g-lad xx

NEWS

ゴシップのベス・ディットーが同性婚へ


ベス・ディットー(右)と
クリスティン・オガタ(左)
 オバマ大統領が同性婚を支持すると発表したり、東京ディズニーランドが同性カップルの結婚式を認めることがニュースになったり、にわかに同性婚関連の話題がメディア上でにぎやかになっています。

 そんな中、レズビアンであることをカミングアウトしているゴシップのボーカル、ベス・ディットーが、数年来のパートナーであり、アシスタントを務めてもいるクリスティン・オガタと来年結婚すると発表しました。
「来年6月にパートナーのクリスティンと結婚することにします。式はクリスティンの出身地であるハワイで行いたいと思っています」

 2010年、長い間つきあってきた前の交際相手、フレディ・ファギューラとの別離を経験した後、クリスティンとの関係を育んできそうです。
「クリスティンとの関係はずっと私の心の中にしまってきたつもりだったんだけど、実はみんな知ってたの。パーティやクラブに行ってもみんな、『あの二人、いつになったらくっつくのかしら?』っていう調子だったから」
「私のなかにはずっと、自分が裏切行為をしてるんじゃないかっていう後ろめたさがあって。でも、実際にはそんなことはしてなかった。二人の間には何もなかったから。それまでにフレディと9年間交際を続けてきたわけだけど、その間ずっと、いつかフレディとの関係が終わるんじゃないかって心配でならなかった。でも、クリスティンとはそんな心配したことはないし、いつでも満ち足りた心境でいられるの」

 ベスが『オブザーバー』紙に語ったところによると、二人は家族を持つことも考えているそうです。
「20代の時から、私たちの子どもになんて名前をつけるか、話し合ってたの」 
「永遠のパートナーがいるって本当に素敵。彼女を愛しているし、私たちは18歳の時から親友だった。結婚以外のことは全部経験してきたわ」
 
 ゴシップの人気に火をつけたシングル「Standing in the Way of Control」は、ブッシュ政権下、全米で同性婚を禁じるという改憲案が提出されたことについて歌ったものでした。「みんなに同性婚をあきらめないよう、励ます気持ちで書いたのよ」
 ニューアルバム「A Joiful Noise」ももうすぐ発売されます(カイリー・ミノーグのプロデューサーとしても有名なブライアン・ヒギンス等が参加しているそうです)



ゴシップのベス・ディットー、現パートナーのクリスティン・オガタと来年6月に同性婚を行うと発表(RO69)
http://ro69.jp/news/detail/67598

Beth Ditto's getting married(gay star news)
http://www.gaystarnews.com/article/beth-dittos-getting-married070512

INDEX

SCHEDULE