g-lad xx

NEWS

レディ・ガガ、「チャリティに貢献したセレブ」ランキングで2年連続1位に

 日本への愛を示すかのような着物風のドレスで24日に帰国し(写真右)、25日にはクリスマスプレゼントとして未発表曲『Stuck On Fuckin' You』を世界のファンたちに無料配信でプレゼントし、また、ビデオ収録の形で紅白出演を正式に決めたレディ・ガガ(24日のNHKの発表によると、ガガは歌だけでなく、東日本大震災で被災した日本を励ますメッセージも届けるそうです)。そんなガガが、「チャリティに貢献したセレブ」ランキングで2年連続1位に選ばれました。

 10代の若者に社会貢献活動を促す慈善団体「DoSomething.org」が、チャリティに貢献したセレブリティを評価する「Top 20 of Celebs Gone Good」の2011年版のランキングを発表し、2年連続でレディ・ガガが1位に選ばれました。
 ガガは、かねてから同性愛者支援やHIVチャリティなどの社会貢献活動に積極的でしたが、今年は14歳のゲイの男の子の自殺を受けていじめをなくすようオバマ大統領に直訴したり、自ら「ボーン・ディス・ウェイ財団」を立ち上げたことが大きく評価されたそうです。
(アフリカの子どもたちとかではなく、ほとんどがゲイ支援なわけですが、それが社会貢献活動として1位に選ばれるほど高く評価されたというのもスゴイことです)
 
 ランキングを見ると、7位にオープンリー・レズビアンの人気司会者であるエレン・デジェネレスが、8位にバイセクシュアルであることをカミングアウトしているアンジェリーナ・ジョリーが(ブラッド・ピット&アンジェリーナ・ジョリー夫妻は「同性婚が認められるまで自分たちも結婚しない」と宣言していることで有名です)、また、16位に『glee』のレイチェル役で知られるリア・ミシェルが、18位には同性婚支持を表明するタトゥーを入れたことが話題になったマイリー・サイラスがランクインしていました。


レディー・ガガ、慈善活動セレブランキング2年連続1位に(映画.com)
http://eiga.com/news/20111227/13/

INDEX

SCHEDULE