g-lad xx

NEWS

フランク・オーシャン、『クラウド アトラス』、『SMASH』などがGLAADメディア賞にノミネートされました

[+dr.title+]

グラミーも期待される
フランク・オーシャン
 第24回目となるGLAADメディア賞のノミネートが発表されました。
 アメリカのメディアにおいてLGBTが公正に表現されることを目的に活動する団体GLAAD(中傷と闘うレズビアン&ゲイ連盟)は、毎年GLAADメディア賞というセレブが多数出演する(多くの企業も協賛する)ゴージャスな授賞式を開催しています。
 
 まず、昨年カミングアウトを果たし、音楽業界でも活躍を見せた(グラミーにも最多ノミネートされた)フランク・オーシャンが、アダム・ランバート、シザー・シスターズ、ゴシップ、ルーファス・ウェインライトらと並んで最優秀音楽アーティスト賞にノミネートされたことが話題になっています(ちなみに昨年の受賞者はレディ・ガガでした)
 
[+dr.title+]

ベン・ウィショーがゲイの作曲家を
演じる映画『クラウド アトラス』
 続いて、最優秀映画賞には、やはり昨年カミングアウトした美形俳優エズラ・ミラーがゲイの役で出演している『ザ・パークス・オブ・ビーイング・ア・ウォールフラワー』、ベン・ウィショーがゲイの天才作曲家を演じている『クラウド アトラス』(ちなみに監督の一人であるラナ・ウォシャウスキーはトランスジェンダーの方です)、トム・ウィルキンソンがゲイの元判事に扮した『マリーゴールド・ホテルで会いましょう』などがノミネートされています。

 また、最優秀TVドラマシリーズ賞には『SMASH』をはじめ、『グレイズ・アナトミー』『トゥルー・ブラッド』などがノミネートされ、最優秀TVコメディ・ドラマシリーズ賞には『glee』『モダン・ファミリー』『ザ・ニュー・ノーマル』などがノミネートされました。

 それから、最優秀ドキュメンタリー賞には、東京国際レズビアン&ゲイ映画祭でも上映された『VITO/ヴィト』や『シェリー・ライト カントリーシンガーの告白』がノミネートされました(ちなみにシェリーは2011年、LGBT活動家のローレン・ブリッツァーと結婚したそうです)

 ニール・パトリック・ハリスとデヴィッド・バートカのカップルを迎えたエピソードを放送したTV番組『オプラズ・ネクスト・チャプター』の司会者オプラ・ウィンフリーも、トークショー部門でノミネートの仲間入りを果たしました。

 TVや映画だけでなく、新聞や雑誌、ネットの記事、コミック作品などもノミネートの対象になっています(全ノミネートのリストはこちら

 GLAADのハーンドン・グラディック代表はこう語りました。
「メディアにおけるLGBTコミュニティの活動はこれからも、歴史的なレベルにまで公平性を求めて活動し続けます。今回ノミネートされた方々は、LGBTの家族や友人、同僚などの価値観や認識が向上しつつある現在の時代を反映しているだけでなく、啓発とエンターテインメントの両面も兼ね備えているのです」
「今や、昔とは違って、メディアの視聴者はゲイやトランスジェンダーのキャラクターやそれに関連したストーリーを受け入れているだけでなく、そういったものを積極的に期待している状況です。これはアメリカ国民がLGBTの人たちを日々の生活の中で貴重な一部分だと認識しつつ、それを求めているからなのです」

 GLAADメディア賞の授賞式は3月から5月にかけてニューヨーク(3月16日)、ロサンゼルス(4月20日)、サンフランシスコ(5月11日)の各都市において3回にわたり発表される予定です。


フランク・オーシャン、GLAADアワードの最優秀音楽アーティスト賞にノミネート(BARKS)
http://www.barks.jp/news/?id=1000086572

同性愛者の擁護団体GLAAD賞ノミネート発表(映画.COM)
http://eiga.com/news/20130118/15/

同性愛などLGBTを称える【GLAADアワード】の選出者発表(サーチナ)
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2013&d=0117&f=entertainment_0117_022.shtml

INDEX

SCHEDULE