g-lad xx

NEWS

女優のクリスティ・マクニコルがカミングアウト

『リトル・ダーリング』『泣かないで』『さよならジョージア』などの映画に出演し、そのボーイッシュな魅力で80年代初めには日本でもテイタム・オニールやジョディ・フォスターらと並ぶアイドル的人気を博していた女優、クリスティ・マクニコルが、レズビアンであることをカミングアウトしました。

 『ピープル』誌によると、現在49歳のクリスティは、すでに10年以上も映画界から遠ざかっており、実質的には女優業から引退していますが、にもかかわらず、今回あえてカミングアウトを決意したのは「50歳を迎える前に、自分が何者であるかをオープンにしたい」ということ、そして「同性愛を理由にイジメを受けている子どもたちのニュースにとても心を痛めており、自分がカミングアウトすることで、何か助けになることができれば」との気持ちからだそうです。

 パブリシスト(広報担当)によると、クリスティ・マクニコルは現在、テニスやヨガをしたり、ミニチュアダックスフントを飼ったりしながら、20年来のパートナーであるマーティ・アレンさんと幸せに暮らしているそうです。「彼女はとても幸せで、健康的に過ごしています」「プライベートな人生を楽しんでいるのです」


「リトル・ダーリング」クリスティ・マクニコルが同性愛をカミングアウト(映画.com)
http://eiga.com/news/20120110/8/

Kristy McNichol Wants to 'Be Open About Who I Am'(People.com)
http://www.people.com/people/article/0,,20559567,00.html

INDEX

SCHEDULE