g-lad xx

NEWS

同性愛者に極刑を課すと発表したブルネイに対して世界中で非難、抗議、ボイコット運動が起こっています

[+dr.title+]

ブルネイのボルキア国王
 4月30日、東南アジア・ブルネイのボルキア国王が、シャリーア(厳格なイスラム法)を段階的に導入することを発表し、今月から、未婚女性の妊娠に対して罰金や禁錮刑を適用するほか、来年には同性間の性行為や不倫を行った者を石打ちによる死刑に処すことを明らかにしました。
 シャリーアは、強姦や姦通、同性間性行為に対し、鞭打ちや手足切断、石打ちによる死刑などの厳罰を定めており、ナイジェリアイランなどの国々における同性愛者迫害の根拠とされてきました。
 ブルネイは東アジアの国として初めて、シャリーアに基づく刑法を導入した国となります。
 新しい刑法の大部分は、人口の約70%を占めるイスラム教徒だけでなく、キリスト教徒や仏教徒にも適用されます。 
 同法は昨年10月に発表され、各国の人権団体や同性愛者団体が強く反発してきました。国連難民高等弁務官事務所は先月ジュネーブで開いた記者会見で、「国際法の下では石打ちによる死刑は拷問などの残虐な処罰に当たるとして禁止されている」と批判しました。さらに「女性に対する根深い差別や偏見のため、石打ちによる死刑を言い渡されるのは女性の方が多いことがわかっている」とも述べました。

[+dr.title+]

ビバリーヒルズホテル前で行われた抗議
集会に参加したTV司会者のジェイ・レノ
 今回のブルネイの動きを受け、多くのファッションデザイナーは、ブルネイ国王がオーナーを務めるドルチェスター・グループの宿泊施設へのボイコットを呼びかけています。フットウェアデザイナーのブライアン・アトウッドは、「私たちは6月から10月に開催されるファッションウィーク期間中に、ミラノのプリンチペ・ディ・サボイヤ、パリのル・ムーリス、ロンドンのドルチェスターをはじめとする、ドルチェスター・グループのホテルに泊まらないよう呼びかけています。ブルネイの新法案は、到底許容されるべきものではありません」と語っています。
 俳優のスティーブン・フライやタレントのエレン・デジェネレスも、ドルチェスター系ホテルの利用のボイコットを呼びかけています。
 女性の権利団体フェミニスト・マジョリティ財団も、ブルネイ王家が所有するビバリーヒルズホテルで予定していた国際賞の授賞式をキャンセルすると発表しました。
 また、イギリスでは、航空会社などを運営するヴァージングループのトップ、ブランソン会長が「ボルキア国王が人権を尊重するまでグループの従業員を国王が所有するホテルには宿泊させない」と表明しています。
 5月5日、ビバリーヒルズホテルの前で、シャリーア導入に抗議する集会が開かれました。集会を主催した同性愛者支援団体の代表は「女性を苦しめ、同性愛者を殺害する非人道的な法律に反対する」と述べ、法律の即時撤廃を求めました。
 そして5月6日、ロサンゼルス郊外のビバリーヒルズ市が、ブルネイ国王が所有するビバリーヒルズホテルの売却を求める決議案を可決しました。市議会は「同性愛や不倫を理由とした石打ちによる死刑など、極めて厳格な罰則を科す一連の法律について、ブルネイ政府を非難する決議案を全会一致で可決した」と表明し、可決した決議案を国務省に送付、政府に「ブルネイ政府の方針を非難するための適切な措置」を求める方針です。一方、国務省のジェン・サキ報道官は同日、政府はすでに「非公式に、ブルネイ政府に懸念を伝えた」と明らかにしたものの、国王のホテルチェーンをボイコットする動きに同調する考えはないと明言しています。

[+dr.title+]

ブルネイ大使館前で行われた抗議行動
(プラカードを掲げているのは、
レポートした田中龍作さん)
 非難やボイコット運動が起きているのは欧米だけではありません。
 日本でも5月4日、北品川のブルネイ大使館前で抗議行動が行われました。呼びかけたのはハンドルネームMCインコさん(30代女性、料理人)。参加者の中にはヘイトデモへのカウンター行動の呼びかけ人である木野寿紀さんの姿もありました。木野さんは「同性愛者への差別、弾圧も欧米ではヘイトにあたる。それをみすみす許すわけにはいかない」と静かに決然と語りました。
 ブルネイ大使館は閑静な住宅街にあるため無言の抗議となりました。約30人の参加者たちが「愛に石を投げるな」「ヘイトをやめろ」などと書いたプラカードを30分間にわたって掲げました。
「人を好きになるのを他人が制限することはできない。ましてそれを処刑するなんて…」。参加した若い女性は、悲しそうに語りました。
 参加者の一人が大使あての抗議文を読み上げ、郵便受けに投函しました。
「(前略)この法律はブルネイのLGBTの人々の基本的人権を侵害するものであり、私たちは国際社会の一員として看過することはできません。この法律は貴国の威信を傷つけるものに他なりません。国王陛下に法律を即時撤廃するようお伝えください」



ブルネイがイスラム刑法施行、手足切断や石打ちも(CNN)
http://www.cnn.co.jp/world/35047378.html

Designers to Boycott Dorchester Group Hotels(FashionPost)
http://fashionpost.jp/archives/25903

ブルネイで同性愛死刑に 欧米で反発広がる(NHK)
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140507/k10014265811000.html

ブルネイ系ホテルをボイコット、イスラム法導入に著名人ら反発(時事通信)
http://www.jiji.com/jc/a?g=afp_all&k=20140507031227a
 
米ビバリーヒルズ市、ブルネイ国王にホテル売却要求(AFP)
http://www.afpbb.com/articles/-/3014372

ブルネイ、同性愛に「石打ちの死刑」 大使館前で抗議(BLOGOS)
http://blogos.com/article/85810/

INDEX

SCHEDULE