g-lad xx

NEWS

台湾のトップスターが同性愛者を支援する無料ライブを開催 

[+dr.title+]

[+dr.title+]

[+dr.title+]
 2013年12月22日、台湾の女性歌手アーメイが台北市内で同性愛者のためのコンサート「愛是唯一」を入場無料で開催、約2万人の観客を集めました。

 張恵妹(アーメイ)は、1996年のデビューアルバム『姊妹』が連続9週売り上げチャート第1位という記録を打ち立て、台湾だけで100万枚以上の売り上げを記録。翌1997年発売のセカンドアルバム『BADBOY』も大ヒットし、台湾のみならず香港・シンガポール・中国を席捲。2002年には『TIME』誌アジア版の「アジアのヒーロー」25人に選出されました(中華圏の芸能人で選出されたのはジャッキー・チェンとアーメイの2人のみ)。2007年、台灣同志遊行(Taiwan LGBT Pride)でレインボー大使を務め、パレード後のステージで歌を披露。2010年、前年のアルバム『阿密特』により金曲奨(台湾のグラミー賞)で最優秀女性歌手賞を含む6部門を受賞(6部門での受賞は金曲奨史上誰もなしとげたことのない快挙)。そして2010年10月30日、台灣同志遊行で2度目のレインボー大使を務めました(阿密特という台湾原住民の名前でカミングアウトしたことへのリスペクトとして、特別に2回目の大使を依頼したようです)。2011年には「同性愛者のみんなが、快適にコーヒーやお酒を楽しめる場を提供したい」として、妹のタレントSaya(張恵春)とともに台北市内の繁華街にカフェバー「A★Bar」をオープンしました。 

 アーメイは台湾のトップスターでありながら、アジア最大級のゲイパレードを同性愛者のよき理解者としてバックアップしてきました。台湾で今年大きなソーシャルイシューとなった同性婚についても、いち早く賛成の声をあげました。台湾のゲイ&レズビアンから絶大な支持を集めているゲイ・アイコンです。
 そうした流れで、アーメイは12月22日、自身が300万台湾ドル(約1040万円)の費用を出し、同性愛者たちを招き、野外コンサート「愛是唯一」を開催。同性愛者の平等な権利を訴え、その愛情を祝福するイベントに、約2万人の観客が殺到しました。レインボーフラッグを振る観客の姿も多く見られ、無料コンサートながら、アーメイは愛をテーマにした22曲を披露し、大サービス。このコンサートのテーマについてアーメイは「愛を尊重すること、一人一人の愛を尊重すること、本当の愛を勇敢に支持すること」と語っていたそうです。 

 その感動的なコンサートの模様は、台湾でも大きく報道されたそうです。


同性愛者応援の歌姫アーメイが無料ライブ、1000万円の自腹で観客2万人―台北市(レコードチャイナ)
http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=80858

INDEX

SCHEDULE