g-lad xx

NEWS

【追悼】伝説のDJ・中村直さんが急逝

 

[+dr.title+]

 伝説的DJであり、二丁目の重鎮でもあった中村直さんが、1月17日、心筋梗塞で急逝されました。

 中村直さんは1981年、第一次ディスコブームを代表するハコだった新宿の「ツバキハウス」でDJ活動をスタート。1984年にはニューヨークに渡り、「Paradise Garage」と人気を二分していた伝説的ディスコ「SAINT」に日本人DJとして初めてレジデントとして迎えられました(あのフランキー・ナックルズらとも交流があったそうです)、1988年、「SAINT」の閉店に伴い帰京。芝浦の「GOLD」の設立に参画しました。以降、「CLUB LOVELY」「PRIVATE PARTY」「HITS」など数々のイベントでDJ活動を続け、2011年にDJ活動30周年を迎えました。リミキサーとしても、BAD ATTITUDE名義でPUFFYやEvery Little Thing、HΛLなどの楽曲を手がけました。

「ハウス~テクノ~ポップ~歌謡曲~ロック~ディスコといった幅広いジャンルの上を自由自在に行き来しつつ、それら全てを「中村直的ダンスミュージック」として昇華させる手腕は芸術的とも言えるほどに秀逸で、彼が90年代以降の日本のクラブシーンに与えた影響は計り知れないものがある」「彼が産み出したと言っても過言ではないシーンは、彼の手を離れたところで更に変化を遂げてはいるが、ストイックなまでに変わることのない彼のダンスミュージック哲学は今なお根強いファンを数多く残している。なぜならば彼のダンスミュージック哲学とはひとえに彼の音楽への愛であり、それが今もなおダンスフロアーのシリアス・ダンサー達を魅了してやまないからなのである」(clubberiaより)

 中村直さんはまた、90年代ゲイブームの始まりと言われる「クレア」1991年2月号の特集「ゲイ・ルネッサンス’91」にオープンリー・ゲイとして登場した方でもありました(当時、たとえクラブ業界であっても、カミングアウトは本当に勇気の要ることだったと思います)。日本のゲイシーンの夜明けとも言うべき地点に、直さんの姿があったのです。(1998年頃の『バディ』誌「DANCE IN HEAVEN」のDJ連載に直さんが出演された際、そのことを語っておられました)

 直さんが「JET SET」に寄稿していたコラムをご紹介します。胸が熱くなります。
「セイントでプレイするという夢も叶い、トラックスでは毎週2本は仕事が貰え、絶好調!と、はしゃいでいるかに見える自分ですが、そんな事はありません。80年代中頃から後半のニューヨークのゲイ・クラブシーンは、どんよりと暗かったのです。
 エイズが猛威をふるい、それこそ人々はバタバタと倒れ、先週フロアーで会ったダンス・メイトが、今週は入院して生死の間を彷徨っているとか、入退院を繰り返していた誰それが、とうとう亡くなったとか…。そんな暗い話題でいっぱいの中、人々は何を思ってダンスしていたのでしょう?
 この頃のニューヨークのゲイ・シーンはエイズ渦に対する恐れと悲しみ、そして或る意味で諦めに満ちていた気がします。でもほんの少しの希望を音楽の中に見いだし、そんな気持ちを共有すべく、人々はダンスしていたんじゃないのかな…と。…少なくとも自分はそうでしたし、そういう気持ちを込めてDJもしていたつもりです。
 クラブで踊る事は、大袈裟かも知れませんが、悲しく寂しく満たされない現実から、ひとときの夢に浸れる「癒し」だと思う自分です。クラブで踊っている時の「一体感」を人々は欲する故、クラブに来て踊るのだと、感動を共有する事で人は癒されるんだと思うのです。でもそれはダンス・フロアーの上だけで成り立つ、切なく儚いものです。その儚い一瞬の為、DJはレコードを廻し、曲と曲を紡いで行く訳ですが」

 そして、直さんのTwitterでの最後のTweetは、John Lennon ”Love”のMusic Videoでした。

 クラブを愛し、ゲイを愛し、二丁目を愛し、ぼくらにかけがえのない贈り物をくれた中村直さん。本当にありがとうございました。どうか安らかにお眠りください。



【追記】2014.1.28
 1月24日(金)の「ArcH Last Place Party -over the rainbow-」では、朝5時から中村直さんの追悼時間が設けられました。未公開のMIX CDがかけられ、まるでブースに直さんがいるかのようにキラキラのライティングが施され、本当に大勢の方が直さんのことを偲びながら笑顔で踊っていました(中には号泣している方も…)

 そして、2月2日(日)、中村直さんお別れ会として、渋谷のアマテラグジーで「DANCE, ITS MY LIFE」というパーティが開催されることになりました。本会場への参加が難しい方などのために、二丁目のAiSOTOPE LOUNGEでアフターパーティも行われます。ご都合のつくかぎり、ぜひ、ご参加ください。

 

INDEX

SCHEDULE