g-lad xx

NEWS

ダイアナ・キングがカミングアウト 、「そうすることが正しいと魂が感じているから」

[+dr.title+]
 1995年に世界的大ヒットとなった「Shy Guy」の歌手として日本でも親しまれているレゲエ・シンガーのダイアナ・キングが、レズビアンであることをカムアウトしました。

 ダイアナ・キングは6月28日、Facebookに「YES!! I AM A LESBIAN」と題した長文を投稿しました。
「私の名前はダイアナ・ユージーナ・キング、ダイアナ・キングとして知られている。ファンは私をキングシンガ(KingSinga)と呼ぶわ。私は……女性であり……母親であり……叔母であり……ジャマイカ人であり……アメリカ人であり……国際的なアーティストであり……歌手であり……ソングライターであり……バンド・リーダーであり……友人であり……恋人であり……起業家であり……女神よ! そして、そう!!! 私はレズビアン。これが、私にもっとも寄せられる遠回しな質問への回答よ。“それがどうした”ってリアクション、大歓迎よ(笑)」
「正直に話すと、オープンにすることは、ずっと怖くてできなかった。私のキャリアや家族、愛する人たちにどんなネガティブな影響を与えるか、わからなかったから」
 それでもカミングアウトを決意したのは、「そうすることがが正しいと魂が感じているから」。
「自分以外に、自分の人生に責任を持つことはできない」
「私を脅かすものをこれ以上気にしたりしない」
「私の最大の後悔は、もっと早くにカムアウトしなかったこと」

 ジャマイカやレゲエ・ミュージック界では同性愛嫌悪が根深く、ダイアナ・キングのカミングアウトは大きな波紋を呼ぶことが想像されますが、彼女自身は「私がずっと抱いていた深い恐怖、それはジャマイカの人たちが長年のホモフォビアによって私を受け入れないということ。それでも私は、国旗を高々と振ってみせるわ。私は自分自身を誇りに思うだけだし、それは誰にも邪魔することはできない」と語っています。また、「私のような人たちを毎日のように迫害し、打ちのめし、牢獄に入れ、強姦し、殺してきたという不快な現実を、私はこれまでずっと、あまりにも多く見てきた。ただ自分自身であろうとする人たちを、あるいは、ただそうではないかと疑われただけの人たちを。私はもうこれ以上待てない」とも語り、「このような現実に共感ができないとしても、少しの間、想像してみてほしい」と訴えています。

 ダイアナ・キングのカミングアウトに対するレスポンスはほとんど肯定的なもので、同じ女性レゲエ歌手のタニア・スティーブンスは「話したいけど、その前に涙が止まらないの」とコメント。ダイアナ・キングは、このカミングアウトに合わせて『FLY(I'd Rather Die Than Live My Live In Fear)』という新曲を公開したほか、かつて自身が参加したカイル・イーストウッドによるティミー・トーマスの名曲『Why Can't We Live Together』のカバーをtweetしています。



ダイアナ・キングがカミングアウト、「ずっと怖くて認められなかった」(bmr.jp)
http://bmr.jp/news/detail/0000013542.html

INDEX

SCHEDULE