g-lad xx

NEWS

レディ・ガガのニュー・シングル、『Glee』でカバーされることが決定

 レディ・ガガのアルバム『The Fame Monster』が2010年に全世界で最も売れたアルバムに認定されました。ガガはTwitterに「信じて一生懸命頑張れば、夢は必ず叶うのよ」と喜びのコメントを綴りました。
 日本でも、1月5日に発表された日本ゴールドディスク大賞の洋楽部門の大賞に輝いています(ちなみに新人賞は少女時代とKARAでした)
 CDやダウンロードの売上げだけでなく、ガガは、2010年最も売れたカバー・ガールであることも証明しました。『Alejandro』のPVをイメージしたマシンガン・ブラ姿のガガが表紙を飾った夏の『ローリング・ストーン』誌が、平均の3倍を超える部数を売り上げ、2010年の圧倒的なトップセラーになったんだそうです。(詳しくはこちら
 

 あらゆる意味で成功を収め、それだけでなく、ゲイの支援やHIVチャリティなどにも本気で取り組む希代のゲイ・イコンは、2011年になった瞬間、背中に「Born This Way」と書かれた革ジャン+お尻まるだしな写真(右)をTwitterに掲載し、ニュー・アルバムを5月23日に、ニュー・シングルを2月13日にリリースすることを発表しました。
 これを見たファンの多くは、この写真がニュー・アルバムのジャケ写なのでは?と思ったことでしょうが、『Entertainment Weekly』誌の発表によると、今回の写真は単なるティザー広告(商品を詳しく紹介せずに好奇心をあおる「じらし」広告)で、シングルやアルバムのジャケットには使用されないそうです。
 2月13日はグラミー賞の授賞式の日でもあり、6部門にノミネートされているガガは、グラミー賞授賞式会場で新曲を披露するのでは?と見られています。
 
 そんな、世界が注目するガガの『Born This Way』ですが、まだ披露も発売もされていないにも関わらず、人気ドラマ『Glee』でカバーされることが決まっているそうです。
 クリエイターのライアン・マーフィは、『Entertainment Weekly』誌のインタビューで『Born This Way』を披露するエピソードが3月か4月に放送されると語りました。ストーリーは、いつもゲイのカートをいじめているアメフト部のデイブ(実はカートが好きなのでは?と見られている)にスポットを当てており、マーフィが『Born This Way』を選んだ理由は「そのエピソードを通じて表現したいテーマにインスピレーションを与える力を持っているから」だそうです。
「僕はその曲が賛歌だから好きなんだ」とマーフィは語ります。
「このショーを演じるのは楽観的に生まれついたメンバーたち。デイブは酒やクスリ、アルコールに溺れて自殺するか悪事に走るようなキャラクターだと思う。でも、僕は彼らが大好きだし、ハッピーになってほしいと思ってるんだ。最後がどうなるかはわからないけど、曲の世界観に基づいたエピソードをつくる予定だよ」
 
 
 
レディー・ガガの『The Fame Monster』、2010年最も売れたアルバムに(BARKS)
http://www.barks.jp/news/?id=1000066747

レディー・ガガ、ニュー・アルバムについて発表(BARKS)
http://www.barks.jp/news/?id=1000066800

INDEX

SCHEDULE