g-lad xx

NEWS

『ゲーム・オブ・スローンズ』のクリスチャン・ナイアンがカミングアウト

[+dr.title+]

[+dr.title+]
 海外TVドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』シリーズに出演しているクリスチャン・ナイアンが、ゲイであることをカミングアウトしました。
 クリスチャン・ナイアンは北アイルランド(UK)出身のDJで、俳優としてのキャリアはそれほど厚くはありませんが、日本でも2013年から放送されているダーク・ファンタジー・ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』に巨漢の召使い・ホーダーとして出演し、当たり役となりました。
 クリスチャン・ナイアンは、ドラマの情報を載せる「WinterIsComing」というサイトのインタビューで、『ゲーム・オブ・スローンズ』のホーダーがゲイの間でもファンが多いことについて聞かれ、「正直に言うと、ゲイのコミュニティについて話しているなら、それは僕のコミュニティのことだよ。はは。(ゲイのファンに)気づいてたし、すごくラブリーだと思う。メッセージが来ない日はなくて、99パーセント以上がすごく素敵なメッセージさ」と語っています。
「誰からも自分のセクシュアリティを隠してはいないよ。人生の中でずっとインタビューで誰か聞いてくれるのを待っていたんだ。突然話すことではないからね。その質問にもっていこうとしたことが何回かあったけど、意味がなかったね!」
 ドラマの共演者も、彼がゲイであることを好意的に受け止めてくれたそうです。「ゲイだということは僕が誰であるかのほんの一部にすぎない。でも今の時代、きちんと主張することが大事だと思う。けど、それがそもそも問題になること自体が理解できないよ」

 2月には大物女優エレン・ペイジがカミングアウトして「勇気ある行為」と賞讃されましたが、ハリウッド・セレブのカミングアウトをめぐる状況はここ数年で大きく変化していると言えるようです。
 かつてハリウッドでは、自身のセクシュアリティを公にすることは考えられませんでした。『アナザー・カントリー』(1984)でゲイの主人公を演じて脚光を浴びたルパート・エベレットは、1989年に出版した半自伝的小説でゲイであることを明かしましたが、そのことによって仕事が激減したといいます(『ベストフレンズ・ウェディング』や『2番目に幸せなこと』でゲイの役を演じ、再ブレイクするも、ハリウッド大作の主演には抜擢されませんでした)。先頃行われたアカデミー賞授賞式で司会をつとめたエレン・デジェネレスも、1997年、女優のアン・ヘッシュとの交際をカミングアウトしましたが、自身が主演するシットコムは人気が低迷し、翌シーズンで放送打ち切りになりました。 
 しかし、2002年に『プリティ・リーグ』のロージー・オドネルが、2005年に『スタートレック』のジョージ・タケイが、2006年にはニール・パトリック・ハリスや『グレイズ・アナトミー』のT.R.ナイトが、2007年には『セックス・アンド・ザ・シティ』のシンシア・ニクソンがカミングアウトし、少しずつアメリカ社会を変えていきました。イギリス出身のイアン・マッケランやアラン・カミングの活躍も大いに勇気づけたことでしょう。
 ここ数年は、LGBT支援のためにカミングアウトするスターが多くなりました。2010年、オスカー女優アンナ・パキンはLGBTへの差別撤廃を訴えるキャンペーンCMに出演し、バイセクシュアルであることをカミングアウト。翌2011年には、10代のゲイの少年が自殺した事件をきっかけにザカリー・クイントがカミングアウトしました昨年は『プリズン・ブレイク』のウェントワース・ミラーが、ゲイであることを理由にロシアからの招待を辞退しました。映画.comの「スターの同性愛カミングアウトをめぐる状況に大きな変化」という記事では「今では自分の経験を語り、同じ悩みを抱える人たちを励まそうとしたり平等の権利を訴えたりする姿勢が称賛の的になっている」と書かれています。
 同じ映画.comでは先月末、「Celeb☆Graphy セレブ☆グラフィー」というコラム連載のなかで「LGBT特集:同性愛をカミングアウトしたスターたち」という特大の記事が掲載されました。エレン・ペイジをはじめとして、ミシェル・ロドリゲス&カーラ・デルビーニュの交際のこと、ベン・ウィショー、マット・ボマー、ウェントワース・ミラー、ザカリー・クイント、アンナ・パキン、クリス・コルファー、ジョディ・フォスターらのことが紹介されています。よくある下世話なゴシップ記事とは全く異なり、セクシュアルマイノリティを応援するスタンスで書いてくれているところが素晴らしいです。



「ゲーム・オブ・スローンズ」ホーダー役、クリスチャン・ナイアンが同性愛者だとカミングアウト(シネマトゥデイ)
http://www.cinematoday.jp/page/N0061334

ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」のクリスチャン・ナイアン、ゲイを告白(amebaニュース)
http://news.ameba.jp/20140312-312/

INDEX

SCHEDULE