g-lad xx

NEWS

ブルース・ラ・ブルースの写真展&映画上映会開催

 ゲイの映画監督、ブルース・ラ・ブルースの写真展が、現在、銀座のヴァニラ画廊で開催されています。
 
 ブルース・ラ・ブルースは80年代に超低予算のポルノアート・フィルムで評価され、ガス・ヴァン・サントにも大きな影響を与えたそうです。90年代以降、『ノー・スキン・オフ・マイ・アス』(1990)、『ハスラー・ホワイト』(1996)、『スキン・フリック』(1999)、『ラズベリー・ライヒ』(2004)といったセンセーショナルな長編作品を発表し、クィア・フィルムの代表格として世界的な人気を博しました。

 今回の展覧会では、2000年から2010年のあいだの実験的パフォーマンスを綴った記録をポラロイド作品300枚以上におさめたシリーズ「Polaroid Rage: Survey 2000 - 2010」(2011年2月にポルトガルのThe Wrong Weather Galleryにて発表され、非常に高い評価を得ています)と、自身が監督した映画『OTTO ; or, Up with Dead People』(2008)および『LA ZOMBIE』(2010)からの新作写真もあわせて展示されます。

 『LA ZOMBIE』は、フランスの有名なポルの男優、フランソワ・サガが主演をつとめる「ゲイポルノゾンビ映画」で、宇宙から来たゲイのゾンビがロサンゼルスのストリートを徘徊しながら男性を次々にファック…という内容です。公式サイトによると、2010年、権威あるロカルノ国際映画祭コンペティション部門に正式招待されながらも、オーストラリアのメルボルン国際映画祭では上映拒否、強行上映しようとした映画祭事務局から警察によって上映用マスターが押収され焼却されるなど、世界各地で物議を醸し出している作品です。ゲイポルノとして製作されながらも、性と死と血のオージー(乱交)によって、独特の哀しみと詩情に溢れる世界を作り出し、「ゾンビとポルノの本当に美しい融合…」と監督自身が語るように、残酷な美しさに満ちています。日本公開絶望と思われていた衝撃作が今回限りの特別上映となりますので、ブルースファンの方、関心のある方、ぜひご覧ください。15日(金)、16日(土)、18日(月祝)には特別上映も行われます。16日(土)は田亀源五郎さん&鈴木章浩さんをゲストに迎えたトーク付き上映会となります。

 ちなみに主演のフランソワ・サガは、TitanMediaなどのビデオレーベルに出演してきたポルノ男優ですが、俳優としても活躍しています(『SAW Ⅳ』などにも出演)。髪型(というべきか?)に特徴があるのでご存じの方も多いことでしょう。2010年、『LA ZOMBIE』で主役をつとめただけでなく、クリストフ・オノレ監督の『Homme au bain(Man at Bath)』にも主演し、ロカルノ国際映画祭ではこの2作ともがプレミア上映され、フランソワ・サガは同映画祭で2作品に主演した唯一の俳優となりました。


ブルース・ラ・ブルース写真展
会期:〜7月23日(土)
会場:ヴァニラ画廊
入場料:500円

※展覧会特別イベント
ブルースラブルース監督作品『LA ゾンビ』特別上映!
7月15日(金)19時半開場 ¥1,300(1D付)
上映のみ 
7月16日(土)18時開場 ¥1,800(1D付)
上映&作品解説&スニークプレビュー(題名などを知らせない秘密の試写会) トークゲスト:田亀源五郎&鈴木章浩
7月18日(月祝)18時開場 ¥1,300(1D付)
上映のみ 

Bruce LaBruce "L.A. Zombie"

INDEX

SCHEDULE