g-lad xx

NEWS

愛媛LGBT映画祭が朝日新聞で取り上げられました

 12月1日に幕を開けた愛媛LGBT映画祭。翌2日の朝日新聞(愛媛欄)にさっそく取り上げられていました(初日に取材した記者の方が、早々に記事を上げてくれたそうです)
 
 朝日新聞松山総局などが後援する愛媛LGBT映画祭。主催するレインボープライド愛媛のエディさんは「地元の人間が映画祭をしている。都会の問題ではないと気づいて」と訴えました。
 初日は「キッズ・オールライト」の上映後、日本での同性婚をテーマにシンポジウムが行われ、主催するレインボープライド愛媛の方などが「日本の環境で同性カップルが子どもを持つのは難しい」「(自分の)親は孫をほしがっている」などと話し合ったそうです。
 エディさんは「活動を見せることで理解を広げたい。映画を見て、当事者がどんなことに悩み、生活しているのか感じてもらえれば」と語りました。

 この新聞にはほかにも(偶然にも)、東京で行われた人権シンポジウム「性の多様性を考える〜性的指向と性同一性障害〜」の模様が1ページ全面を使って掲載されていました。これは、12月4日から始まる人権週間に合わせた特集だそうです。
 ちなみに、法務省の人権週間のサイトを見ると、年間強調事項として、(14)性的指向を理由とする差別をなくそう、(15)性同一性障害を理由とする差別をなくそう、という項目が設けられています(詳しくはこちら
 
 

多様な愛、伝えたい 愛媛でLGBT映画祭(朝日新聞)
http://www.asahi.com/area/ehime/articles/OSK201212010115.html

浜野監督・パーティ・朝日新聞 愛媛LGBT映画祭(2日目)(ゲイリーマンのカミングアウト的思考)
http://blogs.yahoo.co.jp/deep8822/63789897.html

INDEX

SCHEDULE