g-lad xx

NEWS

ベトナムでゲイカップルが結婚式を挙げました

 ベトナムのメコンデルタ地方キエンザン省ハティエン町で5月16日、ゲイカップルが結婚式を挙げ、町はお祭り騒ぎとなったとベトナムネットが報じました。

 結婚式を挙げたのはグエン・ホアン・バオ・クオックさんとチュオン・バン・ヘンさんのお二人。式には新郎新婦の親族や友人など100人以上が出席しました。

 同性カップルの結婚式ということで、物珍しさから多くの野次馬が集まり、同性愛者をよく思わない一部の住人が地元当局に通報したそうです。しかし、通報を受けて会場に来た警察官は、集まった野次馬たちを解散させただけで、この結婚式を無事に執り行わせたそうです。

 専門家は、「ベトナムでは同性婚が全面的に禁止されている。同性愛者に対する偏見も根強いため、多くの者は自らが同性愛者であることを公言せず、息を潜めて日々を送っている」と語っています。
 ベトナムの都市部では同性愛者に寛容になってきていますが、農村部では未だに強い偏見が残っているといいます。こうしたなか、農村部でゲイであることをカミングアウトしたお二人と彼らを支えた親族らの勇気を賞賛する声が上がっているそうです。

 ちなみにベトナムでは、2010年12月にハノイで女性どうしのカップルが、昨年6月にホーチミンでゲイカップルが、結婚式を挙げました。今年の2月にもメコンデルタ地方カマウ省で女性どうしのカップルが結婚式を挙げ、このときは警察の摘発で式が中止となったそうです。そういう意味では、今回の結婚式では、同じ地方ながら、当局が無事に同性結婚式を挙げられるように動いたわけで、感動的な話と言えるのではないでしょうか。

 東南アジアではなんと言ってもタイがセクシュアルマイノリティに寛容な国ですが、今後、ベトナムのことが注目されるようになっていくかもしれませんね。
 

キエンザン省:同性愛者カップルの結婚式を地元当局が黙認(VIET JO) 
http://www.viet-jo.com/news/sanmen/120528082137.html

INDEX

SCHEDULE