g-lad xx

NEWS

森栄喜さんの写真集発売&展示&撮影会のお知らせ


『tokyo boy alone』
森栄喜
/デザイン:アーロン・ニエ/
発行:レボリューション・スター・
パブリッシング(台湾)/日本販売元:
ナナロク社/
定価:3,150円(税込)/
B5変型
、232ページ
 こちらの記事で紹介した森栄喜さんの写真集「tokyo boy alone」が発売され(なんと、吉本ばななさんと吉田修一さんが推薦コメントをくださっています)、現在、青山ブックセンター本店(青山)でディスプレイ展開されているほか、表参道のカフェ『gossip』で展示も行われています(8月14日まで)。『gossip』では12日(金)に『TOKYO BOY NAKED』と銘打ったヌード撮影会も開催されます。全裸でなくても上裸とかでもOKで、周囲から見えないような特設の撮影場も設けられるそうです。この機会に森栄喜さんに撮ってもらいたいと思うかたはぜひ、お出かけください。(詳しくはこちら


『OSSU 日本男児ISSUE』
霧島透、竹之内祐幸、ミヤギフトシ、森栄喜
/20x14cm、86ページ、カラー/
ユトレヒト/1050円(税込)
 また、森栄喜さん、霧島透さん、竹之内祐幸さん、ミヤギフトシさんという4人のアーティストによって、男による男についてのPhoto-Zine『OSSU』が創刊され、絶賛発売中です。
「毎号、男らしいテーマのもと、メインメンバーによるフォトエッセイのほか、性別やセクシャリティを問わず、様々なゲストコントリビューターによる作品を収録。第1号となる『日本男児ISSUE』では、Fumiko Imano、TwoTom、花代をゲストに、その雄々しいタイトルの通りに日本における男性性を掘り下げる。男性性の揺らぎをそれぞれの視点で密やかに広げてゆく。台湾のアートディレクター、アーロン・ニエによる凝ったデザインも印象的。今まで表層化することがなかった男性による男性像を、とても前向きな視点からみせてゆく。年2回発行予定」だそうです。
 創刊を記念し、8月13日(土)にユトレヒト(カフェ)のテラスで1日限りの「OSSUアフタヌーンバー」がオープンするそうです。OSSUの作家さんたちが、お越しいただいた男性の方をモデルに撮影を行い、その場で即興でZINE(手作りのアートブック)を作成するそうです(モデルの方には事前に許可をいただきますので、ご安心ください)。(詳しくはこちら

 猛暑な日が続きますが、今週末は、ちょっとクールにゲイアートを楽しんでみるのも素敵じゃないでしょうか?(編)

INDEX

SCHEDULE