g-lad xx

NEWS

韓国でゲイマーケットが注目されはじめているそうです

 朝鮮日報に「韓国で拡大する『ゲイ市場』」という記事が掲載されていました(上中下の大作です)

 ソウル・梨泰院(イテウォン)の消防署通り。この一帯で最も客が多いゲイクラブに通う20代の女性のことから話が始まります。彼女は「週末の夜には人がいっぱいで階段にまで行列ができるので、空いている平日の夜に来た」と語ります。
 この店のマネージャー(35)は「観覧料1万ウォン(約740円)の女装ショーがある日は、30坪ほどの空間に150人から200人以上の人が集まる」と話します。ゲイクラブとしてオープンしましたが、5〜6年前から一般客が増え始めたそうです。「1〜2年前から売り上げが2倍になったが、客のうちゲイは20%だけ。大部分はストレート女性です」
 女装した従業員(32)は「ちょっかいを出す男がいない上、ゲイに対する抵抗感も少なくなってきたので、女性客が多く訪れるようになった」と語りました。
 
 韓国ではゲイ・マーケティングに財布を開く一般人が徐々に増えているといいます。ドラマやブランド広告でゲイの「洗練された消費傾向」が注目されるようになったため、と見られているそうです。ファッション・コラムニストのファン・ウィゴン氏(43)は、「ゲイに人気のある商品や文化コンテンツが流行になり、広まっている」と指摘しました。
「アイドルグループ・SHINeeのスキニージーンズやまだら模様の服などは、もともとゲイがクラブに行く際に着る典型的なスタイルでした。歌手ピ(rain)の腹筋ダンスやパク・ジニョンのウェイブも、もともとはゲイが男性を誘惑する際に踊るダンスだったのです」


サンフランシスコ・プライドで歌うBoA
 歌手のBoAは2009年、サンフランシスコ・プライドでエンディングのステージを飾りました。Youtubeでは、BoAがロサンゼルスのゲイクラブのステージに登場し、客席から「BoA!」と歓声を浴びる動画が流れています。BoAの所属事務所は「当時、他の州のゲイフェスティバルからも出演依頼が多かったが、世界最大のゲイフェスティバルであるサンフランシスコ・プライドに参加した。2008年にはレディ・ガガが同じ舞台に立った」と語っているそうです。(日本のパレードにもぜひ!と思った方も多いハズ)

 ゲイによってゲイのために生み出される消費をピンク・マネーと言います。イギリスのBBCは1998年、ピンク・ポンドに関する記事で、ゲイマーケットの規模を350億ポンド(現在のレートで約4兆5213億円)と推定しました。その後、ゲイマーケティング専門のコンサルティング会社「Outnow」は、2008年に市場規模を810億ポンド(現在のレートで約10兆4635億円)と分析しました。
 ピンク・マネーは30年も前に登場した概念ですが、韓国で注目を集めるようになったのは10年ちょっと前からです。以前に比べ、社会的・経済的影響力のあるゲイが増え、ファッション、旅行、外食などの分野で影響力が大きいことが背景にあります。

 アメリカの『タイム』誌は2006年、男性同士がキスをする場面を取り入れたドルチェ・アンド・ガッバーナのCMを例に挙げ、ゲイ広告が主流メディアに登場する回数が増えていると報じました。韓国でも2005年に男性同士がカップル料金を申し込むという通信会社のCMが流れたそうです。また、先月発売された某スマートフォンのCMでは、男性2人が体を密着させて顔を撫でるという場面が登場したそうです。広告会社TBWAのクリエイティブ・ディレクター、パク・ウンヒョン氏(50)は「国内では、消費者に『ゲイ・コード』が隠れているのかどうか、混同を与える手法を取り入れるだけ。本格的にゲイ・マーケティングに乗り出すのはリスクが高いため、避けている」と語りました。

 ゲイ・マーケティングには、20代〜30代女性の「幻想」も大きな役割を果たしているといいます。ファン・ウィゴン氏は「ドラマの影響からか、ゲイの友達がほしいと思う女性が多くなっている」と語ります。
 
 ソウル・新沙洞(シンサドン)のカロスキル(街路樹通り)にあるカフェで働く約10人の男性従業員は、外見はそれぞれ違いますが、ジェスチャーが豊富で、ソフトな声の持ち主だそうです。
 従業員のシンさん(23)は、「たまにお客さんが私たちをゲイと間違えることがあるが、実際は全員ストレートだ」とコメント。ゲイではないが「ゲイのような」立ち居振る舞いで客を集めるそうです。従業員のキムさん(30)は「女性のお客さんが、女性っぽいジェスチャーや繊細な言葉使いが気楽でいいと言うので、自然に『ゲイ・スタイル』を真似するようになった」と語りました。

 韓国では、2000年にタレントのホン・ソクチョン氏がゲイであることをカミングアウトしましたが、出演していたテレビ番組を降板させられ、とても厳しい時期を過ごしたそうです。が、彼は2002年に梨泰院にレストランをオープンし、今では6店にまで拡大したそうです。ホン氏は「実際には、従業員にゲイは多くないけど、大部分が繊細かつしなやかで感覚的。客の70%を占める女性たちが(そのような男性従業員を)特に好む」と語りました。

 「ゲイに対する幻想と嫌悪が共存する韓国。それでも『金儲けできるゲイ』という認識は徐々に高まっている雰囲気だ」と記事は締めくくられています。(編)

 
韓国で拡大する「ゲイ市場」(朝鮮日報)
http://www.chosunonline.com/news/20110116000028
http://www.chosunonline.com/news/20110116000029
http://www.chosunonline.com/news/20110116000030

INDEX

SCHEDULE