g-lad xx

NEWS

ふとめなゲイと女子高生の友情を描く映画『ふとめの国のありす』が10/6から上映

[+dr.title+]

ふとめの国のありす
2012年/日本/監督:松国美佳
配給: トリウッドスタジオプロジェクト
10月6日から下北沢トリウッドで上映
「ごくせん」の脇知弘さんがゲイの主人公を演じる映画『ふとめの国のありす』が10月6日から下北沢トリウッドで上映されます。
 
 『ふとめの国のありす』は、太めなゲイ・ありす(脇知弘)と孤独な女子高生・うさぎ(木咲樹⾳)、その2人ともから愛される高校教師(坂東工)の3人が織り成す恋愛模様を描いた人間ドラマ。それぞれが不安や悩みを抱えながらも前に進もうとする姿が共感を呼ぶ作品だそうです。
 「自分はゲイだから...」とあきらめて、 好きな人を遠くから⾒つめるだけのありす。「好きな⼈に嫌われたくない」と、 近づくことさえしようとしないうさぎ。「悲しい思いをさせたくない」と、 求められれば誰にだって応える先⽣。全く違う世界に住むありすとうさぎが好きな⼈は同じ人。”優しい”先生だった…

 これは、学生による商業映画製作を目的とした「トリウッドスタジオプロジェクト」の第7弾となる作品だそうで、メガホンを取ったのはこれがデビュー作となる26歳の新人・松国美佳監督。長い学生生活の中で「自分が嫌なことでも、嫌われたくないし相手を傷つけちゃうかもしれないから我慢する」という悩みを抱えていたそうです。この作品では、それでも誰かと向き合いたいと思ってきた監督の考える「人との関わり方」を、好きな人に対して「ゲイだから」とあきらめているありす、「嫌われたくない」と近づくことさえしないうさぎの姿を通して描き出しています。
 松国監督は「みんな、自分の世界を持っていて、でも、他人と向き合うと違っていることが多くて、それなのに、違いを簡単に受け入れたり、強く拒絶したりして、後で辛い思いをしたりします。お互いが相手の世界を尊重して、触れ合っていければいいな」とコメント。

 脇知弘さん演じる気のいいゲイ(お店でバイトもしてるようです)の役は、監督さんの友達がモデルだそう(もしかしたら身近な人かもしれませんね)。プロレス団体に所属するなど、男臭いイメージのある脇さんが、過剰なオネエではない、リアルなゲイを演じてくれるのでは?と期待したいところです。


「ごくせん」脇知弘が太り気味のゲイ役!26歳の新人女性監督デビュー作!『ふとめの国のありす』(シネマトゥデイ)
http://www.cinematoday.jp/page/N0045664

INDEX

SCHEDULE