g-lad xx

NEWS

北朝鮮で同性愛者が死刑に

 これまで、北朝鮮で同性愛が合法なのか違法なのかはよくわからず、(生きづらいとしても)とりあえずは合法なのではないかとみられていました(GayJapanNewsでは「未知」、GEIRO.orgでは「公共の場で愛を確かめ合うことに対しては、異性愛であろうとも難色が示される」という注釈付きで合法であるとされていました)
 しかし、実態は予想以上に厳しいものでした。

 9月28日、自由北朝鮮放送(北朝鮮向けラジオ放送)が、国内で同性愛者が摘発された場合、「風紀紊乱罪(社会風俗と道徳を乱す罪)」ではなく「資本主義思想に染まった罪」として公開処刑とする、という発表を行いました。そして、北朝鮮の咸鏡北道・清津市で先日、在日コリアンの女性同性愛者らが摘発され、公開処刑となったというショッキングなニュースも伝えました。当局は、公開処刑した理由について「女性らは家に集まり、淫らな行為をした」「日本から習ってきた腐った資本主義思想に染まり、風紀紊乱行為をした」と述べています。
 韓国メディアがこの件を相次いで報じ、注目が集まっています。韓国のネット上では「処刑された在日同胞は、北朝鮮によって拉致されたのか」「同性愛=資本主義思想に染まった罪! 罪名がすごい」などといった北朝鮮への非難が殺到しているそうです。

 同じ日本に住んでいたレズビアンの方たち…もしかしたらどこかで会っていたかもしれない方たちが、ただ同性どうしで愛し合ったというだけで死刑になるなんて…言葉を失います。本当に無慈悲で残酷な…あってはならないことです。心からご冥福をお祈りします。
 そして、韓国だけでなく日本でも、この人権侵害への抗議活動が起こっていくことを強く願うものです。


北朝鮮で同性愛者は公開死刑、「資本主義に染まった罪」=韓国(サーチナ)
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2011&d=0929&f=national_0929_136.shtml

INDEX

SCHEDULE