g-lad xx

NEWS

石原発言に各方面から批判の声が上がりました

 石原都知事の発言に対し、各方面から批判の声が上がっています。

 13日放送の情報番組『5時に夢中!』(TOKYO MX)では、マツコ・デラックスさんが「同じ土俵に立ちたくないので言うつもりはなかった」と前置きしながら、ふだん見せない真剣な表情で「同性愛者や女装に全ての人が好意的でないことはわかっているし、そうした意見も個人の感想としてあってしかるべきだと思ってる。しかし、公人としてそうした発言をする石原都知事が性描写規制を進めているということについて、全て信憑性なくなるよね。あの発言は狂ってますよ」と語りまた。
 このコメントはネットでも話題になり、Youtubeにマツコさんのコメントがアップされるや、1日で約1万5000回以上視聴され、「よく言った! マツコさんに同意!」「こういうコメントをする人が民放にいないんだよね」「東京都のローカルであるMXテレビで言ってるのがすごい」といった反応が多数寄せられました。

 また、社民党の福島みずほ党首は、15日の定例記者会見で、「東京都青少年健全育成条例の改正は表現の自由から問題がある」としたうえで、「社民党は、同性愛の人たちや性同一性障害の人たちの問題に取り組んできた。知事の発言に当事者のみなさんが大変怒り失望しており、この声は私のもとに伝わっている。"足りない" という発言は問題だ。同性愛者は足りないのではない。異性愛者と同性愛者が社会にいて、足りている、足りていない、という問題ではない。同性愛者は十全に生きている」と語りました。「私もゲイパレードや様々な活動に参加してきた。石原知事が人権週間にこうした同性愛のみなさんへの配慮に欠けた発言をするのは極めて問題だ。もし、思春期の悩んでいる子供が”足りない”と言われたら大変ショックを受けるのではないか。石原知事の発言は人権に対する配慮に全く欠けている。極めて問題であり強く抗議する」

 ゲイコミュニティ内でももちろん、たくさんの批判や怒りの声がTwitterやmixiなどで発せられました。
 Ronさんという方は、「石原都知事の発言を受けて「なにか出来ないか」と思う人で集まりませんか?」と呼びかけ、13日、パフスペースでミーティングを開きました。40人以上の人たちが集まり、これまでの石原発言の経緯を振り返ったり、世田谷区議の上川あやさんのお話を聞き、質問や意見を言い合ったそうです。上川さんは、議会や行政に対してどういう働きかけができるか、というお話をしてくださったそうです。
 今後もさまざまな動きがあると思います。続報をお伝えしたいと思います。(編)


  
石原都知事に「あの発言は狂ってる!」 マツコ・デラックス、青少年条例で激怒(J-CASTニュース)
http://www.j-cast.com/2010/12/14083475.html

社民党・福島みずほ党首が石原発言に反論(ゲイジャパンニュース)
http://gayjapannews.com/news2010/news42.htm

INDEX

SCHEDULE