g-lad xx

NEWS

AGPがアンチエイジングについてのシンポジウムを開催

 世間では「アンチエイジング」というキーワードが氾濫しており、関連産業もにぎわっています。みなさんも、スキンケアなど、何かしらのアンチエイジングを心がけていたりするのではないでしょうか?

 医師やソーシャルワーカー、教員などの専門分野の職に就くLGBの団体「AGP」では、アンチエイジング専門医、形成外科医、精神科医を招き、エイジング全般についてのシンポジウムを開きます。体の外からだけでなく内側からも、さらには精神のエイジングも含めて幅広く扱うものになるそうです。
 題して「エイジング vs アンチエイジング」。といっても、 どっちがいいという激論をやろうというわけではなく、「若く美しいことがそんなに価値あることなのかという疑問をなげかけつつも、諦め悪く最新のアンチエイジング情報に目を輝かせたり、あるいは昔のように動かない頭やからだのことをお互いにシェアしませんか?」とのこと。「そして、これからレズビアン/ゲイとして迎える老後のことにも少し思いを馳せましょう」

 興味のある方は、参加してみてください。


2012年度第1回AGP定例会
「エイジング vs. アンチエイジング」
日時:6月10日(日) 開場13:00 13:30〜16:30
会場:新宿区 赤城生涯学習館視聴覚室
資料代:AGP会員700円、一般1200円

INDEX

SCHEDULE