g-lad xx

NEWS

『シカゴ』のプロデューサーが製作したTVドラマ『SMASH』が全米でSMASHヒット中

 ブロードウェイの舞台裏を描いたミュージカルTVドラマ『SMASH』が2月から全米で放映スタートし、早くも今年いちばんの話題作と評判になっています。
 FOXのTVドラマ『glee/グリー』が大ヒットしたことを受けて、NBCがそれを上回るミュージカルを世に送り出そうと、御大スピルバーグと『シカゴ』『ヘアスプレー』のプロデューサー(クレイグ・ゼイダン&ニール・メロン)を担ぎ出して作ったのが『SMASH』です。マリリン・モンローを題材にしたミュージカルの製作に関わる人たちの群像劇で、ハンパなく予算を注ぎ込み、ゴージャスな仕上がりになっていると同時に、ミュージカルものの定番として、当然のようにゲイテイストがちりばめられているそうです。

 まず、ミュージカル・ソングライターのジュリア(デブラ・メッシング)が、やはりソングライターでありゲイでもあるトム(クリスチャン・ボール)と共同で、マリリンのミュージカルを書き始めます。あの『ウィル&グレイス』のデブラがゲイとカラむわけですから、面白くないはずがありません。彼女のちょっとした仕草や動きがいちいち笑いを生む、と評されています。
 それから、『マリリン・ザ・ミュージカル』のオーディションを受けてマリリン役の獲得を目指す二人の女優——ウェイトレスをしながらスターを夢見るカレン(キャサリン・マクフィー:2006年の『アメリカン・アイドル』で準優勝)、そしてトムの親友でブロードウェイでそこそこ実績のあるアイヴィー・リン(メーガン・ヒルティ)の勝負が見どころです(そう、まるでマヤと亜弓のように)。キャサリンは『SMASH』の冒頭、他のミュージカルのオーディションを受ける場面で『Over the rainbow』を歌います(これは『アメアイ』で彼女が歌った曲なのですが、同時にゲイへのアピールでもあります)。また、彼女が劇中で歌ったアギレラの『Beautiful』も大きな反響を呼びました。


クレイグ・ゼイダン(右)&
ニール・メロン(左)
 ちなみに、プロデューサーであるクレイグ・ゼイダン&ニール・メロンは、オープンリー・ゲイで、公私ともにパートナー。二人はニューヨークの演劇界で知り合ってつきあいはじめ、「Storyline Entertainment」というプロダクションを設立し、『アニー』『シカゴ』『ヘアスプレー』といった傑作ミュージカル映画を手がけてきました。

 すでにシーズン2の製作も決まっているこの話題作、日本での放送はまだきっと先でしょうが、今から楽しみです。


スピルバーグ監督がプロデュースする話題のミュージカルテレビドラマ「スマッシュ」とは?(シネマトゥデイ)
http://www.cinematoday.jp/page/N0038584

好調の新ドラマ『Smash』、NBCがシーズン2の製作を決定!(海外ドラマNAVI)
http://dramanavi.net/news/2012/03/smashnbc2.php

INDEX

SCHEDULE