g-lad xx

NEWS

マレーシア唯一のセクシャリティの権利についての祭典「セクシャリティ・メルデカ」が開催されました。

 2010年10月13日(水)から17(日)にかけて、クアラルンプールにて、セクシャリティの権利についての祭典「セクシャリティ・メルデカ」が開催されます。ライブ、フォーラム、ワークショップ、映画の上映など様々なイベントが予定されています。

 メルデカ(Merdeka)とは元々マレーシアの独立記念日(8月31日)のことです。セクシャリティの”独立”を願って名付けられたのだそうです。2008年から開催され、今年で第3回目を迎えます。昨年度は、おおよそ800人〜1000人の動員があったのだそうです。
 今年のスローガンは「We Are Family!」です。独立と平等を求めるための連帯を、あらゆるセクシャリティの人たちに呼びかけたものです。

 共催者の一人であるジェローム・クガンさんは、オープンリーゲイのシンガーソングライター、作家です。彼はマレーシアではあまりにも多くの人たちが、同性愛嫌悪や暴力、差別を恐れながら生きていると考えています。「マレーシアにはコミュニティの中に、セックスや、性的アイデンティティや、セクシャリティの権利について語ることのできる場所がとても少ないので、その必要性を強く感じている」と話しています。

 有力な政治家がソドミー法(同性間性行為の罪)のために失脚、投獄された事件が記憶に残るマレーシアですが、少しずつ育ってきているこの性的マイノリティの権利を求める活動を応援したいと思います。(門戸大輔)

メルデカの会場であるアネックスギャラリーのウェブサイトにイベントの詳細が掲載されています。(英文)
http://www.annexegallery.com/

ジェローム・クガンさんへのインタビューはウェブサイトfridaeで読むことができます。(英文)
http://www.fridae.com/newsfeatures/2010/10/12/10374.jerome-kugan-seksualiti-merdeka

INDEX

SCHEDULE