g-lad xx

NEWS

星屑スキャットがメジャー・デビュー!

 ゲイシーンでおなじみのドラァグクイーン歌謡ユニット「星屑スキャット」がメジャー・デビューを果たすことが決定しました。

 星屑スキャットは、昨年3月に『若いってすばらしい』でメジャー・デビューを果たしたミッツ・マングローブさん、2007年にCDを発売しているギャランティーク和恵さん、そして「沖縄ナイト」などで美声を披露してきたメイリー・ムーさんの3人からなるユニット。2005年の結成以来、新宿二丁目をベースに、レインボーマーチ札幌から沖縄のゲイナイトまで、文字通り全国を股にかけて活躍してきました。
 そんな3人のエンタテインメント性の高さとバリエーションの広さに将来性を感じたレコード会社のディレクターが3人を説得し、今回のメジャー・デビューにこぎつけたといいます。近年、ハーモニーが美しい実力派の歌謡グループは少なく、レコード会社も「歌謡界の新風になるのでは」と期待を寄せています。
 デビュー楽曲は「スター誕生!」出身の女性3人組アイドル「ギャル」が1978年にリリースした『マグネット・ジョーに気をつけろ』(作詞:阿久悠 / 作曲:川口真)のカバーだそう。3人が持つ多くのレパートリーの中から「ハーモニーが素晴らしくスリリングな楽曲」であるこの作品が選ばれました。
 星屑スキャット版『マグネット・ジョーに気をつけろ』は、まず2月1日(水)からレコチョクにて先行配信され、2月29日(水)には星屑スキャットの3人が監修・選曲したコンピレーション盤『ヒメのたしなみ3』のボーナストラックとして発売されます。 

 CDジャーナルのニュース記事に3人のコメントが掲載されていたので、ご紹介します。

ミッツ・マングローブさん
「この“星屑スキャット”を結成してから早7年が経とうとしています。歌謡曲の調べに乗せて、果てしなく続く至極の“ごっこ遊び”……。それが“星屑スキャット”です。大好きなレコードジャケットを手に、3人でぼんやりとふくらませていた夢が、こうして現実になる日がやってきました。はじめまして。そしてこれからもどうぞおつきあいください」

ギャランティーク和恵さん
「遠く銀河の彼方で突発的に生まれた3つの星が、紆余曲折の長い旅を経て、とうとう皆様の元へ流れてまいります。全く色も形も違う星なれど、その輝きとハーモニーで、皆様の忘れていた夜の世界を唄と共にお届けできればと思います」

メイリー・ムーさん
「新宿二丁目の穴ぐらのようなクラブではじまった悪ふざけが、とうとう冗談では済まない事態になりました。私たちのあまりの本気ぶりに、寒さでカチンコチンの皆さんのお顔がほころぶこと請け合いです。ぜひお聴きになってくださいね!」


ミッツ・マングローブ率いる女装歌謡ユニット“星屑スキャット”がメジャー・デビュー!(CDジャーナル)
http://www.cdjournal.com/main/news/-/42809

ミッツ率いる3人組、7年越しで夢の歌手デビュー(MSN産経ニュース)
http://sankei.jp.msn.com/entertainments/news/120130/ent12013008090003-n1.htm

INDEX

SCHEDULE