g-lad xx

NEWS

グウェン・ステファニーの夫がゲイだったことをカミングアウト

 イギリスのロックバンド「Bush(ブッシュ)」のボーカルをつとめ、現在はグウェン・ステファニーの夫として知られているギャヴィン・ロスデイルが、10代の頃にやはりミュージシャンであるマリリンことピーター・ロビンソンとつきあっていた(ゲイだった)ことを認めました。

 1995年に出版されたボーイ・ジョージの自伝本『Take It Like a Man』の中でギャヴィンが10代の頃にマリリンと交際していたと暴露しましたが、ギャヴィン自身は長年、この関係を否定していました。が、2009年にはマリリンが『イン・タッチ』誌に2人の関係のことを語っており、このたびついに、ギャヴィン自身も『Details』誌のインタビューで認めました。彼は「あの疑惑が出た時は(ギャヴィンがボーカルを務めるバンド)『ブッシュ』を結成したばかりだったから、認めるわけにはいかなかったんだ。17歳の時は、人生についてまだ学んでいる時期だった。良い人生経験になったよ。今は僕は自分が何を好むのかを知っているんだ」と語り、今は妻であるグウェン・ステファニーと良い関係を持っていると強調したそうです。
 
 一方、マリリンは83年にシングル「Calling Your Name」でデビューし、ニューロマンティックの旗手として登場し、日本でも一時期話題となったミュージシャンです。もともとボーイ・ジョージとも友人で(恋仲を噂されていたそうです)、ともに80年代からカミングアウトしていたオープンリー・ゲイのミュージシャンです。(詳しくはこちら

 当事者にとっては遠い過去のことでしょうが、隠されていたことがこうして堂々と認められ、公になることで、それが「疑惑」ではなくなり、みんなが晴れ晴れしい気持ちになるのは素敵なことですね。(後藤純一)

 
グウェン・ステファニーの夫が過去のゲイ関係を認める(楽天woman)
http://woman.infoseek.co.jp/news/celebrity/story.html?q=hollywood_14Oct2010_12472

INDEX

SCHEDULE