g-lad xx

NEWS

ソウルでゲイパレードが開催されました

 名古屋でNLGR+(3500人が来場したそうです。近日中にレポートをお届けします)が盛り上がっていた頃、韓国のソウルでは毎年恒例のプライドパレードが開催されました。

 6月2日(土)午後、ソウルのハンビット広場から「2012 Queer Parade」がスタートし、何百人ものLGBTがダウンタウンを歩き、セクシュアルマイノリティへの理解を訴えました。
 日本ではあまり知られていないと思いますが、ソウルでのパレードは2000年から始まり、実に今年で13回目を迎えるそうです。 
 
 『Korea Times』の記事によると、儒教的価値観がとても強く、人前で性的指向について語るのはタブーとされている韓国では、こうしたイベントはとても貴重だそうです。
「このパレードは、セクシュアルマイノリティの人たちが決して世界の中で孤立しているわけではないと認知してもらうこと、ストレートの人とも良好な関係を築くことをめざしています」「今年のスローガンはThe Queer Love Song。伝統的な家族とは異なる新しい家族の形や多様性についてアピールしたい」と、主催団体の方は語りました。
 
 当日、雨は降っていませんでしたが、レインボーの傘をさす人がたくさんいました。ゲイ団体「ゲイ・クリエーション」のフロートでは、ドラァグクイーンや水着姿のセクシーな男の子たちがダンスし、水鉄砲で水をかけたりという演出で盛り上げました。
 パレードの後は、ゲイのグループが音楽を演奏しました(2007年にはジョン・キャメロン・ミッチェルが来場したそうです)。ゲイタウンのイテウォンでは、アフターパーティが華やかに開催されました。

 このパレードは、ソウル最大のクィア・イベント、Korean Queer Cultural Festivalのフィナーレとして開催されました。フェスティバルは5月24日からスタートし、アート展、演劇上演、映画上映、講演会などが開催されたそうです。

週末ソウル都心で「ゲイ パレード」(innolife.net)
http://contents.innolife.net/news/list.php?ac_id=2&ai_id=150452

Queer parade held in Seoul(Korea Times)
http://www.koreatimes.co.kr/www/news/nation/2012/06/113_112306.html

 

INDEX

SCHEDULE