g-lad xx

NEWS

ジョナサン・ナイトが正式にカミングアウト

 ティファニーによってTV番組の放送中に(放送事故のように)アウティングされてしまったニュー・キッズ・オン・ザ・ブロックのジョナサン・ナイトですが、このたび、正式にカミングアウトしました。

「心配してくれたファンのみんなへ」というタイトルで、ナイトは会員制blogに自身のセクシュアリティのことを表明しました。

「僕は自分以外の誰にもアウトされたことはなかった! 僕がそうしたのはもう20年も前のことだ。ニュー・キッズ・オン・ザ・ブロックを再結成したという理由で公にしなくちゃいけないなんて、思ってもみなかったよ! 僕はとてもオープンに生きてきたし、ゲイだってことを隠してこなかったからね」
「僕はオープンで正直に生きたいと思ってる、でもこれ以上私生活を話すつもりはないんだ! バンドのメンバーたちが私生活や誰とつきあってるかなんてことを言わないように、僕がゲイだからってそれを言わなきゃいけないなんて!」

 本人にとっては青天の霹靂というか、不本意な形ではありましたが、こうしてジョナサン・ナイトは晴れて正式にカミングアウトしました。

 『エンターテイメントウィークリー』には、「ニュー・キッズ・オン・ザ・ブロックの中でのジョナサンの人気といえば、今まで3番目か4番目だったけど、このカムアウトでNo.1になった。彼のTwitterを見ると、すごくセンスがあることがわかる。彼はリスペクトされるべき」と讃える記事が掲載されていました。
 

 ボーイズ・グループのメンバーのカミングアウトと言えば、MENUDOのリッキー・マーティンを筆頭に、ボーイゾーンのスティーブン・ゲイトリー、インシンクのランス・バス、Westlifeのマーク・フィリーが知られています。あまり有名ではありませんが、リッキーと同じMENUDOのアンジェロ・ガルシアもいます。そして今回、ニュー・キッズ・オン・ザ・ブロックのジョナサン・ナイトもそのリストに加わることになりました。
 女子の人気に支えられているボーイズ・グループでは、なかなかゲイであると明らかにするのは勇気が要ることでしょう。が、こうして、これだけ多くの方が(多くは解散後であるとはいえ)カミングアウトしてきたのは、本当にスゴイこと。10代のゲイの子たちに大いなる希望を与えることと思います。拍手!です。(編)


Jonathan Knight From New Kids On The Block: 'I'm Gay' (On Top Magazine)
http://www.ontopmag.com/article.aspx?id=7436&MediaType=1&Category=22

Jonathan Knight 'officially' comes out (and suddenly becomes your favorite New Kid?)(EW.com)
http://popwatch.ew.com/2011/01/29/jonathan-knight-comes-out-gay/

INDEX

SCHEDULE