g-lad xx

NEWS

セルビアのプライドパレードで反対派が暴徒化


セルビア正教のイコンを掲げて
同性愛に抗議する反対派の人々
 時事通信などの情報によると、セルビアの首都ベオグラードで10日、ゲイプライドパレードが開催され、それを阻止しようとしたアンチ派のデモ隊約6000人が暴徒化し、158人が負傷、249人が警察に拘束されたそうです。

 デモ隊はパレードの警備に当たっていた警官隊と衝突。火炎瓶や石を投げ、警官隊は催涙弾を発射して応戦しました。暴徒はパレードを支持したタディッチ大統領に反発し、与党・民主党の本部に放火しましたが、火はすぐに鎮火され、負傷者はありませんでした。ほかにも、政府系テレビ局を襲撃したり、商店を略奪するなどしたそうです。市中心部のテラジエ広場には、暴徒が投げた石や瓦礫が散乱しました。


暴力に屈せず、行進を続ける人々
 セルビア社会には、現在も同性愛に対する根深い偏見があり、同性愛者であることを公表している人たちは日常的な差別に遭っているといいます。同国では2001年に初めてゲイプライドパレードが開催されましたが、極右による激しい妨害に遭いました。また、2009年のパレードは参加者の安全が保証できないとの理由で中止されているそうです。

 タディッチ大統領は「セルビアは全市民の人権を保障している。暴力で脅かす行為は許されない」とデモ隊を非難しました。市当局によると、騒乱の被害額は推定100万ユーロ(約1億1400万円)に達するそうです。

 

デモ隊暴徒化、158人負傷=セルビア(時事通信)
http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2010101200064

ゲイパレード開催で反対派が暴徒化、セルビア(AFP
http://www.afpbb.com/article/disaster-accidents-crime/crime/2765607/6313713?utm_source=afpbb&utm_medium=topics&utm_campaign=txt_topics

INDEX

SCHEDULE