g-lad xx

NEWS

オバマ大統領、いよいよ同性婚実現に向けて所感を表明

 

 12月22日水曜日、同性愛者の米軍勤務を解禁する法案へ署名をした数時間後、オバマ大統領は、米国での同性婚の実現について対話をはじめる用意があることを示唆しました。

 この日の記者会見で、オバマ大統領は、結婚の平等は「常に進化している」とレポーターに語りました。オバマ氏は、大統領選の公約にも掲げている通り、主としてシビルユニオンを支持する意向です。が、「私は同性パートナーにとってシビルユニオンが十分なものではないと知っている」と語りました。
「議論を続けるべき問題だと思う。そして個人的には前進に向けて闘うつもりだ」

 この記者会見で、ABCのジェイク・タッパー記者がオバマ大統領に「米軍内で、結婚した男女と同じように同性カップルの権利も認められるべきだとお考えですか?」と質問すると、大統領は「前にも述べたように、これは軍に限った問題ではなくなっている。私たちの社会全体へ広がっていることだ。そのことについて我々はもっと話し合うべきだと思う」と語りました。

 また、同記者会見で、バーニー・フランク下院議員(オープンリー・ゲイとして最も長く議員を務めている人で、2009年の『OUT』誌の「アメリカで最もパワーを持つゲイ50人」のトップに選出されました)も演壇に立ち、20年近い歳月を経てようやく同性愛者の従軍を禁止する政策が撤廃されたことに、感激で目に涙を浮かべながら、こんなスピーチをしました。
「同性愛者にとっての根本的な政治課題とは、ヘイトクライム(ゲイバッシング)から保護されること、結婚できるようになること、職に就けるようになること、国のために戦えるようになることだ。これらの実現を急かす人たちに言いたい。『2つ落とした、あと2つで優勝だ』(希望を失わず、1つ1つ勝って行こう)」
 このスピーチには大きな拍手が送られていました。(リンク先に動画も貼られていますので、見てみてください)


Obama Open to Marriage Talks(Advocate.com)
http://www.advocate.com/News/Daily_News/2010/12/22/Obama_Open_to_Marriage_Talks/

Barney Frank Reveals Gay Agenda(Advocate.com)
http://www.advocate.com/News/Daily_News/2010/12/22/Barney_Frank_Reveals_Gay_Agenda/

 

INDEX

SCHEDULE