g-lad xx

NEWS

ミュージシャンのフランク・オーシャン、初恋の相手が男性だったことをカミングアウト

[+dr.title+]

 LAのHIP HOP集団「オッド・フューチャー」のメンバーとしても知られるR&Bシンガー・ソングライターのフランク・オーシャンが、初恋の相手が男性だったことを自身のブログで明かし、その感動的な声明文が大きな反響を呼んでいます。

 フランク・オーシャンは2011年にアルバム『Nostalgia, Ultra』を発表してブレイクし、ビヨンセのアルバム『4』に「I Miss You」という楽曲を提供したり、ジェイ・Z&カニエ・ウェストのジョイント・アルバム『Watch the Throne』に参加したり、ジョン・レジェンドやジャスティン・ビーバーのソングライティングにも関わり、シングル「Novacane」が米BillboardのHot R&B/Hip-Hop Songsチャートでトップ20入りするなど、注目を集め、これからが期待されているミュージシャン。7月17日に満を持してフル・アルバム『Channel Orange』を発売します。
 
 フランクはその『Channel Orange』のライナーノーツに声明文を掲載する予定でしたが、自身のセクシュアリティに関する噂がインターネットを騒がせたため、一足早くTumblr上で発表することにしたそうです。「これから生まれてくるベビーたちが、俺たちほどクソみたいな状況を受け継がずに済むことを願う」と前置きしたフランクは、次のように記しています。
「4年前の夏、俺はある人と出会った。19歳だった。彼も19歳だった。俺たちはその夏も、その次の夏も一緒に過ごした。ほとんど毎日過ごした。一緒に過ごした日は時間がゆったりと過ぎて行った。1日中、彼と彼の笑顔を見つめていた」
「一緒に眠ることも頻繁にあった。彼に恋していると気づいたときは、もうどうしようもなかった。絶望的だった。逃げることもできなかったし、それまで自分が大切にしてきた、愛していると思っていた女性たちへの気持ちに折り合いをつけることもできなかった」
「俺は友人に自分の気持ちを伝えた。口から言葉が出て行く瞬間、涙が止まらなかった。一度発した言葉は取り戻せないと分かっていたから、とても悲しかった。彼は俺の背中をさすって、優しい言葉をかけてくれた。できる限りのことはしてくれたけれど、同じ気持ちだとは認めてくれなかった」
「彼はすぐに部屋に戻らなければならなかった。夜遅かったし、彼女が上で待っていたんだ。それから3年間、彼は本当の気持ちを教えてくれなかった。俺は何年も相思相愛を想像していただけだったんだと感じた。それでも彼抜きの人生は考えられなかったから、僕は彼と奇妙な友情関係を続けた。自分自身や自分の感情を抑えるのは辛くて、常にうまくはいかなかった」
「もうこれ以上、俺に隠すべき秘密はない。もしかしたら些細なことはあるかもしれないけれど、言いたいことはわかるだろう? 俺は自分が孤独だと感じていたけれど、決して孤独だったことはない。今だって時々そう感じるけどね。でも決して孤独ではなかった。孤独になんてなれないんだと思う。ありがとう。初恋の君へ、感謝しているよ」
「自分の願いどおりではなかったし、思いどおりにはならなかったけれど、俺は感謝している。決して満足できないこともあるのだ。俺は君を忘れない。あの夏を忘れない。君に出会った頃の自分を忘れない。これからもあの頃の君や、俺たちがどんなに変わったか、そして変わらなかったかを思い出すだろう」
 フランクはまた、音楽が自身の支えになったとして、「気を紛らし、正気を保つために、俺は曲を書いた。自分の世界よりもバラ色の世界を作り上げたかった」と語っています。また、母親を含む親しい人たちにカミングアウトしたことを明かし、「母さんへ。あなたは俺を強く育ててくれた。あなたが勇敢だったからこそ、俺も勇敢でいられるんだ。だから、ありがとう」と感謝の意を述べ、「自由になった気がする。もし注意深く耳を傾ければ…この世の終わりだって聞こえてくるよ」と締めくくりました。

 今回のフランクのカミングアウトを受けて、オッド・フューチャーのメンバー、タイラー・ザ・クリエイターはツイッターを通じて「俺のブラザーがついにやった。スゲエ誇りに思う。だって、難しい問題だってわかっているからな」とコメント。
 また、デフ・ジャムの創始者ラッセル・シモンズは、「フランク・オーシャンの勇気と正直な告白に深く感動した。自分の性的指向について公に発表するという君の決断は、今もなお恐怖の中に生きる多くの若者に希望と光を与えるだろう。彼には紛れもない特別の能力がある。その才能は計り知れず、その勇気はとてつもなく素晴らしい。今朝の彼の行動は俺たちの意識を高め、より良い人間にさせてくれるだろう」とツイートしています。
 そして、ビヨンセもフランクへの応援メッセージともとれるひとつの詩を自身のサイト上に掲載しました。「恐れず正直であれ。親切心を忘れず、勇敢に、そして詩的であれ。自由なあなた自身であれ。恋をして、幸福であれ。そして皆を照らしてほしい」


 これまで多くの著名人がカムアウトしてきましたが、フランク・オーシャンの語る言葉には、本当に多くの人たちの心を揺さぶり、胸を打つような感動がありました。これまでアフロアメリカン・コミュニティやHIP HOPの世界では同性愛嫌悪が根強く、なかなかゲイだとは言えないものがあったと思いますが、彼はそうした状況に風穴を開け、また、彼自身も語っているように、同じ境遇の子どもたちにも大きな勇気を与えたはずです。その真摯さと勇気に、心から拍手を贈りたいと思います。もしかしたらこれからさまざまな向かい風に直面するかもしれませんが、困難にも負けず、活躍していってほしいと思います。

 
オッド・フューチャーのフランク・オーシャン、男性との初恋を明かす(MTV JAPAN)
http://www.mtvjapan.com/news/music/21305
新人ヒップホップアーティスト、フランク・オーシャンが異例のカミングアウト(TVGroove.com)
http://www.tvgroove.com/news/article/ctg/1/nid/7789.html
ビヨンセ、カミングアウトしたフランク・オーシャンに詩を贈る(楽天woman Infoseek)
http://woman.infoseek.co.jp/news/entertainment/aolmusic_20120712_51e29ec9ff4a047b844f

INDEX

SCHEDULE