g-lad xx

NEWS

アップルが世界エイズデーに特別チャリティ・キャンペーンを実施

[+dr.title+]

[+dr.title+]

[+dr.title+]

 アップルは12月1日の世界エイズデーに合わせ、特別チャリティ・キャンペーンを実施しています。
 
 2006年からアップルはPRODUCT(RED)という、売上の一部をHIVチャリティとして寄付する赤いカラーの製品を販売していましたが(U2のBonoの呼びかけで始まったもの)、今回のチャリティはすべての製品が寄付の対象になるというビッグなものになっており、その規模は過去最大だとティム・クックCEOが語るほどです。

 12月1日にアップルオンラインストアおよびアップル直営店で購入したすべての製品、アクセサリー、ギフトカードについて、売上金額の一部が「グローバルファンド(世界エイズ・結核・マラリア対策基金)」に寄付されます。つまり、MacBook Air、iPhoneはもちろん、ヘッドフォン、ケーブル…何を買っても基金に寄付することができるのです。  

 また、11月24日(フレディ・マーキュリーの命日)から12月7日までの間、「Apps for(RED)」という特設アプリストアが開設され、「パズドラ」「Angry Birds」「Clash of Clans」「アナと雪の女王:Free Fall」といったゲームアプリから、「GarageBand」などのアップル純正アプリまで、25本の(RED)アプリが用意されています。このアプリは、売上高のすべてが「グローバルファンド」に寄付されます。

 ティム・クックCEOは声明で、「アップルは(RED)のサポーターであることに誇りを持っている。命という贈り物は、人が贈ることのできる最も大切な贈り物だと信じているからだ」と述べています。

 U2のBonoは声明で「アップルはエイズと戦っているだけではない。(RED)とのパートナーシップの一環として、グローバルファンドに7500万ドルを超える寄付をするという新しいビジネス基準を打ち立てている」と述べています。

 それから、今回のキャンペーンのシンボルとして、アップルストアの象徴となっているアップルロゴを1日限定で赤く染めています。これは全世界で行われているもので、時差の関係で一番はシドニーだそうですが、日本では、アップルストア表参道、アップルストア銀座、アップルストア心斎橋の3店舗が対象となっています。(見に行くついでに、何かお買い物をしてみてはいかがでしょうか?)




12月1日は世界エイズデー。アップルストアでの買い物で寄付ができます(ギズモード)
http://www.gizmodo.jp/2014/11/121_2.html

12月1日限定--アップル、世界エイズデーで表参道など一部ストアのロゴを赤に(cnet)
http://japan.cnet.com/apple/35057240/

INDEX

SCHEDULE