べるだけだ。本当にわが身を守りたかったらコンドームを着けるしかない。今すぐコンドームの使用を義務づけるべきだ。システムが変わるまで、あと何人が自分のような目に遭わなければいけないんだ?」

 米ポルノ映画業界では10月、少なくとも大手プロダクション4社が、バーツさんと共演したことがわかっているすべての男優・女優のHIV検査が終了するまで数週間、撮影を中止したそうです。
 

HIV陽性の米ポルノ俳優が初会見、撮影でのコンドーム義務化求める(AFP)
http://www.afpbb.com/article/life-culture/health/2778776/6564152

INDEX

SCHEDULE